カテゴリー別アーカイブ: 綾部

[ 二次戦・一回戦 ] 綾部 VS 乙訓

2017年5月3日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

綾部
8 材木
4 中島
3 湯浅
6 梅原
7 津田
2 曽根
9 河村
1 四方裕
5 蘆田

乙訓
8 大森
4 大上
9 吉田
5 池田
3 大西
6 片岡
2 牧
7 横山
1 冨山

昨秋はまさに一戦ごとに力をつけベスト4進出。
快進撃を見せこの春も、選抜前の練習試合では強豪の滋賀学園にも勝利したという乙訓と、北部で最近安定した強さを見せる綾部の公立勢の一戦。

先攻は綾部、乙訓の先発は昨秋も活躍した、背番号11、左腕の冨山投手。

乙訓先発の冨山投手

1回表、綾部は先頭の材木(ざいき)選手がレフト前ヒット、続く中島選手もライト前ヒットと2安打を放ちますが、攻撃がちぐはぐで無得点に終わります。

代わって守りにつく綾部の先発はエース右腕、四方投手。
1回裏、乙訓は先頭の大森選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く大上選手が四球でつなぎチャンスを作ります。

綾部エースの四方投手

しかし続く3番・吉田選手は何度かバントの構えを見せるも決めることが出来ず、結果セカンドゴロ併殺打でチャンスをつぶし無得点に終わります。

両チームチャンスを生かすことができなかった初回。
試合が動いたのは直後の2回表の綾部でした。

2死後、7番・河村選手が左中間を破る三塁打で出塁すると、続く四方選手がセンター前に弾き返し1点を先制します。

綾部四方選手の先制タイムリーヒット

直後の2回裏の乙訓。
先頭5番の大西選手が四球で出塁しますが、またもしっかりと送ることが出来ず、結果「三振ゲッツー」などチグハグな攻撃が目立ちチャンスを生かせません。

3回途中ですでに60球に到達していた冨山投手に代え、秋はエースナンバーをつけていた川畑投手が背番号10で2番手のマウンドへ上がります。

乙訓2番手の川畑投手

1死13塁というピンチでしたが、ここは川畑投手が踏ん張り、綾部はさらに追加点のチャンスを生かすことができません。

すると直後の3回裏、乙訓は先頭1番・大森選手の内野安打を皮切りに、1死2塁から3番・吉田選手の左中間を破る二塁打で1-1の同点に追いつきます。

吉田選手の二塁打で大森選手が同点のホームイン

しかし流れは綾部。
前半終了間際の5回表、先頭3番・湯浅選手がセンター前ヒットで出塁すると、4番・梅原選手の右中間への二塁打で無死23塁と絶好の勝ち越しのチャンスを作ります。

1死後、6番・曽根選手がレフト前に2点勝ち越しタイムリーヒットを放つと、河村選手、四方選手の連打でさらに1点を追加。
蘆田選手のスクイズも決まりこの回一気に4点を勝ち越し5-1で綾部がリードして前半を終了します。

曽根選手の2点タイムリーヒット

グラウンド整備明けた6回裏、乙訓は先頭6番・片岡選手がレフト前ヒットで出塁すると、四球などで2死満塁のチャンスを作りますが後続続かず無得点に終わります。

続く7回裏も乙訓は1死後、4番・池田選手が右中間を破る二塁打で出塁するも、5番・大西選手のショート後方への飛球(ヒットか飛球かという当たり)で、池田選手が飛び出してしまい、結果ショートフライ併殺打となり、またもチャンスを生かすことができません。

綾部は8回表、先頭1番・材木選手がセンター前ヒットを放つと、犠打と四球で1死満塁の追加点のチャンスを迎えますが後続続かず無得点。
両チーム決定機を逃し5-1で綾部がリードしたまま最終回の攻防へ入ります。

3塁へ進む材木選手

9回表のマウンド、乙訓はエースナンバーの右腕・田中投手がマウンドへ上がります。
代わり端、綾部の攻撃をきっちりと三人で抑えて、9回裏の乙訓の攻撃を待ちます。

乙訓エースの田中投手

追い詰められた乙訓。
9回裏は1番からの功打順。1死後、2番大上選手が四球で出塁しますが、反撃もここまで。
後続続かず無得点に終わり、5-1で綾部が勝利しベスト8入りを果たしました。

