カテゴリー別アーカイブ: 大谷

[ 二次戦・一回戦 ] 山城 VS 大谷

2017年5月3日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

山城
5 今井
4 山本
3 萬徳
8 越田
2 澤井
7 岡山
9 松永
1 松本
6 田畑

大谷
4 内田
7 杉浦
9 河村
8 西川
2 平和
3 門脇
5 久我
1 若駒
6 小笠原

今チーム前評判の高い古豪大谷と、同じく春夏合わせて4度の甲子園出場経験のある公立山城の一戦(ちなみに大谷は春1度甲子園出場の実績)。

まず守る大谷はエースナンバーの右腕・若駒投手が先発。

大谷先発の若駒投手

1回表の山城の攻撃を三人で抑え、上々の立ち上がりを見せます。

代わって守りにつく山城はエース左腕の松本投手。

山城エースの松本投手

1回裏の大谷の攻撃を三者連続空振り三振と、素晴らしい立ち上がり。
両投手が持ち味を発揮して初回の攻防を終えます。

試合が動いたのは直後の2回表の山城。
先頭4番の越田選手がレフト前ヒットで出塁すると、盗塁と6番・岡山選手のヒットで1死13塁の絶好のチャンスを作ります。
ここで7番・松永選手がライトへ飛距離十分の犠牲フライを放ち、1点を山城が先制します。

松永選手の犠牲フライ

山城・松本投手は3回を終えて、大谷をノーヒット、ランナーも許さない完ぺきな立ち上がり。

すると4回表、山城は2死から5番・澤井選手、6番・岡山選手の連打で12塁とすると、松永選手も四球で繋ぎ2死満塁と攻めますが、8番・松本選手が投手ゴロに倒れ追加点のチャンスを逃します。

直後の4回裏、大谷は先頭1番・内田選手がセンターオーバーの三塁打を放ち、この試合初めて大谷がランナーを出塁させます。さらに続く杉浦選手の打席、1ボール、2スートライクから松本投手がボークをとられ同点に追いつき、4回を終えて1-1と振り出しに戻ります。

ボークで内田選手が同点のホームイン

さらに大谷は続く5回裏、先頭5番・平和(ひらわ)選手のレフトオーバーの二塁打を足掛かりに、犠打で1死3塁とすると、7番・久我選手のライト前タイムリーヒットで1点を勝ち越し。
前半5回を終えて2-1で大谷がリードします。

勝ち越しタイムリーヒットの久我選手

グラウンド整備が明けた6回表の山城の攻撃。
先頭3番の萬徳選手が四球で出塁すると、大谷は右下手投げの背番号15・瀧谷投手へ継投します。

大谷2番手の瀧谷投手

続く4番・越田選手がセンター前ヒットを放ち無死13塁とすると、5番・澤井選手のセカンドゴロ併殺打の間に、萬徳選手が同点のホームを踏みます。

萬徳選手が同点のホームイン

大きな意味を持ち始めた「次の1点」。
挙げたのは8回表の山城でした。

先頭1番・今井選手がショートへの内野安打で出塁すると、犠打と外野フライで2死3塁とします。
ここでこの試合当たっている主砲の越田選手。
初球を思い切って振りぬくと打球はそのままレフトスタンドへ勝ち越しとなるツーランホームラン!

勝ち越しホームランの越田選手

貴重な2点を勝ち越し、4-2と山城が大きなリードを取ります。

9回表から大谷は一次戦でノーヒットノーランを達成した背番号10の右腕、辻投手がマウンドに上がり、3人でしっかりと山城の攻撃を抑えます。

大谷3番手の辻投手

2点のビハインドのまま最終回の攻撃を迎えた大谷は、1死後、4番・西川選手が左中間を破る二塁打で出塁すると、続く平和選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち4-3とその差1点まで詰め寄りましたが、大谷の粘りもここまで。
山城が勝利しベスト8進出。
夏の大会でのシード権を獲得しました。

