Category Archives: 乙訓

[ 3位決定戦 ] 龍谷大平安 VS 乙訓

2016年10月9日、秋季京都大会3位決定戦

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

スターティングメンバー

8 松本
6 大本
3 前田
7 岡田
5 松田
9 金本
4 木村
2 田島
1 小寺

乙訓

9 吉田
8 横山
5 池田
3 大宅
2 牧
7 宮田
4 松本
1 川畑
6 大上

今年は京都が近畿大会へ3校出場できるため、この試合に勝ったチームが京都3位で近畿大会へ出場できる、選抜への夢を繋ぐ大一番です。

まず守る乙訓はエース右腕の川畑投手。

乙訓エースの川畑投手

乙訓エースの川畑投手

1回表の龍谷大平安の攻撃。

先頭・松本選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打と前田選手のショート後方へのポテンヒットで1死13塁とチャンスを迎えると、4番・ 岡田 選手が四球で繋ぎ満塁とします。

ここで、松田選手が右中間を破る2点タイムリー二塁打を放ち、まず平安が2点を先制します。

松田選手の先制タイムリー二塁打

松田選手の先制タイムリー二塁打

なおも平安は1死満塁のチャンスを作りますが、ここは後続が続けず2点に終わります。

替わって守りにつく龍谷大平安は、前日の東山戦でも140球近くを完投した1年生エース小寺投手が先発します。

平安のエース右腕、小寺投手

平安のエース右腕、小寺投手

1回裏の乙訓。

1死後、2番・横山選手が左中間へ二塁打を放つと、池田選手の四球。4番・大宅選手のライト前ヒットで1死満塁とチャンスを作ります。

大宅選手のライト前ヒット

大宅選手のライト前ヒット

この場面で5番・牧選手がセンター前へタイムリーヒットを放ち、まず1点を返しさらに1死満塁と乙訓のチャンスが続きます。

牧選手のタイムリーヒット

牧選手のタイムリーヒット

さらに2死となった後、7番・松本選手は押し出しのデッドボールとなり、2-2の同点に追いつきます。

池田選手が同点のホームイン

池田選手が同点のホームイン

同点に追いつかれた直後の2回表、龍谷大平安。

先頭9番・小寺選手がデッドボールで出塁すると、1死後、連続四球で1死満塁となり、主砲・岡田選手を迎えます。

龍谷大平安、主砲の岡田選手

龍谷大平安、主砲の岡田選手

しかし結果はまさかのセカンドゴロ併殺打に倒れ、平安、絶好の勝ち越しのチャンスを生かすことができません。

 

2-2の同点のまま迎えた5回表の龍谷大平安。

1死後、この試合2安打と当たっている5番・松田選手がレフトオーバーのソロホームランを放ち、均衡を破り3-2と平安が1点を勝ち越します。

平安松田選手の勝ち越しホームラン

平安松田選手の勝ち越しホームラン

乙訓はここで背番号11の右横手・赤井投手へ継投します。

乙訓2番手の赤井投手

乙訓2番手の赤井投手

このあと、さらに7番・木村選手のセンター前ヒットなどで2死満塁とすると、1番松本選手が押し出しの四球を選び、さらに1点を追加。
4-2と平安が2点をリードし前半の5回を終了します。

金本選手が4点目のホームイン

金本選手が4点目のホームイン

6回表の龍谷大平安の攻撃から、乙訓は3番手に背番号10の左腕・冨山投手をマウンドへ送ります。

乙訓3番手の冨山投手

乙訓3番手の冨山投手

代わり端、4番・ 岡田選手にはセンターの頭上を越えそうな、大飛球を打たれますが、横山選手の好プレーでアウトにするなど、平安の攻撃を三者凡退に打ち取ります。

4-2のまま迎えた8回裏の乙訓。

2死走者無しから4番・大宅選手はショートゴロエラーで出塁。
さらに続く牧選手の初球でパスボールがあり2塁へ進塁すると、またも
牧選手もショートゴロエラーで大宅選手がホームイン。
4-3と龍谷大平安のリードは1点となります。

大宅選手がホームイン

大宅選手がホームイン

9回表、龍谷大平安はノーヒットながら、2死23塁とチャンスを作るも無得点に終わると、直後の9回裏、乙訓が平安に襲いかかります。

まず先頭8番・冨山選手の代打・背番号16の中川選手がレフト前ヒットで出塁します。

ヒットで出塁の中川選手

ヒットで出塁の中川選手

続く大上選手の犠打、吉田選手の四球で1死12塁と一打同点の場面。
初回に二塁打を放っている、2番横山選手を迎えますが、カウントノーボール、2ストライクから中川選手がキャッチャーからの牽制死2死1塁となります。

万事休すと思われたこの場面で、横山選手の打球は左中間を破りそうな打球したが、松本選手の超ファインプレーに拒まれて試合終了。
4-3で龍谷大平安が勝ち、近畿大会への出場を決めました。

試合終了の瞬間

試合終了の瞬間

勝った平安。
この試合は、これまで奪三振の山を築いてきた小寺投手でしたが、さすがに連日の100球越えの投球で苦しい試合内容になりました。
龍谷大平安にはもう一人1年生に有望株で島田投手がいますが、この大会では登板無し。

春までの楽しみに取っておきたいと同時に、平安復活のためには同学年の小寺、島田投手でWエース体制が取れるほどに投手力をまずは底上げすることではないかと思います。

そして乙訓。
前日の京都翔英戦に続く最終回の粘りでしたが、あと一歩及ばず近畿大会出場はなりませんでした。

ただこの大会通じて、最も成長したチームはこの乙訓ではなかったかと思います。
主戦投手の川畑投手、冨山投手共、1年生。
あと一歩に終わったこの冬の悔しさをバネに、さらに飛躍した姿を春に見せて欲しいと思います。

龍谷大平安
200 020 000=4
200 000 010=3
乙訓

平 小寺 - 田島
乙 川畑、赤井孝、冨山 - 牧、薪谷

平 H7 E2
乙 H7 E0

【打撃成績】
龍谷大平安

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 松本 左前安打 守備妨害 四球 四球(1) 三飛
6 大本 捕前犠打 四球
パスボール
左飛 右飛 遊ゴロ
3 前田 遊安打 四球 三ゴロ (冨)右飛 四球
牽制死
7 岡田 四球 二ゴロ併殺打 左飛 中飛 二ゴロ
5 松田 右中間二塁打(2) 中前安打
二盗死
左越本塁打(1) 空振三振 四球
9 金本 死球 見逃三振 (赤)死球 左飛 死球
4 木村 右飛 二ゴロ 中前安打 遊ゴロ 投前犠打
2 田島 中飛 三直 一ゴロ 四球 中飛
1 小寺 死球 左中間二塁打 四球 右飛

乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 吉田 中飛 左飛 遊飛 二ゴロ 四球
8 横山 左中間二塁打 二ゴロ 空振三振 見逃三振 中飛
5 池田 四球 中飛 投ゴロ 二ゴロ
3 大宅 右前安打 三ゴロ 中前安打 遊ゴロ失
2 牧 中前安打(1) 二ゴロ 投前犠打 パスボール
遊ゴロ失(1)
4 吉雄
7 宮田 右飛 中前安打 遊ゴロ 中前安打
4 松本 死球(1) 一前犠打 遊邪飛
H2 薪谷 三ゴロ
1 川畑 三ゴロ 空振三振
1 赤井
1 冨山 空振三振
H 中川 左前安打
捕牽制死
6 大上 投ゴロ 三ゴロ 二ゴロ 一前犠打


【投手成績】

龍谷大平安

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小寺 9 7 3 4 3 2

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
川畑 4 1/3 6 4 1 3 3
赤井 2/3 1 3 0 1 1
冨山 4 0 4 1  0 0

[ 準決勝 ] 京都翔英 VS 乙訓

2016年10月8日、秋季京都大会準決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

スターティングメンバー

京都翔英

9 新田広
7 田中
6 阿部
2 川本
7 新田大
3 岡田
5 大谷
4 山本
1 内橋

乙訓

9 吉田
8 横山
5 池田
3 大宅
2 牧
7 宮田
4 松本
1 冨山
6 大上

初優勝し、センバツに出場した2012年の以来、秋季大会の決勝進出がかかり、そして浅井監督就任後、春季大会、夏の大会と京都では無敗が続く京都翔英と、秋は初の決勝進出を目指す公立の乙訓の対戦。

まず守る乙訓は背番号10の左腕、冨山投手。

乙訓先発の冨山投手

乙訓先発の冨山投手

1回表の京都翔英は、2死から3番・阿部選手がライト線にヒットで出塁しますが、後続続かず無得点に終わります。

ヒットの阿部選手

ヒットの阿部選手

替わって守りにつく京都翔英は、エース内橋投手が先発。

翔英エースの内橋投手

翔英エースの内橋投手

1回裏の乙訓。

先頭の吉田選手がセンターへヒット、さらに翔英の守備の乱れをつき、2塁へ進塁。無死2塁とチャンスを作ります。

続く横山選手が犠打で送ると、3番池田選手がセンターへ犠牲フライを放ち、1点を先制します。

吉田選手が先制のホームイン

吉田選手が先制のホームイン

1点を追う展開になった京都翔英は、直後の2回表。

先頭5番・新田大選手が四球で出塁すると、岡田選手がセンター前ヒットでチャンスを広げると、犠打で1死23塁と一打逆転のチャンス。

三塁へ進んだ新田大選手

三塁へ進んだ新田大選手

ここですかさず、 山本選手のセカンドゴロの間に同点に追いつきます。

新田大選手が同点のホームイン

新田大選手が同点のホームイン

さらに2死3塁の場面で9番・内橋選手がファーストへの強襲ヒットを放ち田中選手が勝ち越しのホームイン。
2-1と翔英が逆転に成功します。

タイムリーヒットの内橋選手

タイムリーヒットの内橋選手

1点リードのまま迎えた5回表の京都翔英。

先頭9番・内橋選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、1死後、2番・田中選手が左中間を破る二塁打を放ち1死23塁と絶好の追加点のチャンスを作ります。

二塁打の田中選手

二塁打の田中選手

しかしこのチャンスで、期待の3番・阿部選手、4番・川本選手が凡退し無得点に終わり2-1のまま前半5回を終了します。

5回裏に冨山投手に代打(伊佐選手)が送られていましたので、6回表から、乙訓はエース右腕の川畑選手がマウンドへ上がります。

乙訓のエース川畑投手

乙訓のエース川畑投手

次の1点が重要になったこの試合、動いたのは7回表の京都翔英。

先頭8番・山本選手がライトオーバーの三塁打で出塁します。

三塁打の山本選手

三塁打の山本選手

ここで翔英は内橋投手に代えて、背番号19の林ヶ谷選手を代打に送り、期待に応えライト前へタイムリーヒット。
3-1と2点差にリードを広げます。

代打、林ヶ谷選手のタイムリーヒット

代打、林ヶ谷選手のタイムリーヒット

直後の7回裏の乙訓の攻撃から、翔英はショートの阿部選手がマウンドへあがります。

翔英抑えの阿部選手

翔英抑えの阿部選手

8回表、京都翔英は先頭4番・川本選手がライト前ヒットで出塁すると、続く新田大選手の投手前犠打を、川畑投手がファーストへ暴投し無死23塁と絶好の追加点のチャンスを作ります。

三塁へ進む主砲・川本選手

三塁へ進む主砲・川本選手

しかしこの絶好のチャンスで、翔英は後続続かず無得点に終わります。

すると、直後の8回裏の乙訓。

1死から1番・吉田選手がレフト前ヒットで出塁すると、2死から3番・池田選手がレフトオーバーの二塁打で吉田選手がホームイン。
2-3と1点差に迫ります。

タイムリー2塁打の池田選手

タイムリー2塁打の池田選手

試合はジリジリと乙訓の流れへ。

9回裏の乙訓。

先頭の6番・宮田選手がレフト前ヒットで出塁します。

ヒットで出塁の宮田選手

ヒットで出塁の宮田選手

ここで送るかと思われた乙訓は積極的な攻撃。
続く松本選手には強行策。さらにランナーもスタートを切って、一気に勝負を決めにかかりますが、打球は無常にもショート正面に。

併殺打に倒れ、そのまま試合終了。
京都翔英が3-2で決勝進出と、近畿大会への進出を決めました。

まず勝った京都翔英。
チャンスはありましたが、それらを生かせず、それが終盤の接戦につながりました。

新チームは、抑え投手の役割も持つ阿部選手が中心のチームでしょう。
打線は鋭い当たりを上位から下位まで飛ばす力があるだけに、走塁含め、効果的な得点力アップが勝って尚且つ、今後の課題になってくるかと思います。

一方敗れた乙訓。
終盤の勢いはお見事。
最終回の攻撃に関しては、送るという選択肢を押される方もいるかと思いますが、勝つための選択。やむをえなかったと思います。

ここまで勢いに乗って勝ち進んできましたが、前チームの上野投手のような絶対的な精神的な支柱はまだいないと思います。
チーム力の高さが今チームの特徴ですが、さらなるレベルアップと、悲願の甲子園へは個々の力アップにも期待したいと思います。