この試合、秋の実績だけを見れば「格上」の乙訓に綾部が挑む構造でしたが、試合は終始綾部が流れも掴んで支配し続けた印象でした。

特に14安打を放った打線ですが、秋には龍谷大平安打線も抑えていた乙訓・冨山投手らから「ラッキーヒット」ではなく芯に捉えた打球が多く思いました。
先発した四方投手も手元でカウントしていると140球を超える熱投でしたが、最後まで球威も衰えず勝利に大きく貢献しました。

一方の乙訓。
この試合は秋に感じた勢いは残念ながらなく、この試合に関して言えば完全な「力負け」に終わってしまいました。
特に初回、2回の走者が出た後に、バントを狙うのですが上手く決めることが出来ず、結果カウントを悪くして強攻策に出てそれが裏目に出る等、打線の繋がりが機能しませんでした。

それでも先発の冨山投手、2番手の川畑投手ともに秋より力強さも出てきましたし、体格のいい田中投手と投手陣も豪華になっていますし、この試合は乙訓にとって「上手くいかなかった」ゲームだと思います。
この内容が実力ではないと思いますので、夏巻き返しを期待したいです。

綾部
010 040 000=5
001 000 000=1
乙訓

綾 四方裕 - 曽根
乙 冨山、川畑、田中 - 牧

綾 H14 E1
乙 H7 E0

【打撃成績】

綾部

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 材木 左前安打
牽制死
空振三振 中前安打 左飛 中前安打
4 中島 右前安打 四球 遊ゴロ 二飛 投前犠打
3 湯浅 空振三振 右前安打
二盗
中前安打 見逃三振 四球
6 梅原 空振三振 投飛 右中間二塁打 右前安打 四球
7 津田 遊ゴロ (川)二ゴロ 三ゴロ 二ゴロ 遊飛
2 曽根 二飛 空振三振 左前安打(2) 三ゴロ 中飛
9 河村 左中間三塁打 二ゴロ 中前安打 四球 (田)左飛
1 四方裕 中前安打(1) 投ゴロ 左越二塁打(1) 一前犠打 左飛
5 蘆田 右前安打 四球 投前犠打(1) 二ゴロ 空振三振

乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 大森 中前安打 二安打 二強襲安打
二盗死
四球 左飛
4 大上 四球 三前犠打 空振三振 左飛 四球
9 吉田 二ゴロ併殺打 左中間二塁打(1) 四球 二飛 中飛
5 池田 見逃三振 中飛 中前安打 右中間二塁打 一邪飛
3 大西 四球
盗塁死
四球 空振三振 遊飛併殺打
6 片岡 空振三振 左飛 左前安打 四球
2 牧 遊ゴロ失 一邪飛 四球 中飛
7 横山 パスボール
四球
二飛 投前犠打 空振三振
1 冨山 空振三振
1 川畑 右飛 空振三振
H 渋谷 右飛

【投手成績】

綾部

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
四方裕 9 7 9 7 1 1

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
冨山 2 1/3 6 1 3 1 1
川畑 5 2/3 8 4 1 4 4
田中 1 0 0 1 0 0

[ 両丹総体 ] 府立工業 VS 綾部

2016年5月21日、両丹総体

福知山市民球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

府立工業

8 松原
4 木下
5 齋藤
2 今福
1 牧
6 和久
3 佐藤
7 西
9 西川

綾部

6 高橋
4 糸井
5 片山
7 岩本
2 平下
3 塩見
9 河田
1 和田
8 大垣

京都北部の高校野球界を代表するといって過言でない、実力派チーム同士の対戦。

まず守る綾部の先発は背番号10の和田投手。

綾部先発の和田投手
綾部先発の和田投手

1回表の府立工業は、先頭の松原選手がセカンド強襲安打で出塁すると、木下選手の犠打で送り1死2塁の先制のチャンスを作ります。
2死後、4番今福選手が死球でつなぐと、5番牧選手が右中間を破る走者一掃のタイムリー3塁打を放ち2-0と府立工業が先制します。

松原選手が先制のホームイン
松原選手が先制のホームイン
タイムリー3塁打の牧選手
タイムリー3塁打の牧選手

さらにパスボールで牧選手が還り、1回表を終わり3-0と府立工業がまずリードする展開となります。

次に守る府立工業の先発はエースナンバーの右横手投げ、牧投手。

府立工業先発の牧投手
府立工業先発の牧投手

3点を追う綾部は1回裏、先頭の高橋選手が死球で出塁すると、続く糸井選手がレフト前ヒットでつなぎ無死12塁とすると、3番片山選手のサードへの犠打が敵失を誘い無死満塁と絶好のチャンスを作ります。