反撃のホームを踏む大谷、西川選手

この試合、中盤に大谷がリードを奪ったイニングもありましたが、終始山城がペースを握った展開。
エースの松本投手もやや体をひねりながら、打者からすると打ちにくそうなタイミングで10個の三振を奪う好投。
秋季大会も平安を慌てさせた試合もあったようですし、夏に向けて面白い存在になりそうなチームです。

一方の大谷、秋季に続き二次戦には駒を進めてきましたがまたも8強を目前に敗退となりました。
この試合気になったのが、野手陣では本城選手、投手では森岡投手の姿を確認できなかったこと。
裏返せばまだ夏に向けて「切り札」も残っている状況だとは思いますので、あと一歩が続く現状を乗り越えて古豪復活を夏に見せて欲しいと思います。

山城
010 001 020=4
000 110 001=3
大谷

山 山本 - 澤井
大 若駒、瀧谷、辻 - 平和

山 H9 E0
大 H7 E0

本塁打
山 越田➁

【打撃成績】

山城

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
5 今井 右飛 遊ゴロ併殺打 中飛 遊安打
4 山本 二ゴロ 中飛 中飛 投前犠打
3 萬徳 二ゴロ 二ゴロ 四球 右飛
8 越田 左前安打
二盗
空振三振 (瀧)左前安打 左越本塁打(2)
2 澤井 見逃三振 中前安打 二ゴロ併殺打(1) 左飛
7 岡山 右前安打 左前安打 左前安打
二盗死
(辻)空振三振
9 松永 右犠飛(1) 四球 三ゴロ 二ゴロ
1 松本 遊ゴロ 投ゴロ 四球
二盗死
一ゴロ
6 田畑 左前安打 二ゴロ 遊ゴロ

大谷

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
4 内田 空振三振 中越三塁打 見逃三振 遊ゴロ併殺打
7 杉浦 空振三振 ボーク(1)
空振三振
二安打 一ゴロ
9 河村 空振三振 捕邪飛 二ゴロ併殺打 遊ゴロ
8 西川 見逃三振 空振三振 死球 左中間二塁打
2 平和 一飛 左越二塁打 左飛 左前安打(1)
R 松本
3 門脇 二ゴロ 投前犠打 パスボール
空振三振
見逃三振
5 久我 右飛 右前安打(1) 遊飛 中飛
1 若駒 二ゴロ 捕前犠打
1 瀧谷
H 吉岡 死球
1 辻
6 小笠原 右飛 空振三振 右前安打

【投手成績】

山城

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
松本 9 7 2 10 3 3

大谷

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
若駒 5 0/3 5 2 2 1 2
瀧谷 3 4 1 0 3 2
1 0 0 1 0 0

[ 二次戦・二回戦 ] 洛星 VS 大谷

2016年9月24日、秋季京都大会二次戦二回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

大谷

7 杉浦
6 小笠原
4 本城
3 門脇
8 田中
2 小塚
5 久我
9 西川
1 若駒

洛星

9 藤山
2 内藤
6 松田
8 酒井
5 荻野
1 水江
7 渡辺
4 並川
3 安田

昨秋ベスト8のメンバーも何名か残り、前評判も高い大谷と、わずか10名ながら、すでに二次戦もを倒し勢いに乗る洛星の一戦。

まず守る洛星はエース水江投手が先発。

洛星エース水江投手
洛星エース水江投手

1回表の大谷。

先頭・杉谷選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、内野ゴロ続きで2死3塁と先制のチャンスを作りますが後続続かず無得点に終わります。

1死2塁で注目の本城選手はショートゴロ
1死2塁で注目の本城選手はショートゴロ

代わって守りにつく大谷の先発はエースナンバーの若駒投手。

大谷エースの若駒投手
大谷エースの若駒投手

1回裏の洛星の攻撃。

先頭の藤山選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁とし、4番・酒井選手がセンター前へ弾き返し、まずは洛星が1点を先制します。