京都翔英
020 000 100=3
100 000 010=2
乙訓

翔 内橋、阿部 - 川本
乙 冨山、川畑 - 牧

翔 H9 E2
乙 H7 E3

【打撃成績】
京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 新田広 右飛 中飛 右飛 二ゴロ併殺打 二ゴロ
7 田中 遊飛 二ゴロ失 左中間二塁打 二ゴロ失 一ゴロ
6 阿部 右線安打 一前犠打 二飛 二直
2 川本 中飛 二ゴロ 空振三振 右前安打
7 新田大 四球 二ゴロ (川)中前安打 投ゴロ失
3 岡田 中前安打 死球
捕牽制死
二ゴロ併殺打 一直
5 大谷 投前犠打 三ゴロ 三ゴロ 二飛
4 山本 二ゴロ(1) 一ゴロ 右越三塁打 投ゴロ
1 内橋 一強襲安打(1) 二安打
H 林ヶ谷 右前安打(1)
4 瓜田 右飛

乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 吉田 中前安打
中失
二飛併殺打 死球
三盗死
左前安打
8 横山 投前犠打 右飛 三振
(スリーバント失敗)
中飛
5 池田 中犠飛(1) 遊ゴロ 遊飛 左越二塁打(1)
3 大宅 中前安打 左飛 パスボール
四球
四球
2 牧 三ゴロ 遊ゴロ (阿)一ゴロ 右飛
7 宮田 右飛 中前安打
牽制死
遊ゴロ失 左前安打
4 松本 右飛 投ゴロ 右飛 遊直併殺打
1 冨山 空振三振
H 伊佐 四球
1 川畑 空振三振
H 薪谷 左飛
6 大上 中前安打 投ゴロ 中飛


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
内橋 6 4 2 2 1 1
阿部 3 3 1 1 1 1

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
冨山 5 5 1 1 2 2
川畑 4 4 0 0 1 1

[ 準々決勝 ] 乙訓 VS 塔南

2016年10月2日、秋季京都大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

塔南

2 中澤
8 森下
3 藤林
7 陣野
9 粟津
6 川合
5 中川
1 大江
4 谷口

乙訓

9 吉田
8 横山
7 宮田
3 大宅
2 牧
5 池田
4 松本
1 川畑
6 大上

毎年京都大会の上位に入ってくる実力派の公立対決。
最近では昨年の夏(2015年)の準々決勝でも対決(その試合は乙訓が勝利)しています。

まず守る乙訓。
エース右腕の川畑投手が先発します。

乙訓エース川畑投手

乙訓エース川畑投手

1回表、塔南の攻撃は今夏にも出場していた中澤選手、 藤林選手が打席に立つも三者凡退に終わります。

新チームの観戦はこれが初めてになりましたが、塔南。
西原、築山投手という強力な二枚看板が引退。
エースナンバーを受け継いだのは大江投手。
2014年チームのエースだった大江投手の弟さんのようです。
(参考までに2014年春季大会の綾部戦の大江投手)

塔南エース右腕の大江投手

塔南エース右腕の大江投手

1回裏の乙訓。

2番・横山選手が四球で出塁するも、続く宮田選手がサードゴロ併殺打に終わり無得点に終わります。

2回表の塔南は先頭・4番の陣野選手がレフト前ヒットで出塁、犠打で1死2塁とチャンスを作りますが、後続続かず無得点に終わります。

2塁に進む塔南・陣野選手

2塁に進む塔南・陣野選手

続く3回表も塔南は1死から9番・谷口選手がライトへ打ち上げた打球を、乙訓・吉田選手がつまづいてしまい二塁打となりチャンスを作りますが、またも後続続かず無得点に終わります。

2塁へ進む谷口選手

2塁へ進む谷口選手

対する乙訓は3回2死までノーヒットに抑えられてきましたが、9番・ 大上選手がレフト前ヒットで出塁。

チーム初安打の大上選手

チーム初安打の大上選手

すかさず二盗、さらに送球がセンターにそれて2死3塁とし、吉田選手も四球で13塁となり、ここで大上選手がホームスチールを狙うもタッチアウト。
チャンスを生かすことができません。

ホームでタッチアウトになった瞬間

ホームでタッチアウトになった瞬間

このあと、両チーム投手が踏ん張り0-0のまま前半5回を終了します。

グラウンド整備後も変わらず0-0のまま試合が進みましたが、先制したのは7回裏の乙訓でした。

1死後、3番・宮田選手が四球で出塁。
続く大宅選手がライト前ヒットで1死13塁とすると、5番・牧選手がセンター前へタイムリーヒットを放ち1点を先制します。

均衡破る牧選手の先制タイムリーヒット

均衡破る牧選手の先制タイムリーヒット

宮田選手が先制のホームイン

宮田選手が先制のホームイン

さらに池田選手が犠打で繋ぎ2死23塁とすると、7番・ 松本選手がセンター前へ2点タイムリーヒットを放ち3-0とリードします。

牧選手が3点目のホームイン

牧選手が3点目のホームイン

タイムリーヒット放ち自軍ベンチにガッツポーズの松本選手

タイムリーヒット放ち自軍ベンチにガッツポーズの松本選手

直後の8回表の塔南。

先頭7番・中川選手がセンター前ヒット、さらに乙訓の守備が乱れている間に2塁へ進みます。
続く大江選手が死球で繋ぐと、谷口選手が犠打を決め1死23塁とし、1番の中澤選手のセカンドゴロの間に中川選手がホームイン。
1-3と2点差に迫ります。

中川選手がホームイン

中川選手がホームイン

しかし塔南の反撃もここまで。
最終回の9回裏も三者凡退に終わり3-1で乙訓が勝ち、ベスト4に進出しました。

塔南代打の難波選手がライトフライで試合終了

塔南代打の難波選手がライトフライで試合終了

両チームとも、前チームにはプロ注目だった本格派の投手を擁していました。
この試合、まだ球威は夏のエース陣には及ばないものの、丁寧に投げぬき投手戦になりました。

勝った乙訓ですが、立命館宇治戦で見せた攻撃力は影を潜めました。
しかし、前半やや押し気味に試合を進めた塔南の攻撃を上手くかわしながら進むと、中盤からはやや乙訓ペースの展開に。

その中で掴んだワンチャンスに一気にたたみかけ、試合を決めた集中力は、このチーム、決して大型チームというわけではありませんが面白い存在になってきました。

一方敗れた塔南はこの試合が、新チーム初観戦。
前チームもブルペンで投げていた下級生の右腕がいましたが、それが大江投手でしょうか??

