Category Archives: 京都翔英

[ 決勝 ] 東山 VS 京都翔英

2016年10月9日、秋季京都大会決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

スターティングメンバー

京都翔英

9 新田広
7 田中
6 阿部
2 川本
7 新田大
3 岡田
5 大谷
4 瓜田
1 高田

東山

3 田中
8 宮口
9 増田
5 長谷川
7 高倉
6 村井
2 大杉
1 小山
4 木村

22年ぶりの優勝を目指す東山。

この秋、目だった東山試合前の「儀式」

この秋、目だった東山試合前の「儀式」

4年ぶりの優勝。
さらには2016年の春、夏、秋と3シーズン連続での京都チャンピオンを目指す京都翔英の決勝戦。

いつもと異なり、試合前に円陣組む翔英ナイン

いつもと異なり、試合前に円陣組む翔英ナイン

まず守る東山は1年生右腕・背番号10の小山投手が先発します。

東山先発の小山投手

東山先発の小山投手

1回表の京都翔英。

2死走者無しから、 阿部選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く川本選手もライト前ヒットを放ちますが、阿部選手が三塁を狙いタッチアウト。
チャンスを広げることができません。

替わって守りにつく京都翔英は、背番号11。
右横手投げの高田投手が先発。

京都翔英先発の高田投手

京都翔英先発の高田投手

1回裏の東山の攻撃は三者凡退と、高田投手、上々の立ち上がりを見せます。

2回表も京都翔英は先頭、5番・新田大選手のセンター前ヒットなど、2本のヒットが出ますが、攻撃がちぐはぐで無得点に終わります。

すると直後の2回裏の東山。

先頭・4番の長谷川選手が四球で出塁すると、連続内野ゴロで3塁まで進み、2死13塁と先制のチャンスを広げますが、8番・小山選手がライトフライに倒れ無得点に終わります。

3塁へ進塁した長谷川選手

3塁へ進塁した長谷川選手 

東山は4回、5回もチャンスを作りますが、あと一本が出ずに無得点。
対する京都翔英は、3回、4回、5回は無安打と、東山の小山投手に上手くかわされたまま、両チーム無得点で前半の5回を終了します。

6回裏の東山の攻撃から、京都翔英は2番手に背番号10、左腕の坂田投手を送ります。

翔英2番手の坂田投手

翔英2番手の坂田投手 

代わり端、先頭3番・増田選手がセンター前ヒットを放つと、犠打と内野ゴロで2死3塁としますが、村井選手がサードゴロに倒れ、東山またもチャンスを生かすことができません。

3塁まで進んだ増田選手

3塁まで進んだ増田選手

好投を続ける、東山の小山投手でしたが、7回表・ 京都翔英、1死走者無しから、5番・新田大選手に投手強襲ゴロで、一時ベンチに下がり治療を受けますが、7回を投げきり被安打5、与四死球1つ、無失点と素晴らしい投球内容を見せてくれます。

依然0-0のまま迎えた7回裏・東山。

2死走者無しから9番・木村選手が死球で出塁すると、1番・田中選手が劇的なレフトオーバーの本塁打を放ち2点を先します。

先制ホームランの田中選手

先制ホームランの田中選手

8回表の京都翔英の攻撃から、東山はエース金和投手へ継投。

代わり端、三者凡退に抑えます。

東山エースの金和投手

東山エースの金和投手

対する翔英も、8回裏からエース内橋投手が登板し、三者凡退と2-0のまま、最終回の京都翔英の攻撃を迎えます。

翔英エースの内橋投手

翔英エースの内橋投手

9回表の京都翔英。

先頭2番・田中選手がセンター前ヒットで出塁します。

ヒットで出塁の翔英、田中選手

ヒットで出塁の翔英、田中選手

この場面で、東山はマウンドで円陣を組み、気合を入れ直します。

東山マウンドで円陣

東山マウンドで円陣

2死から5番・新田大選手がライト前へヒットを放ち、12塁と同点のランナーを出しますが、翔英の攻撃はここまで。
最後は岡田選手がセンターフライに終わり無得点に終わり試合終了。