3塁へ進む綾部・高橋選手
3塁へ進む綾部・高橋選手

しかしここから牧投手が、4番岩本選手、5番平下選手を連続三振に取ると、6番塩見選手もセカンドゴロに倒れ、1回裏の大チャンスを活かせず綾部無得点に終わります。

2死満塁もセカンドゴロでチャンス生かせず
2死満塁もセカンドゴロでチャンス生かせず

直後の2回表、府立工業は1死後、8番西選手が死球で出塁します。
続く西川選手の投手ゴロは進塁打となり、2死2塁と追加点のチャンスを作ります。

さらに1番松原選手、2番木下選手が連続四死球で繋ぎ2死満塁と追加点のチャンスを作りますが、3番齋藤選手がショートゴロに倒れ、府立工業、突き放すことができません。

三塁へ進む西選手
三塁へ進む西選手

3回表から綾部はエースナンバーの大嶋投手へ継投します。

綾部エースナンバーの大島投手
綾部エースナンバーの大嶋投手

代わった直後の3回表、自チームのエラーでランナーを一人背負うものの、ノーヒットで無失点に府立工業を抑えます。

4回表も綾部大島投手が三人で府立工業の攻撃を抑えると、その裏、綾部は1死から7番河田選手が四球で出塁し、続く大嶋選手が送り2死2塁と得点圏にランナーを進めます。
さらに9番河田選手が死球で繋ぐと、1番高橋選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち河田選手がホームイン。

1点を返し1-3とその差を2点とします。

タイムリーヒットの高橋選手
タイムリーヒットの高橋選手

しかし綾部守備がピリっとしません。

続く5回表、府立工業は、先頭の木下選手のライトフライが敵失を誘い出塁、続く齋藤選手が犠打を決め1死2塁とします。

2死後、先制のタイムリーヒットを放っている5番牧選手が次は左中間を破る2塁打を放ち木下選手がホームイン。
4-1と再度、その差を3点に広げます。

木下選手が4点目のホームイン
木下選手が4点目のホームイン

6回裏から府立工業は背番号10の森投手へ継投。
7四死球と荒れながらも、綾部打線を2安打1失点に抑えた牧投手はファーストへ入ります(ファーストの佐藤選手がライト、ライトの西川選手が下がり森選手)。

府立工業2番手の森投手
府立工業2番手の森投手

代わった直後の6回裏、綾部先頭の6番塩見選手に四球を与えますが、後続を断ち無失点とまずまずの内容を見せます。

3回からマウンドにあがり6回までの4イニングを5奪三振、1失点と素晴らしい内容を見せていた綾部大嶋投手ですが7回表、府立工業打線に捕まります。

府立工業はまず先頭2番の木下選手がライト前ヒットで出塁すると、続く齋藤選手のサードゴロが進塁打になり1死2塁と得点圏にランナーを進めます。
4番今福選手のショートゴロで木下選手がサードへ向かったため、竹原選手がサードへ送球するもこれが悪送球となり、府立工業が1点を追加5-1とします。

木下選手が5点目のホームイン
木下選手が5点目のホームイン

尚1死2塁となり、当たっている牧選手はセンターフライに倒れますが、6番の大住選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち6-1とその差を5点差に広げます。

今福選手が6点目のホームイン
今福選手が6点目のホームイン
タイムリーヒットの大住選手
タイムリーヒットの大住選手

しかし綾部も諦めません。
直後の7回裏、先頭1番の高橋選手がライトオーバーの2塁打で出塁すると、続く竹原選手のセカンドゴロの間に3塁へ進み1死3塁とします。

四球を挟み、4番岩本選手を迎えますがセンターへの大きな犠牲フライで、まず1点を返し2-6とします。

※この時点で府立工業は佐藤投手へ継投していたようです

岩本選手が犠牲フライを放つ
岩本選手が犠牲フライを放つ
高橋選手がホームイン
高橋選手がホームイン

ここで綾部は代打攻勢。
足立選手、小林選手が連続四球を選び2死満塁と、大きなチャンスを迎えます。

ここで府立工業は4番手に中西投手をマウンドへ送ります。

府立工業4番手の中西投手
府立工業4番手の中西投手

代わり端、7番河田選手への代打・南選手にセンター前に運ばれ1点を失い、3-6とその差3点まで詰め寄られますが、続く大嶋選手への代打・河村選手を三振に取り、さらなるピンチは防ぎます。