いずれにしても、ストレートはお兄さんの3年生時に比べると、やや物足らない感じがしましたが、この試合は少し球が走ってなかったのでしょうか。
またこちらに関しては春季大会を楽しみにしていたいと思います。

打線は完全に川畑投手に抑えられましたが前チームから、築山選手や、島野修選手などの体格のいい打者がいなくなり、まだ中心となる選手が固まりきっていないような印象を受けました。

と言っても、中澤選手、藤林選手、谷口選手と前チームから出場し、春季大会準優勝も経験した選手達もいるので、来春に向けてまた強い塔南の姿を見せて欲しいと思います。

塔南
000 000 010=1
000 000 30x=3
乙訓

塔 大江 - 中澤
乙 川畑 - 牧

塔 H4 E1
乙 H5 E1

【打撃成績】
塔南

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
2 中澤 二飛 右飛 右飛 二ゴロ(1)
8 森下 三ゴロ 中飛 一強襲安打 遊ゴロ
3 藤林 右飛 内野ゴロ 二ゴロ併殺打 遊ゴロ
7 陣野 左前安打 一ゴロ 右飛 中飛
9 粟津 投前犠打 左飛 遊直
H 難波 右飛
6 川合 左飛 四球 遊飛
5 中川 二ゴロ 左飛 中前安打
1 大江 中飛 三振
(スリーバント失敗)
死球
4 谷口 右越二塁打 中飛 投前犠打

乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 吉田 二ゴロ 四球 中飛 中前安打
8 横山 四球 遊ゴロ 投飛 左飛
7 宮田 三ゴロ併殺打 二ゴロ 四球 二飛
3 大宅 三ゴロ 二飛 右前安打
2 牧 二ゴロ 一ゴロ 中前安打(1)
5 池田 一邪飛 三ゴロ 捕前犠打
4 松本 一ゴロ 三直 中前安打(2)
1 川畑 三ゴロ 遊ゴロ 三ゴロ
6 大上 左前安打
二盗
本盗死
中飛 中飛


【投手成績】

塔南

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
大江 8 5 3 0 3 3

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
川畑 9 4 2 1 1 1

[ 二次戦・一回戦 ] 乙訓 VS 立命館宇治

2016年9月22日、秋季京都大会二次戦一回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

乙訓

9 吉田
8 横山
7 宮田
3 大宅
2 牧
5 池田
4 松本
1 川畑
6 大上

立命館宇治

6 長谷川
5 今堀
8 寺田
2 藤原
7 太田
3 井上
4 荒木
9 村井
1 玉田

昨秋は躍進が期待されながらも、共に一次戦で敗退した両チームの対戦。

まず守るは立命館宇治、エース玉田投手が先発します。

立命館宇治エース玉田投手

立命館宇治エース玉田投手

1回表の乙訓は2つの三振を含む三者凡退に終わり、玉田投手、上々の立ち上がりを見せます。

対する乙訓はエース右腕、川畑投手が先発。

乙訓エースの川畑投手

乙訓エースの川畑投手

1回裏の立命館宇治。

先頭・長谷川選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く今堀選手が四球でつなぎ、犠打で1死23塁と先制のチャンスを作ります。
ここで4番・藤原選手がセンター前へ2点タイムリーヒットを放ち、まずは立命館宇治がリードを奪う展開になります。

藤原選手の先制タイムリーヒット

藤原選手の先制タイムリーヒット

2回表も乙訓は三者凡退に終わり、立命館宇治、「完璧」な滑り出しかと思われましたが、思わぬ落とし穴が3回表に待っていました。

先頭7番・松本選手が死球で出塁すると、犠打で1死2塁となりますが、9番・大上選手が見逃三振に倒れ2死となります。

さらに1番・吉田選手の放ったレフトへの打球。
太田選手が一瞬捕ったかと思ったかと思いましたが、判定は落球。
タイムリー2塁打となり、乙訓が1点を返します。

タイムリー2塁打の吉田選手

タイムリー2塁打の吉田選手

さらに続く横山選手にもレフト前へ同点タイムリーヒットが出て、乙訓が2-2の同点に追いつきます。

同点タイムリーヒットの横山選手

同点タイムリーヒットの横山選手

突如崩れだした立命館宇治の玉田投手。

4回表の乙訓は5番・牧選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打の後、7番・松本選手がセカンドへの内野安打で1死13塁となり、次の川畑選手の遊ゴロで併殺崩れの間に1点を勝ち越します。

牧選手が勝ち越しのホームイン

牧選手が勝ち越しのホームイン

乙訓は5回表も先頭1番・吉田選手が四球で出塁すると、盗塁と内野ゴロの間に1死3塁とし、3番・宮田選手のライト前ヒットで1点を追加します。

宮田選手のタイムリーヒット

宮田選手のタイムリーヒット

さらに四球と犠打で2死23塁となり、6番池田選手のセカンドへの内野安打、松本選手のレフト前ヒットで2点を追加し6-2とリードを広げます。

池田選手のタイムリー内野安打

池田選手のタイムリー内野安打

一転して防戦一方となった立命館宇治ですが、直後の5回裏。

2死走者無しから、3番・寺田選手がセンターへの二塁打で出塁し、4番・藤原選手がレフト前へこの試合3打点目となるタイムリーヒットを放ち、3-6とその差を3点差に詰めて前半5回を終えます。

藤原選手のタイムリーヒット

藤原選手のタイムリーヒット

しかし乙訓の勢いは止まりません。
6回表、先頭9番・大上選手がヒットで出塁すると、続く1番・吉田選手がレフトオーバーの二塁打で1点を追加すると、1死後、3番・宮田選手がレフト前へタイムリーヒットを放ち8-3としたところで、立命館宇治は玉田投手に代えて、背番号10の栗山投手をマウンドへ送ります。

吉田選手のタイムリー2塁打で大上選手が7点目のホームイン

吉田選手のタイムリー2塁打で大上選手が7点目のホームイン

立命館宇治の栗山投手

立命館宇治の栗山投手

直後の6回裏、立命館宇治も攻撃の手を休めません。

1死後、7番・荒木選手がセンター前へ、続く村井選手もレフト前へ連打が出ると、栗山選手が送り、2死23塁となったところで、乙訓も背番号10の左腕、冨山投手へ継投します。

乙訓2番手の冨山投手

乙訓2番手の冨山投手

このピンチに、冨山投手は長谷川選手をセンターフライに打ち取ると、直後の7回表、乙訓は先頭7番・松本選手が死球で出塁すると、ヒットや四球で1死満塁とすると、2番・横山選手がレフトスタンドへ満塁ホームラン!
12-3と大きくリードを広げます。