藤山選手が先制のホームイン
藤山選手が先制のホームイン
先制タイムリーヒットの酒井選手
先制タイムリーヒットの酒井選手

1点を追う大谷は3回表。

1死から1番・杉浦選手がセンター前ヒット、続く小笠原選手もレフト前ヒットで12塁とチャンスを広げると、続く本城選手もレフト前へ3連打。

杉浦選手がホームを狙うもタッチアウト。
大谷は絶好の得点機をいかすことができません。

本城選手のヒットで杉浦選手ホームを狙うも、内藤選手がタッチアウト
本城選手のヒットで杉浦選手ホームを狙うも、内藤選手がタッチアウト

その後、互いにランナーは出すものの、両投手が要所を抑え、1-0で洛星がリードしたまま前半の5回を終了します。

洛星・水江投手はここまで被安打5、奪三振2、与四死球1。
大谷の若駒投手は被安打4、奪三振4、与四死球2とほぼ互角といった内容のまま後半戦を迎えます。

1点を追う7回表の大谷は、先頭・若駒選手に、代打・背番号7の今井選手を送ったため、7回裏から背番号10の黒岩投手がマウンドへ上がります。
(今井選手は空振り三振、結局7回表は小笠原選手にヒットが出ましたが大谷無得点。)

大谷・黒岩投手
大谷・黒岩投手

1点を争う好ゲーム。
鍵となる次の1点は洛星でした。

8回裏、洛星は先頭1番・藤山選手が四球で出塁すると、犠打で2塁へ進み、3番・松田選手のセンターオーバーの三塁打でホームイン。
2-0とリードを広げます。

藤山選手が2点目のホームイン
藤山選手が2点目のホームイン
タイムリー3塁打の松田選手
タイムリー3塁打の松田選手

大谷はさらに四球を出し、1死13塁となったところで、昨秋の準々決勝・龍谷大平安戦などにも登板していた森岡投手が背番号14を付けて登板します。

大谷3番手の森岡投手
大谷3番手の森岡投手

代わり端、洛星はファーストランナー酒井選手が二盗を決め、1死23塁としますが、荻野選手は空振り三振・・・と思った瞬間、ボールはキャッチャーの後方へ。三振振り逃げの間に貴重な3点目が入ります。

松田選手が3点目のホームイン
松田選手が3点目のホームイン

3点を追う大谷は9回表。

代打攻勢に出るも簡単に2死走者無しと追い詰められますが、9番・森岡選手の代打、背番号15の内田選手がライト前ヒットを放ち、上位につなげます。

ヒットで出塁の内田選手
ヒットで出塁の内田選手

続く杉浦選手の当たりはショートゴロ。
万事休すと思ったところ、敵失で出塁すると、2番・小笠原選手がライト前タイムリーヒットを放ち、大谷が土壇場で1点を返し、尚2死13塁で期待の本城選手へつなぎます。

内田選手ホームインしガッツポーズ
内田選手ホームインしガッツポーズ

しかし粘る大谷もここまで。
本城選手は空振り三振に終わり試合終了。

洛星がベスト8へ進出を決めました。

水江投手、最後は三振締め
水江投手、最後は三振締め

この秋季大会、前評判も高く優勝候補にも挙がっていた大谷でしたが、この試合は洛星のエース水江投手を中心に10名でもチーム一丸となって立ち向かってくる野球の前に苦しめられた印象。

結果論として前半、特に3回のチャンスなどを生かしていれば、また試合の展開は変わったかもしれませんが、それだけ洛星が要所要所で集中力を切らさないでよく踏ん張ったといえるゲームでした。

観戦前は失礼ながら、一次戦での京都成章戦は防戦となり、コールド敗退していたことからも上位陣相手にやや分が悪いかと思っていた洛星ですが、今大会のチームはいつもにも増して集中力の高いチーム。

見事に上位陣撃破となり、これで秋季ベスト8。
他校や、また他都道府県の事情も絡むと思いますが、部員わずか10名。超のつく進学校であり文武両道を地でいくチーム。
21世紀枠の有力候補に躍り出たことは間違いないのではないでしょうか。

大谷は早すぎる敗戦になりましたが、今チームのポテンシャルが高いことは誰もが疑わないと思いますので、来春、来夏、強い「タニ高」を見せてくれることを期待したいと思います。