タイムリーヒットの南選手
タイムリーヒットの南選手

8回表から綾部は背番号19の四方選手へ継投。

綾部4番手の四方投手
綾部4番手の四方投手

8回表の府立工業は、先頭8番西選手が四球で出塁すると、続く途中出場の藤原選手の打席でボークが宣告され無死2塁となります。
さらに犠打でランナーを進め1死3塁となると、1番の松原選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち7-3と府立工業が綾部を突き放します。

松原選手がタイムリーヒット
松原選手がタイムリーヒット
西選手が7点目のホームイン
西選手が7点目のホームイン

試合はこのまま、9回裏も中西選手が三者三振に抑え試合終了。
7-3で府立工業が勝ちました。

実力チーム同士の戦いになりましたが、春季大会後、やや緊張感を欠いたか、両チーム四死球やエラーも目立った試合内容でした。

しかしそれでも両チームのエース投手は力のあるところ見せ、さすが京都北部の高校野球界のトップ集団を走るチームの大黒柱であるところを見せてくれました。

府立工業は、二次戦には出てこれませんでしたが、一次戦では強豪の福知山成美を倒す大金星を挙げています。
綾部もこの試合、多くの選手を出場させ、練習の色も濃かったと思いますが、両チーム夏の飛躍を期待したいと思います。

府立工業
300 010 210=7
000 100 200=3
綾部

府 牧、森、中西ー今福
綾 和田、大嶋、四方ー平下、梅原

府H7 E1
綾H5 E3

【打撃成績】

府立工業

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
松原 二安打 四球 空振三振 空振三振 中前安打(1)
木下 投前犠打 死球 右飛失 右前安打 右飛併殺打
齋藤 遊直 遊ゴロ 投前犠打 三ゴロ 三ゴロ
今福 死球 中飛 見逃三振 遊ゴロ失(1) 左前安打
右中間三塁打(2) 二飛失 左中間二塁打(1) 中飛 一飛
和久 パスボール(1)
凡退
左飛 空振三振 左前安打(1)
大住 左飛
佐藤 左飛 内野ゴロ 空振三振 二ゴロ
西 死球 遊ゴロ 左飛 四球
西川 投ゴロ 一飛 四球
藤原 ボーク
投前犠打

綾部

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
高橋 死球 中飛 左前安打(1) 右越二塁打 中飛
中島
糸井 左前安打 死球
二盗
一邪飛
竹原 二ゴロ 左前安打
片山 三ゴロ失 二飛 死球
大島
橋本 四球 空振三振
岩本 空振三振 死球 見逃三振 中犠飛(1) 空振三振
平下 空振三振 一飛 三ゴロ併殺打
梅原 空振三振
足立 四球
塩見 二ゴロ 三飛 四球
小林 四球 空振三振
河田 死球
二盗死
四球 一邪飛
中前安打(1)
和田 左飛
大嶋 一前犠打 投前犠打
河村 空振三振
大垣 一飛 死球 左飛
四方 三振


【投手成績】

府立工業

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
5 2 7 3 1 0
1 0 1 0 0 0
佐藤 2/3 1 3 0 1 2
中西 2 1/3 2 0 6 1 0

綾部

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
和田 2 2 4 0 3 3
大嶋 5 3 1 5 3 1
四方 2 2 1 0 1 1

塔南 VS 綾部

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年4月26日、春季京都大会2次戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

綾部

6萌抜
2白丸
8荒木
9小嶋
3岡部
7篠田
5太田
1足立
4柳井

塔南

8徳永
4島田
9藤田
3前田
7木曽田
5松山
2芦田
6米野
1大江

綾部先発の足立投手
綾部先発の足立投手
塔南先発の大江投手
塔南先発の大江投手

初回、塔南が木曽田選手の2ランホームランなどで3点を先制します。
綾部は2回裏、太田選手のライト前タイムリーで1点を返しますが、直後の3回表に芦田選手の2点タイムリーで序盤3回を終えて、塔南5-1綾部とリードします。

塔南は7回表に木曽田選手のタイムリーなどで2点を追加。
7回裏から塔南は左の川瀬投手へ継投します。

試合は8回表にも塔南が4点を追加し、そのままコールドで勝利しました。

塔南 302 000 24=11
綾部 010 000 00=1