満塁ホームランの横山選手

満塁ホームランの横山選手

さらに四球やヒットで1死満塁となると、6番・池田選手がレフト前ヒットを放ち、13-3と大きくリードを広げます。

タイムリーヒットの池田選手

タイムリーヒットの池田選手

4点以上を取らなければコールドゲームが成立する立命館宇治。

7回裏、先頭2番・今堀選手が四球で出塁すると、寺田選手のレフト前ヒット等で無死満塁とします。

ここで5番・太田選手が投手強襲安打で1点を返し、4-13とします。

太田選手のタイムリー安打

太田選手のタイムリー安打

勢い止まらない立命館宇治は続く井上選手もレフト前へヒットを放ち、5-13とします。

荒木選手のタイムリーヒット

荒木選手のタイムリーヒット

この後荒木選手の併殺打の間にもう1点を追加しますが、立命館宇治の反撃もここまで。
13-6で7点差をつけ、乙訓が7回コールド勝ちを納めました。

まず敗れた立命館宇治から。
まさかの展開。
序盤のゲームの入り方から、逆の展開はあっても、この一方的な敗戦は意外の一言。

春から夏に向けて、潜在能力は高いチームだと思いますので、あの3回のワンプレーからまるで別人のように打ち込まれてしまった玉田投手はじめ、メンタル面での強化を期待したいと思います。

7回裏のコールドゲームを意地でも阻止するといわんばかりの、集中打はこのチームの強みの一つ。
攻撃力の高さは秋3試合観戦し、感じたところですので、ディフェンス面でのさらなる成長を期待したいと思います。

勝った乙訓。
実は、同志社国際戦の後、立命館宇治と鳥羽の試合を、乙訓の関係者の方が目前で観戦されていました。

「当たらなくてよかった・・・」

そうこぼしていらっしゃったのを覚えています。
失礼ながら、私も立命館宇治の方が、乙訓よりも勝算があると思っていましたが見事な集中力で、まさかの「圧勝」となりました。

特に試合中盤以降は、完全に乙訓がゲームを支配。

前チームの上野投手のような大型選手は見当たりませんが、チーム一丸となっての見事な戦いっぷり。
新生乙訓、これからも注目をしていきたいと思います。

勝利にわく乙訓ナイン

勝利にわく乙訓ナイン

乙訓
002 132 5=13
200 010 3=6
立命館宇治

乙訓が7回コールド勝ち!

乙 川畑、冨山 - 牧
立 玉田、栗山 - 藤原

乙 H16 E0
立 H10 E1

本塁打
乙 横山④

 

【打撃成績】
乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 吉田 空振三振 左二塁打(1) 四球
二盗
左越二塁打(1) 四球
8 横山 一ゴロ 左前安打
失策(1)
遊ゴロ 空振三振 左越本塁打(4)
7 宮田 空振三振 死球 右前安打(1) 左前安打(1) 四球
3 大宅 遊ゴロ 空振三振 四球 (栗)二飛 左前安打
2 牧 遊ゴロ 左前安打 投前犠打 左前安打 三安打
5 池田 空振三振 一前犠打 二安打(1) 中飛 左前安打(1)
4 松本 死球 二安打 左前安打(1) 死球 中飛
1 川畑 一前犠打 遊ゴロ(1) パスボール
投ゴロ
1 冨山 空振三振 空振三振
6 大上 見逃三振 見逃三振 安打 一安打

立命館宇治

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 長谷川 中前安打 四球 遊飛 (冨)中飛
5 今堀 四球 右飛 二ゴロ 四球
8 寺田 一前犠打 遊ゴロ 中二塁打 左前安打
2 藤原 中前安打(2) 三振 左前安打(1) 四球
7 太田 投ゴロ 中前安打
二盗
右飛 投強襲安打(1)
3 井上 四球 遊ゴロ 三振 左前安打(1)
4 荒木 三邪飛 遊ゴロ 中前安打 遊ゴロ併殺打(1)
9 村井 三ゴロ 右飛 左前安打 二直
1 玉田 左飛 遊ゴロ 投前犠打


【投手成績】

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
川畑 5 2/3 7 3 2 3 3
冨山 1 1/3 3 2 0 3 3

立命館宇治

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
玉田 5 1/3 10 4 7 8 7
栗山 1 2/3 6 3 2 5 5

[ 一次戦 ] 乙訓 VS 同志社国際

2016年9月11日、秋季京都大会一次戦敗者復活戦
Dゾーン第二代表決定戦

立命館宇治グラウンド

【スタメン】
※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。

ゾーン2位での二次戦進出を狙う乙訓と、同志社国際の対決。
まず守る乙訓は背番号10の左腕・富山投手が先発。

乙訓先発の富山投手

乙訓先発の富山投手

1回表、同志社国際は三振を一つ含む三者凡退と、富山投手が上々の立ち上がりを見せます。

対する同志社国際は背番号9の左腕・小倉投手が先発。

同志社国際先発の小倉投手

同志社国際先発の小倉投手

1回裏の乙訓は、1死から背番号4の選手が四球で出塁すると、2死後、二盗、その際にキャッチャーからの送球が外野にそれる間に3塁まで進みます。
さらに4番・背番号3の選手も四球と二盗を成功させ2死23塁と先制のチャンスを作りますが、5番・牧選手がセンターフライに倒れ無得点に終わります。

続く2回裏、乙訓は先頭6番・背番号7の選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く7番・背番号8の選手が四球でつなぎ、8番・富山選手の打席、カウント0ボール1ストライクからボークが宣告され無死23塁のチャンスを作ります。

富山選手は空振三振に終わりますが、続く9番・背番号6の選手のサードゴロの間に、背番号7の選手が還り1点を先制します。

乙訓先制のシーン

乙訓先制のシーン

さらに2死3塁の場面で、1番・背番号9の選手が四球でつなぐと、2番・背番号4の選手の打席でダブルスチールを決めさらに1点を追加。
2回を終わって2-0と乙訓がリードする展開になります。

ダブルスチールで乙訓が追加点

ダブルスチールで乙訓が追加点

3回裏の乙訓の攻撃から、同志社国際はエースナンバーの江上投手へ継投します。

同志社国際エース右腕の江上投手

同志社国際エース右腕の江上投手

その代わり端、乙訓は先頭4番・背番号3の選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、続く5番・牧選手もレフト前ヒットでつなぐと、犠打で1死満塁とします。

このチャンスで7番・背番号8の選手がライト前ヒットで1点を追加(セカンドランナーはホームでタッチアウト)し、3-0とリードを広げます。

タイムリーヒットの背番号8の選手

タイムリーヒットの背番号8の選手

徐々にその差を広げる乙訓は、続く4回裏も先頭9番・背番号6の選手がレフト前ヒットで出塁すると、盗塁や四球で2死23塁とし、4番・背番号3の選手が打席の時にパスボールで1点を追加し4-0とします。

同志社国際は5回裏から、背番号6のディギンズ投手へ継投します。

同志社国際ディギンズ投手

同志社国際ディギンズ投手

同志社国際は前戦・京都産業大附戦では打線好調でしたが、この試合、5回を終わってノーヒットと、乙訓の富山投手を捉えることが出来ないまま、前半戦を終わります。

グラウンド整備明けた6回表。
同志社国際は打順よく1番・ ディギンズ選手からの攻撃。
サードゴロで1死となりますが、2番・背番号4の選手がセンター前にチーム初ヒットを放ち、盗塁で2塁まで進みますが後続続かず無得点に終わります。