東山が22年部ぶり9回目の優勝を飾りました。

優勝が決まり、歓喜にわく東山ナイン

優勝が決まり、歓喜にわく東山ナイン

田中選手の一振りで投手戦になった決勝戦は幕を閉じました。
前チームの原投手、主砲・安田選手のような投打の絶対的な軸があったチームではなかったと思いますが、チーム力の高さが際立った東山が久しぶりに京都の頂点に立ちました。

1年生の小山投手も、序盤こそ翔英打線に捉えられていましたが、3回以降はほぼ完璧な投球内容。
奪三振0ですが、完全に翔英打線が打たされていました。

そして京都翔英。
夏の甲子園に出場したため、新チーム結成が遅れましたが、甲子園経験メンバーも残り相変わらず高いチーム力、打撃力を見せてくれました。

この後、両チームとも、それぞれ兵庫2位の報徳学園、奈良1位の智辯学園に近畿大会初戦で敗れたため、来春センバツはほぼ絶望となりましたが、まだまだ伸びしろのあるチームだと思いますので、厳しい冬を乗り切り、さらにパワーアップした姿を両チームとも来春に見れることを期待しています。

京都翔英
000 000 000=0
000 000 20x=2
東山

翔 高田、坂田、内橋 - 川本
東 小山、金和 - 大杉

翔 H7 E2
東 H7 E0

本塁打
東 田中②

【打撃成績】
京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 新田広 一直 右飛 中飛 右飛
7 田中 右飛 四球 中飛 中前安打
6 阿部 中前安打 一ゴロ 中飛 空振三振
2 川本 右前安打 二飛 二ゴロ 中飛
7 新田大 中前安打 二ゴロ 投ゴロ 右前安打
3 岡田 二ゴロ併殺打 二ゴロ 右前安打 中飛
5 大谷 左前安打 遊ゴロ 投飛
4 瓜田 遊直 遊飛 (金)三振
1 高田 右飛
H 野口 左飛
1 坂田
H 林ヶ谷 遊飛
1 内橋

東山

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
3 田中 三ゴロ 中前安打
二盗
左前安打 左越本塁打(2)
8 宮口 三邪飛 見逃三振 遊ゴロ 捕ゴロ
9 増田 中飛 左飛 中前安打 (内)二ゴロ
5 長谷川 四球 左前安打 投前犠打 二ゴロ失
7 高倉 二ゴロ 捕ゴロ併殺打 遊ゴロ 遊ゴロ併殺打
6 村井 二ゴロ 左前安打 三ゴロ
2 大杉 死球 牽制悪送球
空振三振
左飛
1 小山 右飛 (坂)一ゴロ
H 大西 空振三振
1 金和
4 木村 三飛 右前安打 死球


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
高田 4 3 2 2 0 0
坂田 4 4 1 1 2 2
内橋 1 0 0 0 0 0

東山

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小山 7 5 1 0 0 0
金和 2 2 0 2 0 0

[ 準決勝 ] 京都翔英 VS 乙訓

2016年10月8日、秋季京都大会準決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

スターティングメンバー

京都翔英

9 新田広
7 田中
6 阿部
2 川本
7 新田大
3 岡田
5 大谷
4 山本
1 内橋

乙訓

9 吉田
8 横山
5 池田
3 大宅
2 牧
7 宮田
4 松本
1 冨山
6 大上

初優勝し、センバツに出場した2012年の以来、秋季大会の決勝進出がかかり、そして浅井監督就任後、春季大会、夏の大会と京都では無敗が続く京都翔英と、秋は初の決勝進出を目指す公立の乙訓の対戦。

