カテゴリー別アーカイブ: 日大三

[ 決勝 ] 早稲田実業 VS 日大三

2016年11月3日、秋季東京都大会決勝

神宮球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

スターティングメンバー

日大三

5 井上
8 長谷川
1 櫻井
7 比留間
3 金成
6 日置
9 岡部
4 金子
2 津原

早稲田実

7 福本
8 横山
3 清宮
5 野村
9 小西
2 雪山
4 橘内
1 中川
6 野田

試合開始前から、清宮選手など大注目だったこの一戦。
当初14時試合開始(六大学新人戦のため14時半に途中で変更)、12時半にチケット販売開始でしたが、9時半頃ですでに大行列でした。

裁判が始まる前グレート近い、スタジアムniの外に、ランク
チケット発売数時間前でも球場周辺にはこの大行列

東京は優勝チームがセンバツに選出される流れになっているため、事実上勝った方が甲子園を決める夏の予選のような緊張感のある試合。

11年ぶり10回目の優勝を目指す早稲田実業か、6年ぶり13回目の優勝を目指す日大三か。

試合前ノックを受ける清宮選手(左端)
試合前ノックを受ける清宮選手(左端)
日大三名将・小倉監督のノック
日大三名将・小倉監督のノック

先攻・日大三、後攻・早稲田実業でプレーボール。
まず守る早稲田実業は背番号18の右腕、中川選手が先発。

早稲田実業先発の中川選手
早稲田実業先発の中川選手 

1回表、日大三の攻撃。

先頭・井上選手がレフト線へ二塁打で出塁すると1死後、3番・櫻井選手の打席でパスボールがあり、1死3塁とチャンスを広げます。
櫻井選手は四球で繋ぎ、1死13塁から、4番・比留間選手のセカンドゴロの間に1点先制を先制します。

井上選手が先制のホームイン
井上選手が先制のホームイン

尚2死1塁から、5番・金成選手がライト前ヒットでチャンスを広げますが、日置選手がセンターフライに倒れ、この回は1点に終わります。

左が金成選手、右が清宮選手
左が金成選手、右が清宮選手

替わって守りにつく日大三の先発は、背番号8の櫻井投手。

日大三先発の櫻井投手
日大三先発の櫻井投手

1回裏の早稲田実業の攻撃は、140キロ超のストレートと、変化球を武器に2つの三振を含む、三者凡退に抑え上々の立ち上がりを見せます。

注目の清宮選手は空振りの三振に倒れます。

第一打席の清宮選手
第一打席の清宮選手

1点を追う早稲田実業は2回裏。

先頭・4番の野村選手が四球で出塁すると、パスボールと犠打で1死3塁とすると、6番・雪山選手のセカンドゴロがフィルダースチョイスを誘い1-1の同点に追いつきます。

野村選手が同点のホームイン
野村選手が同点のホームイン

3回表の日大三。

2死から櫻井選手、比留選手が連続で出塁すると、金成選手がショートへの内野安打で繋ぎ2死満塁としますが、ここは日置選手がショートゴロで無得点に終わります。

日大三の「怪物」金成選手
日大三の「怪物」金成選手

4回表も日大三は7番・岡部選手のセンター前ヒットや犠打などで、2死3塁とチャンスを広げたところで、早稲田実業は早くも背番号10の左腕・赤嶺投手へ継投し、ピンチを脱します。

早稲田実業の赤嶺投手
早稲田実業の赤嶺投手

ピンチの直後の4回裏・早稲田実業の攻撃。

先頭・4番の野村選手がショートへの内野安打で出塁すると、犠打と6番・雪山選手のライト前ヒットで1死13塁とします。

三塁へ進む野村選手
三塁へ進む野村選手

このチャンスで7番・橘内選手が右中間を破る走者一掃の二塁打を放ち2点を勝ち越し、3-1と早稲田実業がこの試合、初めてリードします。

タイムリー2塁打の橘内選手
タイムリー2塁打の橘内選手

さらに赤嶺選手が犠打で送り、2死3塁とすると9番・野田選手のファーストへの内野安打で1点を追加。
4-1とリードを広げます。

タイムリー内野安打の野田選手
タイムリー内野安打の野田選手

しかしその直後の5回表の日大三。

1死後、3番・櫻井選手が四球で出塁すると、4番・比留間選手のレフト前ヒットで1死12塁とすると、5番・金成選手がライトスタンドへ同点のスリーランホームラン!
4-4の同点に追いつきます。