チーム初安打を放った背番号4の選手

チーム初安打を放った背番号4の選手

直後の6回裏の乙訓。

先頭8番・背番号10の選手がセンター前ヒットで出塁、犠打で1死2塁とすると、1番・背番号9の選手が右中間を破るタイムリー三塁打を放ち5-0とリードを広げます。

タイムリー3塁打の背番号9の選手

タイムリー3塁打の背番号9の選手

さらに続く背番号4の選手もセンター前へ弾き返し6-0とします。

背番号4の選手がタイムリーヒット

背番号4の選手がタイムリーヒット

この後さらに連続死球で1死満塁とし、コールドゲームがちらつく展開となりますが、ここは同志社国際踏ん張り、さらなる追加点は許しません。

その直後でした。
7回表、同志社国際は先頭5番の江上選手がセンターオーバーの三塁打で出塁します。

三塁打の江上選手

三塁打の江上選手

しかし同志社国際は後続が続かずに、絶好の反撃機を逃し無得点に終わります。

試合6-0のまま9回表の同志社国際の攻撃を迎えるも、三者凡退に倒れ試合終了。
乙訓が勝ち、二次戦に進出を決めました。

試合終了後の整列

試合終了後の整列

まず勝った乙訓。
前チーム、去年のこの時期は上野投手はじめ、昨夏ベスト4のメンバーが残り前評判が高かったですが、まさかの一次戦敗退。
続く春、夏も一つ調子に乗り切れないまま不完全燃焼のシーズンだったと思います。

新チーム、シンボルだった緑色のユニフォームからデザインも一新し、身も心も心機一転。
先発した富山投手は背番号10ですが、キレよく変化球も決まり、被安打3、奪三振7つで見事に完封勝利。

打線もチャンスを確実にモノにし、危なげない展開で勝利しました。
まだまだこれからのチームだと思いますが、一戦一戦成長し、二次戦でも台風の目になって欲しいと思います。

そして敗れた同志社国際はこれが今チーム2試合目の観戦となりましたが、今チーム、非常に面白い存在だと思います。

投手は3人。
江上、ディギンズ、小倉の3投手はそれぞれ球威もありますし、一冬を上手く過ごせば春、夏と京都を沸かす存在になりえる潜在能力があると思います。

秋は残念ながら一次戦での敗退が決まりましたが、今チームの同志社国際、これからも注目をしていきたいと思います。

同志社国際
000 000 000=0
021 102 00x=6
乙訓

同 9小倉、1江上、6ディギンズ
乙 10富山

同 H3 E1
乙 H9 E2

【打撃成績】
同志社国際

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 ディギンズ 空振三振 空振三振 三ゴロ 右飛
背番号4 遊ゴロ 二ゴロ 中前安打
二盗
遊ゴロ
背番号3 遊ゴロ Gルールアウト 見逃三振 空振三振
背番号8 二ゴロ失
二盗
空振三振 遊ゴロ 中飛
1 江上 右飛 見逃三振 中越三塁打 三ゴロ
9 小倉 空振三振 Gルールアウト Gルールアウト 中飛
背番号7 二ゴロ 四球 左飛
2 江口 Gルールアウト 二ゴロ失 遊ゴロ
背番号10 死球
牽制死
三ゴロ 中前安打

乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
背番号9 空振三振 四球
二盗
中飛 右中間三塁打(1) 遊ゴロ失
背番号4 四球
二盗
四球 四球 中前安打(1) 中飛
背番号5 空振三振 パスボール
空振三振
三前犠打 死球 二飛
背番号3 四球
二盗
(江)二安打 パスボール(1)
中飛
死球 中飛
2 牧 中飛 左前安打 (デ)中飛 Gルールアウト 四球
背番号7 中前安打 投前犠打 遊ゴロ 中飛 左前安打
背番号8 四球 右前安打(1) 二ゴロ 三ゴロ 遊ゴロ
10 富山 ボーク
空振三振
空振三振 中前安打 空振三振
背番号6 三ゴロ(1)
本盗(1)
左前安打
二盗
投前犠打
背番号16 四球
二盗


【投手成績】

同志社国際

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小倉 2 1 5 4 2 2
江上 2 4 1 1 2 2
ディギンズ 4 4 4 1 2 2

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
富山 9 3 2 7 0 0

北桑田 VS 乙訓

2015年9月12日、秋季京都大会1次戦Dゾーン敗者復活2位決定戦

乙訓高校グラウンド

【スタメン】※一般に発表されていないため不明

乙訓のエースナンバー

乙訓のエースナンバー

まず守る乙訓は背番号1はプロ注目の上野投手ではありません。
噂されるとおり故障であれば、しっかりと治して戻ってきて欲しいです。

初回は内野安打をきっかけに無死2塁のピンチを迎えますが、4番を打ち取りまず1回表、北桑田は無得点に終わります。

北桑田先発のエース右腕

北桑田先発のエース右腕

夏の北桑田には小東投手という好投手がいましたが、この新チームにも好投手がいると聞いていましたので楽しみにしていました。
野球強化校でもないのに、このチームは選手の能力が凄いですね。

1回裏、乙訓は2死走者無しから右中間を破る3塁打が出ましたが、4番打者が凡退し両チーム、初回は無得点に終わります。

3回表、北桑田はこの回先頭の8番打者がライト前ヒットで出塁すると、続く打者が犠打で1死2塁としますが、走塁ミスで結果3人で攻撃を終えます。

直後の3回裏、乙訓は1死から、9番打者、1番打者が連続四球で12塁のチャンス。
さらに送って2死23塁でクリーンアップを迎えますが内野ゴロでチャンスをモノにすることが出来ません。

5回も両チームとも四球絡みでランナーを得点圏に送りますが、チャンスで1本が出ず前半5回を終了して0-0の投手戦となりました。

両者決め手なく進む展開で7回裏でした。
乙訓は5番打者からの攻撃。
四球でノーアウトのランナーを出すと、犠打などで2死3塁とチャンスを作ります。しかしここは8番打者が空振り三振に倒れ乙訓は先制のチャンスを逃します。

両チームのエース投手が好投する展開になったこのゲーム、9回表の北桑田は3番打者からの攻撃。
ここでなんと3連続四死球で無死満塁のビッグチャンスが訪れます。

ピンチにマウンドに集まる乙訓ナイン

ピンチにマウンドに集まる乙訓ナイン

ここで打席は6番打者の投手。
打球はレフト線を破るタイムリー2塁打となり、北桑田が土壇場で2-0とリードします。

2点タイムリー2塁打の場面

2点タイムリー2塁打の場面

なお無死23塁となりますが、スクイズ失敗などで追加点は奪えません。

追い詰められた乙訓。
今夏はベスト4まで勝ち進んだ公立の上位常連チームですがラストバッターからの攻撃、三者凡退に終わり、そのまま2-0で北桑田が勝って2次戦に駒を進めました。