まず守る乙訓は背番号10の左腕、冨山投手。

乙訓先発の冨山投手

乙訓先発の冨山投手

1回表の京都翔英は、2死から3番・阿部選手がライト線にヒットで出塁しますが、後続続かず無得点に終わります。

ヒットの阿部選手

ヒットの阿部選手

替わって守りにつく京都翔英は、エース内橋投手が先発。

翔英エースの内橋投手

翔英エースの内橋投手

1回裏の乙訓。

先頭の吉田選手がセンターへヒット、さらに翔英の守備の乱れをつき、2塁へ進塁。無死2塁とチャンスを作ります。

続く横山選手が犠打で送ると、3番池田選手がセンターへ犠牲フライを放ち、1点を先制します。

吉田選手が先制のホームイン

吉田選手が先制のホームイン

1点を追う展開になった京都翔英は、直後の2回表。

先頭5番・新田大選手が四球で出塁すると、岡田選手がセンター前ヒットでチャンスを広げると、犠打で1死23塁と一打逆転のチャンス。

三塁へ進んだ新田大選手

三塁へ進んだ新田大選手

ここですかさず、 山本選手のセカンドゴロの間に同点に追いつきます。

新田大選手が同点のホームイン

新田大選手が同点のホームイン

さらに2死3塁の場面で9番・内橋選手がファーストへの強襲ヒットを放ち田中選手が勝ち越しのホームイン。
2-1と翔英が逆転に成功します。

タイムリーヒットの内橋選手

タイムリーヒットの内橋選手

1点リードのまま迎えた5回表の京都翔英。

先頭9番・内橋選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、1死後、2番・田中選手が左中間を破る二塁打を放ち1死23塁と絶好の追加点のチャンスを作ります。

二塁打の田中選手

二塁打の田中選手

しかしこのチャンスで、期待の3番・阿部選手、4番・川本選手が凡退し無得点に終わり2-1のまま前半5回を終了します。

5回裏に冨山投手に代打(伊佐選手)が送られていましたので、6回表から、乙訓はエース右腕の川畑選手がマウンドへ上がります。

乙訓のエース川畑投手

乙訓のエース川畑投手

次の1点が重要になったこの試合、動いたのは7回表の京都翔英。

先頭8番・山本選手がライトオーバーの三塁打で出塁します。

三塁打の山本選手

三塁打の山本選手

ここで翔英は内橋投手に代えて、背番号19の林ヶ谷選手を代打に送り、期待に応えライト前へタイムリーヒット。
3-1と2点差にリードを広げます。

代打、林ヶ谷選手のタイムリーヒット

代打、林ヶ谷選手のタイムリーヒット

直後の7回裏の乙訓の攻撃から、翔英はショートの阿部選手がマウンドへあがります。

翔英抑えの阿部選手

翔英抑えの阿部選手

8回表、京都翔英は先頭4番・川本選手がライト前ヒットで出塁すると、続く新田大選手の投手前犠打を、川畑投手がファーストへ暴投し無死23塁と絶好の追加点のチャンスを作ります。

三塁へ進む主砲・川本選手

三塁へ進む主砲・川本選手

しかしこの絶好のチャンスで、翔英は後続続かず無得点に終わります。

すると、直後の8回裏の乙訓。

1死から1番・吉田選手がレフト前ヒットで出塁すると、2死から3番・池田選手がレフトオーバーの二塁打で吉田選手がホームイン。
2-3と1点差に迫ります。

タイムリー2塁打の池田選手

タイムリー2塁打の池田選手

試合はジリジリと乙訓の流れへ。

9回裏の乙訓。

先頭の6番・宮田選手がレフト前ヒットで出塁します。

ヒットで出塁の宮田選手

ヒットで出塁の宮田選手

ここで送るかと思われた乙訓は積極的な攻撃。
続く松本選手には強行策。さらにランナーもスタートを切って、一気に勝負を決めにかかりますが、打球は無常にもショート正面に。

併殺打に倒れ、そのまま試合終了。
京都翔英が3-2で決勝進出と、近畿大会への進出を決めました。

まず勝った京都翔英。
チャンスはありましたが、それらを生かせず、それが終盤の接戦につながりました。

新チームは、抑え投手の役割も持つ阿部選手が中心のチームでしょう。
打線は鋭い当たりを上位から下位まで飛ばす力があるだけに、走塁含め、効果的な得点力アップが勝って尚且つ、今後の課題になってくるかと思います。

一方敗れた乙訓。
終盤の勢いはお見事。
最終回の攻撃に関しては、送るという選択肢を押される方もいるかと思いますが、勝つための選択。やむをえなかったと思います。

ここまで勢いに乗って勝ち進んできましたが、前チームの上野投手のような絶対的な精神的な支柱はまだいないと思います。
チーム力の高さが今チームの特徴ですが、さらなるレベルアップと、悲願の甲子園へは個々の力アップにも期待したいと思います。