スリーランホームランの金成選手
スリーランホームランの金成選手

5回裏の早稲田実業の攻撃。

2死走者無しから4番・野村選手がサードへの内野安打を放ちますが、この打席で櫻井投手は144キロを計測するなど6回を終えた時点ですでに9つの奪三振を奪います。

7回裏も櫻井投手が圧巻の投球。

先頭・1番の福本選手がライト前ヒットを放つも、横山選手を空振り三振に取ると、清宮選手を126キロの変化球で4打席連続で三振に取り、1年生の4番・野村選手も空振り三振に終わり、3者連続三振。

7回で12奪三振を奪う投球内容を見せます。

野村選手を三振に取った櫻井投手
野村選手を三振に取った櫻井投手

直後の8回表の日大三。

2死から7番、岡部選手がセンター前ヒットで出塁すると、途中出場の8番・大西選手もライト前ヒットで2死13塁とチャンスを作りますが、津原 選手がショートゴロに倒れ無得点に終わります。

三塁に進む岡部選手
三塁に進む岡部選手

4-4のまま迎えた9回表の日大三の攻撃。

早稲田実業は背番号16の石井投手へ継投します。

早稲田実業の3番手、石井投手
早稲田実業の3番手、石井投手

先頭1番・井上選手が四球で出塁すると、犠打と櫻井選手も四球で12塁。
4番の比留間選手が遊ゴロで2死12塁となったところで、この試合、ホームランを含む4打数3安打と当たっている5番・金成選手を迎えます。
ここでレフィト線へ走者一掃のタイムリー2塁打を放ち、日大三が6-4と土壇場で2点のリードを奪います。

6点目のホームを踏む比留間選手
6点目のホームを踏む比留間選手
3塁まで進んだ金成選手
3塁まで進んだ金成選手

勝負あったかと思われたこの試合。
ドラマは9回裏に待っていました。

先頭9番の野田選手がレフト前ヒットで出塁すると、1番・西田選手が左中間を破る三塁打でまず1点を返します。

3塁打の西田選手
3塁打の西田選手

続く横山選手が四球を選び、無死13塁となったところで、打席は注目の3番・清宮選手。

2球目でパスボールがあり早稲田実業、劇的な同点に追いつきます。

清宮選手の打席で同点のパスボール
清宮選手の打席で同点のパスボール

なお無死2塁で、清宮選手は5打席連続の三振に終わりますが、続く4番・野村選手がなんとライトスタンドへサヨナラ本塁打!

8-6で早稲田実業が劇的なサヨナラ勝利と、11年ぶり10回目の優勝。
そして来春の選抜出場をほぼ確定させました。

サヨナラホームランでホームに戻る野村選手
サヨナラホームランでホームに戻る野村選手

この試合、「清宮効果」もあったかと思いますが、試合開始前から地方大会ではまず見られない盛り上がり。

試合が決まった瞬間もまるでプロ野球の試合のような盛り上がりでした。

昨秋もたまたま日大三の試合を観戦しましたが、その試合にも野手として出場していた櫻井選手は140キロ超のストレートを操る主戦投手としてチームを引っ張りました。

そして野手では5番の金成選手。
こちらも2年生野手。清宮選手に注目度は負けているかもしれませんが、劣らずプロ注目の「怪物」だと思います。

勝った早稲田実業。
清宮選手一人のチームでないことを証明してみせた試合でした。
全員で櫻井投手を攻略し、執念で試合を逆転しました。

来春の選抜までには、この試合だけを見る限りでは、投手を中心にしたディフェンスもさらにレベルアップが必要になってくるかと思いますが、甲子園に「主役」が帰ってくることが待ち遠しいです。