グラウンドの形状、試合前の北桑田バッテリーの投球練習を間近で見学させていただきましたが、両者体格もよく、この新チームもバッテリーを中心になかなかの好チームだと感じました。
(この試合は捕手が4番を打っていました)

三振は数える限り3つか4つ。
与えた四死球は5つと少し大目。
被安打は3つで幾度かピンチもありましたが、夏4強のメンバーも残る乙訓に最後まで的を絞らせませんでした。

塔南、乙訓といった公立の強豪ゾーンが集まったグループを、2位で見事勝ち残ったわけですから、胸を張って2次戦も戦って欲しいと思います。

対する乙訓。
個人的にあまり秋に強いイメージはなく、夏に向ってチームが成長する印象ですが、それでもまさかの1次戦での敗退となりました。

しかし冬を越せば上野投手も戻ってくるでしょうし、能力の高い(この試合のエースナンバーの投手も数える限り7つの奪三振に、被安打も5と文句のない内容でした。)選手も多いチーム。

乙訓にしては長い冬になりましたが、ぜひここから這い上がって、悲願の甲子園にたどり着けるチームになって欲しいと思っています。

北桑田 000 000 002=2
乙   訓 000 000 000=0

桑 H5
乙 H3

[ 準決勝 ]鳥羽 VS 乙訓

2015年7月26日、夏季京都大会準決勝

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

乙訓

9 坂田望
6 浅堀
8 岩田
2 土井
4 西郷
5 山根
3 松川
1 上野
7 国領

鳥羽

7 田淵
5 岩切
8 伊那
3 小薗
2 梅谷
6 南
4 中嶋
9 宮西
1 山田

鳥羽の先発はエースナンバーの松尾投手でなく2番手の山田投手。

鳥羽先発の山田投手

鳥羽先発の山田投手

1回表の乙訓は2番の浅堀選手を四球で出しますが、併殺打で結果3人で攻撃を終えます。

その直後の鳥羽の攻撃。
乙訓の先発はここにきて、来年のドラフト候補として京都では話題の選手の一人、上野投手。

乙訓の2年生エース上野投手

乙訓の2年生エース上野投手

上野投手をチェックできるのは、春の福知山成美戦以来なので凄く楽しみです。

前日の塔南戦は、第三試合以降はテレビで観戦しており、直接見れませんでしたがかなり重くて速いストレートが身についてきたように感じます。

しかし、今日は立ち上がりピリッとしません。
ヒットと犠打でいきなり1死13塁のピンチを招くと、鳥羽4番の小薗選手にレフト前にタイムリーを打たれ、1点を失います。

この後も梅谷選手、中嶋選手のタイムリーを打たれ、上野投手は1回で被安打7、3失点でマウンドを降ります。

3点目のタイムリーの中嶋選手

3点目のタイムリーの中嶋選手

2回裏から乙訓は2番手の坂田翼投手がマウンドへ。

乙訓2番手の坂田投手

乙訓2番手の坂田投手

しかし、2回裏も1死12塁から主砲の小薗選手がレフト線に走者一掃のタイムリー2塁打で2点を追加。
序盤から「府立頂上決戦」を期待していましたが、まさかの大量リード体勢に入ります。

走者一掃のタイムリーを放った小薗選手

走者一掃のタイムリーを放った小薗選手

さらに梅谷選手がライト前タイムリーで6点目。

6点目のタイムリーを放った梅谷選手

6点目のタイムリーを放った梅谷選手

さらにこの回、中嶋選手のタイムリーで7-0と鳥羽が大量リード体勢に入ります。

タイムリーの後、3塁まで進む中嶋選手

タイムリーの後、3塁まで進む中嶋選手

3回裏から乙訓は早くも3人目の投手、高見投手がマウンドへ。

乙訓3番手の高見投手

乙訓3番手の高見投手

しかし、替わった直後も鳥羽の攻撃を止めることができません。
先頭の山田選手にセンターオーバーの2塁打を打たれると、続く田淵選手にはセーフティーバントを決められ無死13塁とまたも鳥羽がチャンスを拡大します。

ここで小薗選手がセンターへ犠牲フライを放ち8-0とさらに鳥羽がリードを広げます。

鳥羽8点目のシーン

鳥羽8点目のシーン

一方的な展開になりつつあった、5回表の乙訓。
2死走者無しから、9番の国領選手がセンターへ2塁打を放ち、一矢を報います。

乙訓の国領選手

乙訓の国領選手

この後、連続四球で2死満塁とチャンスを得ますが、岩田選手が三振に倒れ、乙訓またも無得点に終わります。

管理人は5回で時間切れのため、球場を後にしましたが、結局このまま7回表の乙訓の攻撃含め、両チームゼロを刻み、8-0で鳥羽が7回コールド勝ちで決勝へ駒を進めました。

2年前の福知山成美に決勝で敗れたとき以来の快挙ですね。

あの時新入部員だった現3年生が中心となった鳥羽高校。
久しぶりの夏の甲子園の舞台まであと一つ!

一方敗れた乙訓。
個人的には乙訓が甲子園に行くのでは?と途中から思っていました。
しかし、またしてもその夢はついえました。

しかし、エースの上野投手や西郷選手など主力も次チームに残留します。
市川、染田コンビもそろそろハマってくると思います。
秋以降の飛躍に期待したいチームの一つです。

乙訓 000 000 0=0
鳥羽 341 000 x=8

乙訓 VS 京教大付

2015年7月12日、夏季京都大会一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

京教大付

4 吉川
3 橋本
8 向田
5 新子
7 城戸
6 金井
2 西村
1 酒谷
9 黒川

乙訓

9 坂田
6 浅堀
8 岩田
2 土井
4 西郷
5 山根
3 松川
1 二階堂
7 國領

乙訓先発の二階堂選手

乙訓先発の二階堂選手

春は背番号1だったと記憶していますが、10番を背負った二階堂投手が先発。
いきなり2奪三振で三者凡退。上々の立ち上がりを見せます。

京教大付先発の酒谷投手

京教大付先発の酒谷投手

背番号4をつけた酒谷投手が先発。
いきなり1死13塁と乙訓は攻めると、4番土井選手がセンターオーバーに走者一掃のタイムリー2塁打を放ち、乙訓が2-0とリードします。