京都翔英
020 000 100=3
100 000 010=2
乙訓

翔 内橋、阿部 - 川本
乙 冨山、川畑 - 牧

翔 H9 E2
乙 H7 E3

【打撃成績】
京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 新田広 右飛 中飛 右飛 二ゴロ併殺打 二ゴロ
7 田中 遊飛 二ゴロ失 左中間二塁打 二ゴロ失 一ゴロ
6 阿部 右線安打 一前犠打 二飛 二直
2 川本 中飛 二ゴロ 空振三振 右前安打
7 新田大 四球 二ゴロ (川)中前安打 投ゴロ失
3 岡田 中前安打 死球
捕牽制死
二ゴロ併殺打 一直
5 大谷 投前犠打 三ゴロ 三ゴロ 二飛
4 山本 二ゴロ(1) 一ゴロ 右越三塁打 投ゴロ
1 内橋 一強襲安打(1) 二安打
H 林ヶ谷 右前安打(1)
4 瓜田 右飛

乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 吉田 中前安打
中失
二飛併殺打 死球
三盗死
左前安打
8 横山 投前犠打 右飛 三振
(スリーバント失敗)
中飛
5 池田 中犠飛(1) 遊ゴロ 遊飛 左越二塁打(1)
3 大宅 中前安打 左飛 パスボール
四球
四球
2 牧 三ゴロ 遊ゴロ (阿)一ゴロ 右飛
7 宮田 右飛 中前安打
牽制死
遊ゴロ失 左前安打
4 松本 右飛 投ゴロ 右飛 遊直併殺打
1 冨山 空振三振
H 伊佐 四球
1 川畑 空振三振
H 薪谷 左飛
6 大上 中前安打 投ゴロ 中飛


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
内橋 6 4 2 2 1 1
阿部 3 3 1 1 1 1

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
冨山 5 5 1 1 2 2
川畑 4 4 0 0 1 1

[ 準々決勝 ] 京都翔英 VS 北嵯峨

2016年10月2日、秋季京都大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

7 新田広
9 田中
6 阿部→1
2 川本
8 新田大
3 岡田
5 大谷
4 松本→H宮川→4 瓜田
1 内橋→H林ヶ谷→1 高田→1 坂田→6 山本

北嵯峨

9 尾崎
6 小西
1 浅田→3→1
2 細辻
3 佐藤→1 延廣→7 西村直
8 俣野
4 大槻
5 中嶋
7 服部→1→3 高橋

昨秋に続く秋季大会連続ベスト4入りを目指す京都翔英に、名門復活を目指す公立の北嵯峨の戦い。
まず守る北嵯峨はエース浅田投手が先発します。

北嵯峨エース浅田投手

北嵯峨エース浅田投手

1回表の京都翔英。

先頭・ 新田広選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く 田中選手もセンター前へ連打。
阿部選手はストレートの四球を選び無死満塁とすると、4番・川本選手がセンター前へ2点タイムリーヒットを放ち、先制します。

川本選手の先制タイムリーヒット

川本選手の先制タイムリーヒット

田中選手が2点目のホームイン

田中選手が2点目のホームイン

さらに新田大選手のファーストゴロが敵失を誘い無死満塁とすると、6番・岡田選手がライト前ヒットで1点を追加し、3-0なお満塁となったところで北嵯峨は、背番号11の延廣投手へ継投。
浅田選手はファーストへ回ります。

北嵯峨2番手の延廣投手

北嵯峨2番手の延廣投手

岡田選手のタイムリーヒット

岡田選手のタイムリーヒット

代わり端7番・大谷選手を投手ゴロ併殺打に打ち取り、2死23塁としますが、続く・ 松本選手がレフト前へ2点タイムリーヒットを放ち、1回表を終わり5-0と京都翔英が大量リードを取ります。