大谷
000 000 001=1
100 000 02x=3
洛星

大 若駒、黒岩、森岡 - 小塚
洛 水江 - 内藤

大 H8 E0
洛 H6 E1

【打撃成績】
大谷

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
7 杉浦 二安打 中前安打 中飛 見逃三振 遊ゴロ失
6 小笠原 三ゴロ 左前安打 見逃三振 右前安打 右前安打(1)
R 吉岡
4 本城 遊ゴロ 左前安打 左飛 一ゴロ 空振三振
3 門脇 四球 一ゴロ 投ゴロ 遊ゴロ
8 田中 三ゴロ 死球 空振三振 二ゴロ
2 小塚 右飛 投ゴロ 二安打 三邪飛
5 久我 空振三振 一ゴロ 四球
H 河村 二ゴロ
9 西川 二ゴロ 中前安打 空振三振
H 富岡 一ゴロ
1 若駒 三ゴロ 投ゴロ
H 今井 空振三振
1 黒部
1 森岡
H 内田 右前安打

洛星

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 藤山 左前安打 四球
二盗死
二飛 四球
2 内藤 投前犠打 左中間二塁打 右飛 投前犠打
6 松田 二ゴロ 中飛 空振三振 中越三塁打(1)
8 酒井 中前安打(1) 中二塁打 空振三振 四球
二盗
5 荻野 見逃三振 四球 中二塁打 (森)三振振り逃げ(1)
二盗
1 水江 見逃三振 捕ゴロ (黒)三振 見逃三振
7 渡辺 四球 三前犠打 四球 二ゴロ
4 並川 遊ゴロ 二ゴロ 四球
3 安田 空振三振 空振三振 二ゴロ併殺打


【投手成績】

大谷

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
若駒 6 5 3 6 1 1
黒岩 1 1/3 1 4 1 1 2
森岡 2/3 0 0 2 1 0

洛星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
水江 9 8 3 7 1 1

[ 一次戦 ] 大谷 VS 洛南

2016年8月28日、秋季京都大会一次戦Dゾーン二回戦

洛南グラウンド

【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。

この日の第二試合はホスト校の洛南が登場。

洛南アップ風景
洛南アップ風景

昨秋ベスト8だった大谷はこの試合、背番号10右腕の黒岩投手が先発。

大谷先発の黒岩投手
大谷先発の黒岩投手

外野からの観戦ですが、威力のあるストレートを投げる投手。
初回は2つの三振を奪い三者凡退と上々の立ち上がりを見せます。

一方の洛南はエース左腕の宮川投手が先発します。

洛南エースの宮川投手
洛南エースの宮川投手

1回裏の大谷。

先頭の背番号17の選手がセンター前ヒットで出塁すると、犠打とレフトフライで2死2塁で4番バッターを迎えます。

ここで4番、5番が連続四球で満塁とすると、6番のキャッチャー小塚選手が走者一掃の左中間二塁打を放ち3点を先制します。

大谷は、2回裏も先頭8番の背番号10の選手が四球、続く背番号15の選手がレフトオーバーの二塁打で無死23塁となったところで、洛南は早くも背番号11の右腕・佐藤投手へ継投します。

洛南2番手の佐藤投手
洛南2番手の佐藤投手

代わり端、1番の背番号17の選手がライトへ二塁打を放ち、2点を追加します。

続く2番の背番号6の選手は、投手への犠打を失敗し、3塁でアウトになり1死1塁とチャンスが潰えたように思えましたが、すかさず二盗を決め、続く本城選手がセンター前ヒットで6-0とリードを広げます。

この後、盗塁や四球などで1死満塁となり、先制のタイムリーヒットを放った小塚選手が押し出しの四球を選び7点目が入ります。

止まらない大谷打線は3回裏も2四死球、パスボールなどでノーヒットで1点を追加し8-0とリードを広げます。

序盤3回を終わってランナーが一人も出せていない洛南は、先頭1番の背番号1の選手がセンターオーバーの二塁打でチャンスを作りますが後続が続かず無得点に終わります。

すると直後の4回裏、大谷は小塚選手の二塁打などで無死23塁とすると、1死後、8番の背番号10の選手がレフト線への二塁打で2点を追加し10-0となったところで、洛南は背番号10の林投手へ継投します。