先制タイムリーの土井選手

先制タイムリーの土井選手

この回さらに、山根選手のタイムリー。
二階堂選手の犠牲フライで2点を追加し、1回終えて4-0と乙訓がリードを広げます。

乙訓は2回裏も相手ミスからチャンスを作ると、またも土井選手のタイムリーなどで2点を追加。
さらにチャンスを広げ1死満塁から松川選手の犠牲フライでこの回3点目。
一気に7-0と大量リード体勢に入ります。

乙訓7点目のホームイン

乙訓7点目のホームイン

3回表の京教大付は西村選手が敵失で出塁すると、初めて3塁まで進みますが無得点に終わります。

京教大付の西村選手

京教大付の西村選手

3回裏の乙訓はまたもビッグチャンス。
無死満塁と攻め、3番岩田選手の時にパスボールでまず一点。
さらに自身もレフト前にタイムリーで9-0とリードを広げます。

8点目のホームを踏む乙訓國領選手

8点目のホームを踏む乙訓國領選手

この後、4番の土井選手、5番の西郷選手にもタイムリーが飛び出し、この回4点。
11-0と乙訓が大量リードする展開になります。

京教大付は奥村投手と交代します。

京教大付2番手の奥村投手

京教大付2番手の奥村投手

乙訓は4回表から坂田翼投手がマウンドに上がります。

乙訓2番手は坂田投手

乙訓2番手は坂田投手

4回表の教育大付は三者凡退に終わります。

そしてゲームは11点差のまま5回表へ。
2点を教育大付が取れなければそのままコールドゲームが成立してしまいます。

乙訓は3番手に高見投手をマウンドへ。

乙訓3番手の高見投手

乙訓3番手の高見投手

教育大付属ここまでノーヒットでしたが、1死後、金井選手がライト前にヒットを放ち、チーム初安打を記録。
さらに西村選手も連打で続き、1死12塁とチャンスを作ります。

ヒットで出塁の西村選手

ヒットで出塁の西村選手

しかし、反撃もここまで。
後続を断たれ、11-0のまま5回コールドゲームで乙訓が初戦を突破しました。
ノーシードといえ、今大会も優勝候補に名前があがってくるチームとしては上々の初戦となりました。

一方の教育大付。
敗れはしましたが、先発の酒谷投手も力のこもったストレートを投げ、奮闘したと思います。

部員の少ないチームですが、優勝候補相手に真正面から立ち向かう姿は素晴らしかったです。

ゲームセット

ゲームセット

京教大付 000 00=0
乙  訓 434 0x=11

福知山成美 VS 乙訓

2015年5月3日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

福知山成美

7 田井中
4 大内
8 矢野
2 西元
9 植村
6 岡本
3 辻上
1 大村
5 近藤

乙訓

7 橋本
8 岩田
2 土井
5 山根
4 松川
3 加藤
9 坂田
6 浅掘
1 上野

この両チームの対決は、昨夏のベスト8をかけた一戦の再来。
実力チーム同士の対決だけに楽しみです。

乙訓と言えば、この春から前北稜監督で、鳥羽時代に甲子園に出られている市川監督が就任され、さらに元横浜ベイスターズのドラフト1位染田投手がなんとコーチとして就任されたということで注目しています。

自信ないですが染田さん?違うコーチ?

自信ないですが染田さん?違うコーチ?

試合は乙訓が上野投手、福知山成美が大村投手。
両エース投手同士でスタートします。

乙訓エースの上野投手

乙訓エースの上野投手

福知山成美エースの大村投手

福知山成美エースの大村投手 

ゲームは初回、田井中選手、大内選手が連続三振に倒れますが、矢野選手がライト前ヒットで出塁後、福知山成美の主砲西元選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打で先制します。

先制タイムリーでセカンドベース上の西元選手

先制タイムリーでセカンドベース上の西元選手

続く2回表も福知山成美打線が爆発。
1死後、辻上選手がレフト前にヒットで出塁、大村投手四球で1死12塁とし、近藤選手がライト線へ走者一掃のタイムリー3塁打で2点追加を追加します。

福知山成美3点目のシーン

福知山成美3点目のシーン

その後、田井内選手がライト前タイムリーで4点目
さらに矢野選手がレフトスタンドへ2ランホームランでこの回一気に5点を追加します。

ホームランの矢野選手

ホームランの矢野選手

対する乙訓は、初回こそヒットのランナーを出すものの、2回、3回と2つづつ三振を喫し、無得点。
序盤から福知山成美のペースでゲームが進みます。

3回、4回と抑えられていた成美打線ですが、5回表再び、打線が繋がります。

矢野選手が内野ゴロエラーで出塁、ここで、強打の成美が4番西元選手に犠打のサインで1死2塁とします。
続く植村選手は倒れますが2死後、矢野選手が三盗、続く岡本選手四球で2死13塁とします。

ここで辻上選手がセンターオーバーの走者一掃のタイムリー2塁打を放ちさらに2点を追加。前半で8-0と大きくリードを広げます。

走者一掃タイムリーの辻上選手

走者一掃タイムリーの辻上選手

一方的な展開になりかけていた乙訓ですが、後半になりやや疲れも見えかけた大村投手を6回裏にようやく掴まえます。

先頭の橋本選手がセンター前にヒット、続く岩田選手もライト前ヒットで無死12塁とチャンスを作ります。
3番土井選手は併殺打で2死3塁となりますが、ここでバッテリーミスがあり1点を返します。

バッテリーエラーで生還する橋本選手

バッテリーエラーで生還する橋本選手

さらに山根選手がライト前ヒット後、松川選手がレフトスタンドへ2ランホームランで一気に3点を返します。

ホームランの松川選手

ホームランの松川選手

乙訓は8回表からエースナンバーの二階堂投手がマウンドへあがります。

二番手の二階堂投手

二番手の二階堂投手

すると先頭の大村投手がライト前にヒット、途中から入った立澤くんが犠打で1死2塁とします。2死後、同じく途中出場の山下選手が右中間破るタイムリー2塁打で1点を追加します。

2塁打の山下選手

2塁打の山下選手

試合はこのままゲームセット。
福知山成美が2年前の秋季大会準優勝以来、ベスト8へ進出。
夏のシード権を獲得しました。

福知山成美は相手のミスではなく、力づくで骨っぽい相手をねじ伏せた印象で復活へ虎視眈々と力を付けてきているように思えました。
成美が低迷してから、京都では龍谷大平安の独走態勢に入ったように思えます。
やはり、強力なライバルあってこそ盛り上がりますので、成美にはこれから先も期待したいと思います。

乙訓はコールドかと思ったゲームでしたが終盤、やや疲れが見えた大村投手を捉えたあたり、隙を見せると畳み掛けてくる姿勢はさすが京都の上位常連チーム。

まだ市川・染田体勢になって日も浅く、本当に「イズム」が定着するのはまだまだ先でしょうが、これからも注目したいチームです。

成美 150 020 010=9
乙訓 000 003 000=3