京都翔英、初回に一気に5点目のホームイン

京都翔英、初回に一気に5点目のホームイン

代わって守備につく京都翔英はエース右腕、内橋投手が先発。

京都翔英エースの内橋投手

京都翔英エースの内橋投手

1回裏の北嵯峨の攻撃を三者凡退と、内橋投手上々の立ち上がりを見せます。

2回表も 京都翔英は先頭1番・新田広選手がライト前ヒットで出塁すると犠打と外野フライで2死3塁とすると、先制タイムリーヒットを放った主砲・川本選手がライト前へ弾き返し、1点を追加。
6-0と大きくリードを広げます。

川本選手のタイムリーヒット

川本選手のタイムリーヒット

対する北嵯峨は直後の2回裏。

先頭4番の細辻選手がライト前ヒットで出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁とします。

チーム発案だの細辻選手

チーム発案だの細辻選手

このチャンスで7番・大槻選手がセンター前ヒットを放ち、北嵯峨まず1点を返します。

タイムリーヒットの大槻選手

タイムリーヒットの大槻選手

さらに中嶋選手もセンター前ヒットで繋ぐと、9番・服部選手がセンター前へヒット。
この打球処理を翔英・新田大選手の処理が遅れた間に大槻選手がホームに戻り2点目。
2回を終わり2-6と、翔英のリードは4点と変わります。

服部選手のタイムリーヒット

服部選手のタイムリーヒット

大槻選手が2点目のホームイン

大槻選手が2点目のホームイン

序盤から激しく点の奪い合いになってきたこの試合。
3回表も京都翔英は1死から7番・大谷選手がショートへの内野安打で出塁すると、盗塁と外野フライで2死3塁とします。

ここで早くも先発の内橋投手に、背番号19の林ヶ谷選手が代打。
延廣投手が痛恨のボークを宣告され7点目が入ります。
(林ヶ谷選手はライトオーバーの二塁打)

ボークで大谷選手がホームイン

ボークで大谷選手がホームイン

3回裏の北嵯峨の攻撃から、翔英は背番号11の高田投手へ継投します。

翔英2番手の高田投手

翔英2番手の高田投手

代わり端、2死走者無しから、4番・細辻選手、5番・延廣選手にセンター前へ連打を浴び12塁とピンチを背負いますが、ここは俣野選手がいい当たりながらも、ショートライナーに倒れ、北嵯峨は無得点に終わります。

俣野選手の打球はショートライナー

俣野選手の打球はショートライナー

しかし北嵯峨は4回裏。

先頭7番・大槻選手がセンター前ヒットで出塁すると、パスボールと犠打で1死3塁のチャンスを作ります。
ここで9番服部選手はライトへの犠牲フライを放ち1点を追加。
3-7とします。

服部選手がライトへの犠牲フライ

服部選手がライトへの犠牲フライ

この後、5回は両チームとも1点づつを追加し合い、8-4で京都翔英がリードして前半5回を終了します。

グラウンド整備明けの6回表の京都翔英。

先頭2番・田中選手がライト線へ二塁打で出塁すると、北嵯峨は背番号10、レフトを守っていた服部投手が3番手のマウンドにあがります。

北嵯峨3番手の服部投手

北嵯峨3番手の服部投手

翔英は代わり端、阿部選手がライト前へ運び無死13塁とすると、当たっている主砲・川本選手がライトオーバーの二塁打で1点を追加、9-4とリードを広げます。

川本選手がタイムリー2塁打

川本選手がタイムリー2塁打

しかし、その後の大ピンチは凌いだ格好の北嵯峨は、直後の6回裏。

先頭8番・中嶋選手が四球で出塁。

ここで翔英は背番号10の坂田投手へ継投します。

翔英3番手の坂田投手

翔英3番手の坂田投手

服部選手が四球で繋ぐと、1番・尾崎選手はレフト前ヒットを放ち無死満塁とします。

3塁へ進む中嶋選手

3塁へ進む中嶋選手

ここで小西選手がスクイズを決め、まずは1点を返し、さらに1死23塁とします。

小西選手のスクイズ

小西選手のスクイズ

さらに浅田選手のセカンドゴロが敵失を誘い1点を追加。
6-9と3点差に迫り、続く細辻選手が四球で繋ぎ1死満塁となったところで、翔英は4番手にショートの阿部選手をマウンドへ送ります。