洛南の林投手
洛南の林投手

1点を返さないと5回コールドゲームが成立する5回表の洛南。

先頭5番の背番号3の選手がライト前ヒットで出塁。
続く
 背番号9の選手の打席、パスボールで2塁へ進むと、自身は四球を選び無死12塁とし、さらに続く背番号7の選手の打席でもパスボールで13塁とチャンスを広げます。

ここで背番号9の選手が二盗を決め無死23塁とし、1死後、背番号5の選手のサードゴロの間に、サードランナーが還り1点を返します。

5回表でのコールドゲームは阻止した洛南ですが、直後の大谷。

1死後、3番の 本城選手がレフト線への二塁打で出塁。
続く
4番、背番号3の選手が敬遠四球で繋ぐと、バッターボックスには代打背番号8の選手が向います。

ここで本城選手が三盗を決めた直後、ライト前ヒットで11点目が入り、サヨナラコールド勝ちを決めました。

試合終了後の両チーム整列
試合終了後の両チーム整列

足立監督が就任されて、着実に実力をつけてきている大谷ですが、前チームからの主力・本城選手だけでなく力強い姿を見せてくれました。

洛南の守備もまだ未完成といった感じを受けましたが、長打もよく飛び出たゲームになりました。
先発の黒岩投手はストレートも重そうで、昨秋も投げていた森岡投手も万全であれば、かなりの層の厚さになりそうです。

一方の洛南。
5回表のコールドゲームを意地でも阻止するという気迫は見事でした。
まだまだチーム力は未完成だとも感じましたが、外野から見ていても、先発の宮川投手も力強いボールも行っていましたので、一冬越しての成長が楽しみだと感じました。

この試合では両チームの現時点での完成度の差が出た感じですが、洛南の力強い姿を春に見れるように期待しています。

洛南
000 01=1
341 21x=11
大谷

大谷5回コールド勝ち

洛 1宮川、11佐藤、10林 - 藤原健
大 10黒岩 - 小塚

洛 H2 E0
大 H9 E0

【打撃成績】

洛南

選手名 第一打席 第二打席
1 宮川 空振三振 中越二塁打
背番号6 空振三振 見逃三振
背番号4 Gルールアウト 中飛
2 藤原健 三ゴロ 三ゴロ
背番号3 中飛 右前安打
背番号9 内野ゴロ パスボール
四球
パスボール
二盗
背番号7 二ゴロ 空振三振
背番号5 投ゴロ 三ゴロ(1)
11 佐藤 二ゴロ
10 林 二飛

大谷

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
背番号17 中前安打 (佐)右二塁打(2) 死球 内野ゴロ併殺打
背番号6 犠打 投犠打失敗
二盗
パスボール
三ゴロ
遊ゴロ
4 本城 左飛 中前安打(1)
二盗
二ゴロ(1) 左線二塁打
三盗
背番号3 四球 四球 遊飛 敬遠四球
背番号18 四球 右前安打 四球
背番号8 右前安打(1)
2 小塚 左中間二塁打(3) 四球(1) 中越二塁打
背番号9 遊飛 見逃三振 空振三振
10 黒岩 四球 中飛 左線二塁打(2)
背番号15 左越二塁打 四球 (林)死球


【投手成績】

洛南

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
宮川 1 0/3 3 3 0 3 5
佐藤 2 1/3 5 5 2 7 5
1 2 1 0 1 1

大谷

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
黒岩 5 2 0 4 1 1

[ 準々決勝 ]龍谷大平安 VS 大谷

2015年9月27日、秋季京都大会2次戦準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

龍谷大平安

8 小川
4 久保田
3 富田
5 橋本
6 西川
7 岡田
1 市岡
2 竹葉
9 松尾

大谷

8 鈴木
4 吉田
6 本城
9 徳光
7 曽束
3 崎口
5 中村康
2 平和
1 森岡

かつては京都大会で常に優勝候補に名を連ねていた、名門大谷高校。
久しく低迷期がありましたが、龍谷大学野球部で全日本ベスト4など輝かしい実績を残されてきた足立監督が母校の監督に就任されてから少しづつ、復活の兆しが見えてきました。