日大三
100 030 002=6
010 300 004x=8
早稲田実

日 櫻井8 - 津原
早 中川18、赤嶺10、16石井 - 雪山

日H10 E0
早H10 E0

本塁打
日 金成③
早 野村②

【打撃成績】
日大三

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
5 井上 左線二塁打 二ゴロ (赤)一ゴロ 左飛 (石)四球
87 長谷川 空振三振 二ゴロ 投ゴロ 見逃三振 一前犠打
1 櫻井 パスボール
四球
四球 四球 一ゴロ 四球
73 比留間 二ゴロ(1) パスボール
四球
左前安打 遊ゴロ 遊ゴロ
3 金成 右前安打 遊安打 右越本塁打(3) 二ゴロ 左線二塁打(2)
8 八木
6 日置 中飛 遊ゴロ 二ゴロ 中飛 遊飛
9  岡部 中飛 中前安打 三邪飛 中前安打
4 金子 左前安打 三前犠打 三振
4 大西 右前安打
2 津原 三ゴロ併殺打 中飛 遊ゴロ 遊ゴロ

早稲田実業

選手名 第一打席 第二打席 第三f打席 第四打席 第五打席
7 福本 見逃三振 見逃三振 空振三振 右前安打
二盗
左中間三塁打(1)
R9 西田
8 横山 右飛 一ゴロ 一ゴロ 空振三振 四球
3 清宮 空振三振 空振三振 見逃三振 空振三振 パスボール(1)
空振三振
5 野村 四球 遊安打 三安打 空振三振 右越本塁打(2)
97 小西 パスボール
投前犠打
投前犠打 三ゴロ 中飛
2 雪山 二ゴロ野選(1) 右前安打 空振三振 四球
4 橘内 中前安打 右中間二塁打(2) 三ゴロ 二ゴロ
1 中川 空振三振
1 赤嶺 旧三十犠 空振三振(振り逃げ)
H 須能 見逃三振
1 石井 見逃三振
6 野田 遊ゴロ 一安打(1) 遊ゴロ 左前安打


【投手成績】

日大三

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
櫻井 8 1/3 10 3 15 8 7

早稲田実業

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
中川 3 2/3 5 3 1 1 1
赤嶺 4 1/3 4 1 2 3 3
石井 1 1 2 0 2 2

日大三 VS 東京都市大付

2015年10月12日、秋季東京大会2回戦

多摩一本杉球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

東京都市大付

8 青木
4 村崎
6 小野
2 舩戸
3 香川
1 畠山
7 三木
9 鈴木
5 竹谷

日大三

8 宮木
4 谷田部
2 坂倉
5 山本
7 古田
9 櫻井周
3 比留間
6 木村
1 阪井

日大三の試合前ノック
日大三の試合前ノック
プレイボール
プレイボール

まず守る日大三の先発は背番号12の右腕・阪井投手。

日大三先発の阪井投手
日大三先発の阪井投手

1回表、都市大付は2死から3番小野選手がファールで粘りに粘ったあと、レフト前へヒットで出塁します。
さらに4番舩戸選手もセンター前ヒットで続き2死12塁とチャンスを作りますが香川選手が投手ゴロに倒れ、初回無得点に終わります。

センター前ヒットの舩戸選手
センター前ヒットの舩戸選手

東京都市大付の先発はエースナンバーの畠山投手。

東京都市大付のエース畠山投手
東京都市大付のエース畠山投手

1回裏、日大三は先頭の宮木選手がライト前ヒットで出塁すると、続く矢田部選手が犠打で1死2塁とし、続く坂倉選手のセンター前ヒットで、早くも1点を先制します。

日大三先制の場面
日大三先制の場面
先制タイムリーの坂倉選手
先制タイムリーの坂倉選手

自身も2塁へ進み、その後死球とエラーで1死満塁のチャンスを作り、2死後7番の比留間選手のサードへのゴロが内野安打となり2-0とリードを広げます。

タイムリーヒットの比留間選手
タイムリーヒットの比留間選手

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに続く木村選手がレフト前ヒットを放ちこの回3点を先取します。