服部選手が6点目のホームイン

服部選手が6点目のホームイン

翔英4番手の阿部投手

翔英4番手の阿部投手

代わり端、途中出場の5番・西村直選手のショートゴロの間にさらに1点。
この回3点目となり7-9と2点差にまで迫っていきます。

尾崎選手が7点目のホームイン

尾崎選手が7点目のホームイン

しかし京都翔英も負けてはいません。
直後の7回表。

1死走者無しから、1番・新田広選手が四球で出塁すると、田中選手、阿部選手とレフト前へ連打で1死満塁とすると、川本選手がフルカウントから押し出し四球を選び1点を追加。
10-7とします。

川本選手が押し出しの四球を選ぶ

川本選手が押し出しの四球を選ぶ

さらに続く新田大選手がレフトへ犠牲フライを放ち、11-7とすると、続く6番・岡田選手がレフトオーバーの二塁打を放ち12-7と再度5点のリードとします。

岡田選手がタイムリー二塁打

岡田選手がタイムリー二塁打

5点差のまま迎えた9回表、京都翔英は先頭4番・川本選手がライト前ヒットで出塁すると、1死後、岡田選手がライト前ヒット。
さらに大谷選手がファーストへ犠打を試みますが、これが内野安打となって1死満塁となります。

ここで途中出場の8番・瓜田選手がライトへの犠牲フライを放ち1点を追加するとさらに敬遠四球などで2死満塁と攻めます。

ここで1番・新田広選手は押し出し四球えを選び1点を追加。
さらに2番・田中選手もセンター前へタイムリーヒットを放ち2者生還。
この回一気に4点とって16-7安打となったところで、北嵯峨は再度エース浅田投手を4番手のマウンドへ送ります。

田中選手が2点タイムリーヒット

田中選手が2点タイムリーヒット

壮絶な打撃戦となったこの試合でしたが、9回裏の北嵯峨は三者凡退に終わり16-7で京都翔英が勝ち、2年連続で秋の大会ベスト4進出が決まりました。

両チーム合せて35安打を打ち合いましたが、まず勝った翔英。
前戦の京都学園戦で感じたとおり、打撃力は夏のチームにヒケを取らないレベルだと思います。

課題は投手力。
恐らくこのチームは最後が阿部投手に任せるのが勝ちパターンになってくるのでしょうが、そこまで内橋投手らがしっかりと繋いでいけるか。
ここはこの秋季期間中はさずがに厳しいと思いますので、冬から春にかけての成長に期待したいところです。

対する北嵯峨。
「イケイケ」のムードが出てくると、「格上」のチーム相手でも、むしろ飲み込んでしまうような雰囲気が出てくるのは、2013年、春準優勝で、夏ベスト8だった頃のチームにも似たようなものを感じます。

課題はこちらも投手力を中心としたディフェンス面。
冬を越えて、浅田投手が一回りスケールアップしてくると、このチーム、なかなか面白い存在になってきそうな予感を感じた、この秋の飛躍だったと思います。

京都翔英
511 011 304=16
020 113 000=7
北嵯峨

翔 内橋、高田、坂田、阿部 - 川本
北 浅田、延廣、服部、浅田 - 細辻

翔 H24 E3
北 H11 E1

【打撃成績】
京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席 第七打席
7 新田広 中前安打 右前安打 三邪飛 空振三振 四球 三前犠打 四球(1)
9 田中 中前安打 三前犠打 中飛 右線二塁打 左前安打 捕飛 中前安打(2)
61 阿部 四球 右邪飛 右前安打 (服)右前安打 左前安打 二飛 (浅)遊直
2 川本 中前安打(2) 右前安打(1) 二飛 右越二塁打(1) 四球(1) 右前安打
8 新田大 一ゴロ失 遊ゴロ 左前安打 敬遠四球 左犠飛(1) 遊邪飛
3 岡田 右前安打(1) 二ゴロ 見逃三振 右飛 左越二塁打(1) 右前安打
5 大谷 (延)投ゴロ併殺打 遊安打
二盗
中二塁打 右前安打 四球 一安打
二盗
4 松本 左前安打(2) 中飛 投前犠打 右飛
H 宮川 見逃三振
4 瓜田 右犠飛(1)
1 内橋 見逃三振
H 林ヶ谷 ボーク(1)
右越二塁打
1 高田 投前スクイズ(1)
1 坂田
6 山本 三邪飛 中前安打 四球