今春の京都大会に続いて、秋もベスト8入り。
龍谷大平安との大一番に挑みます。

試合前の大谷ナイン
試合前の大谷ナイン

まず守るはその大谷。
先発マウンドは背番号10の左腕森岡投手。

大谷先発の森岡投手
大谷先発の森岡投手

1回表の平安は三者凡退と、森岡投手上々の立ち上がりです。

一方、平安の先発は宮津戦に続き、エース市岡投手。

平安エースの市岡投手
平安エースの市岡投手

1回裏の大谷の攻撃。
先頭の鈴木選手がストレートの四球で歩きますが、続く吉田選手の打席で牽制死。
その後、2死走者無しから、3番本城選手がセンター前ヒットを放ちますが、後続を市岡投手が断ってこちらも無得点に終わります。

しかし続く2回表の平安。
まず先頭の4番橋本選手が四球で歩くと、犠打などで2死3塁と先制のチャンス。
ここでバッティングもいい6番の市岡選手がライト前にタイムリーヒットを放ち、まず平安が1点を先制します。

先制のホームを踏む平安、橋本選手
先制のホームを踏む平安、橋本選手
先制タイムリーの市岡選手
先制タイムリーの市岡選手

1-0とリードした平安は続く3回表。
1死後、1番小川が四球で出塁すると、続く久保田選手のライト前ヒットで12塁のチャンスを作ります。

ここで3番富田選手がレフト前へ弾き返し、1点を追加します。

タイムリーヒットの富田選手
タイムリーヒットの富田選手

勢いつく平安は、さらに4番橋本選手が右中間を破る2点タイムリー2塁打を放ち、4-0とリードを広げます。

タイムリー2塁打の橋本選手
タイムリー2塁打の橋本選手

さらに続く西川選手のレフト線への2塁打で、1死23塁となったところで大谷はエースナンバーの右腕・上阪投手をマウンドへ送ります。

大谷エースの上阪投手
大谷エースナンバーの上阪投手

しかし、この後1死満塁としてしまい、市岡選手を迎えます。
ここでセンターへの犠牲フライで平安が5-0とさらにリードを広げ、さらにセンターからサードへの送球がそれる間に、セカンドランナー西川選手も一気にホームに還り6-0と大きくリードを広げる展開になります。

西川選手が還り6-0と平安がリード
西川選手が還り6-0と平安がリード

一方の大谷。
直後の3回裏、1死後から1番の鈴木選手が再び四球を選ぶと、2死12塁とチャンスが広がり4番の徳光選手を迎えます。

しかしここは市岡選手が踏ん張り、センターフライに倒れ大谷は無得点に終わります。

チャンスで徳光選手を打ち取る市岡投手
チャンスで徳光選手を打ち取る市岡投手

平安は直後の4回表、1死から1番小川選手がセンター前ヒットを放ち、続く久保田選手の初球に二盗を成功させ、2死後、先ほどタイムリーヒットを放った3番富田選手がまたもレフト前ヒットで7-0とリードを広げます。

7点目のタイムリーヒットを放った富田選手
7点目のタイムリーヒットを放った富田選手

勢い止まらない平安は続く5回表、この回先頭の6番岡田選手がレフト前ヒットを放ちます。
この後大谷のエラーなどで2死12塁となり、迎える1番小川選手がセンターオーバーのタイムリー3塁打を放ち、さらに2点を追加。
9-0と大きくリードを広げます。

走者一掃のタイムリー3塁打を放った小川選手
走者一掃のタイムリー3塁打を放った小川選手

前半5回を終えて名門対決の準々決勝はコールドゲームを意識する大差の展開になりました。

6回表から大谷は3番手に背番号19の廣瀬投手がマウンドへ上がります。

大谷3番手の廣瀬投手
大谷3番手の廣瀬投手

その6回表は平安を無得点に抑えると、直後の6回裏、大谷がようやく反撃に転じます。

先頭の3番本城選手がセンターオーバーの2塁打でチャンスを作ります。

2塁打の本城選手
2塁打の本城選手

さらに徳光選手もレフト前ヒットで無死13塁と絶好のチャンスを作ります。
ここで続く曽束選手がセンターへ犠牲フライを放ちまず大谷が1点を返します。

反撃のホームを踏む本城選手
反撃のホームを踏む本城選手

さらに崎口選手のヒットで1死12塁。
続く中村康選手もヒットでチャンスを拡大させますが、崎口選手がセカンドでオーバーランをし2死13塁。
大谷の流れが途絶えたかと思った直後、途中出場のキャッチャー小塚選手が右中間を破るタイムリー3塁打で2者が生還。
3-9とまずはコールド負けのピンチを脱します。