日大三は続く2回裏も、この回先頭の9番阪井選手がライト前ヒットで無死のランナーを出すと、1死後、2番谷田部選手がライト線へ2塁打を放ち1死23塁と追加点のチャンスを作ります。

ここで3番坂倉選手のファーストゴロの間に阪井選手が生還して4-0とリードを広げます。

4点目のホームを踏む阪井選手
4点目のホームを踏む阪井選手

さらに4番山本選手がレフト前ヒットで1点を追加し、5-0と日大三が大量リードの体勢に入ります。

タイムリーヒットの山本選手
タイムリーヒットの山本選手

一方の都市大付は初回こそチャンスを作ったものの、2回、3回と日大三先発の阪井投手の威力のありそうなストレートの前にチャンスを作ることができません。

4回表は先頭の3番小野選手がこの日2本目のヒットを放ち、盗塁で2塁まで進むも、後続が倒れ無得点に終わります。

粘り強いバッティングが光った小野選手(1回表の写真)
粘り強いバッティングが光った小野選手(1回表の写真)

3回裏こそ無得点に終わった日大三でしたが、4回裏、1番からの好打順で、宮木選手がレフト前ヒットで出塁すると、内野ゴロと、四球で1死12塁となり、4番山本選手がセンター前ヒットを放ち、6-0とリードを広げます。

2打点目の山本選手
2打点目の山本選手

さらに続く古田選手のセカンドゴロを、セカンドフォースアウトを狙ったところ悪送球となり、さらに1点追加し7-0とリードが広がります。

5回表、都市大付は1死後から8番鈴木選手がセンター前ヒットで出塁すると、エラーや盗塁で2死23塁と大きなチャンスを作りますが、2番村崎選手がレフトフライに倒れまたも無得点に終わります。

5回裏の日大三はこの試合初めての三者凡退に倒れると、6回表から背番号11、1年生左腕の田口投手に継投します。

日大三2番手の田口投手
日大三2番手の田口投手

4番舩戸選手にこの試合2本目のヒットは許しますが、キレのよいピッチングで2奪三振と素晴らしい内容。
舩戸選手が牽制死で結果三人で都市大付の攻撃を封じます。

すると6回裏の日大三。
この回先頭の2番谷田部選手、続く坂倉選手のセンター前ヒットで無死13塁のチャンスを作ります。

山本選手のショートゴロはホーム野選となり8点目が入り、なお無死12塁のチャンス。

続く5番古田選手がライト前ヒットで坂倉選手がホームインし9-0とさらにリードを広げます。

タイムリーヒットの古田選手
タイムリーヒットの古田選手

さらにこの後、犠打と死球で1死満塁と一打、サヨナラコールドという場面で8番木村選手を迎えますが、なんとここでパスボール。
あっけなく10点目が日大三に入り6回コールドで勝利をおさめました。

日大三サヨナラ勝ちの瞬間
日大三サヨナラ勝ちの瞬間

日大三の試合は初めての観戦でした。
個人的に日大三と言えば「打撃」のチームだったのですが、この試合もよく打った印象。
ただ、「豪打」のチームというイメージではなく、「巧い」という印象でした。

また投手陣はエースナンバーの投手は見ることができませんでしたが、控えナンバーの阪井投手、田口投手の力を見ると、さすがは全国レベルの強豪チームだなといった印象。

圧倒的存在といはまた異なると思いますが、「東京の強豪ここにあり」をしっかりと感じれた試合でした。

敗れた東京都市大付は、普段関西に住んでいると、失礼ながら学校名も馴染みがありませんが、部員も多く実力のあるチームだなぁと感じました。

エースの畠山投手はやや特徴的なフォームですが、ストレートの伸びもいいものがあるピッチャー。
またこの試合は、3番小野選手、4番舩戸選手がそれぞれ2安打づつと、日大三の投手陣にも決して力負けしてはいませんでした。

チームの完成度の高さがこのスコアの差につながりましたが、また機会を見て、両チームまた違うチームとの試合を観戦したいと思います。

東京都市大付
000 000=0
320 203x=10
日大三

都 畠山 ー 舩戸
日 阪井、田口 ー 坂倉

都 H5 E2
日 H13 E1