タイムリー3塁打の小塚選手
タイムリー3塁打の小塚選手

さらに大谷は8回裏、1死後から四球とヒットで12塁とチャンスを作ると、7番中村康選手が四球でつなぎ、満塁でまたも小塚選手へ回ります。

ここでレフトへ犠牲フライを放ち4-9と5点差まで追い上げます。

4点目のホームを踏む曽束選手
4点目のホームを踏む曽束選手

一方グラウンド整備後、すっかりホームが遠くなった平安。
9回表は1死から市岡選手が右中間を破る2塁打でチャンスを作ると、続く竹葉選手がややつまりながらもライト線へ落とし10点目を奪います。

タイムリー2塁打の竹葉選手
タイムリー2塁打の竹葉選手

6点差を追う大谷は9回裏、先頭の1番鈴木選手がレフト線への2塁打で出塁します。

さらに続く代打吉岡選手の内野ゴロの間に3塁へ進み最後まで名門の意地を見せます。

3塁へ進む鈴木選手
3塁へ進む鈴木選手

しかし大谷の攻撃もここまで。
期待のクリーンアップを迎えますが本城、徳光両選手が三振に倒れ平安が10-4で勝ちベスト4へ進出しました。

試合終了
試合終了

まず勝った平安。
4年連続のセンバツ出場へ一歩前進。
先発の市岡投手ですが、宮津戦が12奪三振でしたが、本日は14奪三振。
前チームの高橋圭二投手を凌ぐ奪三振率は大きな武器です。

しかし、大谷戦では6つの四死球を与えたことが課題。
見た目にも宮津戦より球も走っていないように感じました。

それでも明らかな外のボール球を大谷の選手が空振りをするシーンが目立ちました。
バックネット裏で観ている以上にバッターボックスではキレているのでしょう。

攻撃で目立ったのは平安の機動力でした。
10点奪いましたが安打は11。ホームランも生まれませんでしたが、実に8盗塁を成功させました(公式記録は不明)。

まだ優勝した2年前のチームと比較するのは酷だと思いますが、あの時も「外野」の評価は低かったと記憶しています。

今年も決してホームラン打者が並んでいるわけではありませんが、どこからでもチャンスを作り、それを還す力があるのは、さすが全国クラスのチームだと思います。

次の京都国際も攻撃力の高いチーム。
近畿大会まであと1勝。
京都の王者としてどのような試合を見せてくれるのか楽しみにしたいと思います。

一方敗れた大谷。
一時はコールド負け濃厚といった展開でした。
しかし、グラウンド整備明け後の反撃はお見事。
5回までがわずか2安打に対し、後半は6安打。

何かベンチからの指示があったのでしょうか?

終盤の反撃は見事の一言。
市岡投手を完全に捉えた当たりが目だっていました。

今日は戦った相手も悪かったかもしれません。
違う相手ならひょっとするとさらに勝ち進めるチームかもしれません。
しかし、夏の甲子園を目指すには必ず倒さなければならない相手のはずです。

エース上阪投手でなく左の森岡投手を出したのは名将足立監督の考えだと思います。

本日は敗れはしましたが、本当に足立監督就任後、再び京都球界に欠かせないチームに戻ってきた大谷高校。
今チームは体格もいい選手も何人かいますので、この一冬を越し、来春ベスト8の壁を是非越えるチームになって戻ってきて欲しいと思います。

龍谷大平安
015 120 001=10
000 003 010=4
大谷

平 H11 E0
谷 H8 E2

平 市岡 ー 竹葉
谷 森岡、上阪、廣瀬 ー 平和、小塚