北嵯峨

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 尾崎 一ゴロ 三ゴロ 遊安打 左前安打 二ゴロ
6 小西 遊ゴロ (高)二ゴロ 三ゴロ 投前スクイズ(1) 遊飛
131 浅田 左飛 空振三振 三ゴロ失 二ゴロ失(1) 遊飛
2 細辻 右前安打 中前安打 左線二塁打 四球 空振三振
3 佐藤
1 延廣 投前犠打 中前安打 遊ゴロ(1)
7 西村直 (阿)遊ゴロ(1) 遊ゴロ
8 俣野 二ゴロ 遊直 三振
(スリーバント失敗)
一邪飛 遊飛
4 大槻 中前安打(1) 中前安打 空振三振 投ゴロ 一ゴロ
5 中嶋 中前安打 パスボール
三前犠打
四球 左飛
71 服部 中前安打(1) 右犠飛(1) (坂)四球 右二塁打
3 高橋


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
内橋 2 4 0 0 2 2
高田 3 0/3 5 1 3 2 3
坂田 1 /3 1 2 0 2 2
阿部 3 2/3 1 0 1 1 0

北嵯峨

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
浅田 0/3 4 1 0 3 4
延廣 5 1/3 9 0 3 5 4
服部 3 1/3 11 6 1 8 7
浅田 1/3 0 0 0 0 0

[ 二次戦・二回戦 ] 京都翔英 VS 京都学園

2016年9月25日、秋季京都大会二次戦二回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

5 大谷
7 新田広
6 阿部
2 川本
8 新田大
9 田中
3 岡田
4 松本
1 高田

京都学園

8 瀬戸
5 江本
3 井上
7 諸木
9 山根
6 村井
4 吉岡渉
1 竹中
2 松尾

今夏の甲子園に出場した「王者」京都翔英に、名門復活を賭ける京都学園。
京都学園は今チーム、木津戦以来の観戦になりますが、夏に負けず劣らず投手陣も厚い好チームです。

まず守るは京都学園、エース左腕の竹中投手。

京都学園先発のエース竹中投手

京都学園先発のエース竹中投手

1回表の京都翔英。

1死から2番・新田広選手がセンター前ヒットを放ち、2死後、新チームから前チームの石原捕手に代わり、4番、捕手を務める川本選手がライト前ヒットを放ち2死12塁と先制のチャンスを迎えますが、続く新田大選手がセンターフライに倒れ無得点に終わります。

チャンスの場面で新田大選手はセンターフライ

チャンスの場面で新田大選手はセンターフライ

代わって守る京都翔英は、背番号11・アンダースローの高田投手が先発します。

京都翔英、先発の高田投手

京都翔英、先発の高田投手

1回裏の京都学園。

1死から2番・江本選手がセンター前ヒットで出塁するも、続く井上選手がセカンドゴロ併殺打に倒れ、チャンス広がらず無得点に終わります。

京都学園は3回裏も、先頭の7番・吉岡渉選手がセンター前ヒットで出塁し、犠打や四球で1死12塁とチャンスを作りますが、1番・瀬戸選手がセカンドゴロ併殺打に倒れ、無得点に終わります。

すると直後の4回表の京都翔英。

先頭3番・阿部選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、続く 川本選手のセンター前ヒットで無死13塁と絶好のチャンスをつくります。

この場面で、5番・新田大選手はレフトへの犠牲フライを放ち、まずは1点を先制します。

京都翔英、阿部選手が先制のホームイン

京都翔英、阿部選手が先制のホームイン

さらに6番・田中選手が四球でつなぐと、2死後、8番・松本選手がレフトへの走者一掃のタイムリー二塁打を放ち2点を追加。
4回表を終えて3-0と翔英がリードする展開となります。

タイムリー二塁打の松本選手

タイムリー二塁打の松本選手

一方の京都学園。
4回終わって2安打と、京都翔英先発の高田投手に上手くかわされてきましたが、5回裏、反撃に転じます。

五回裏 京都学園

先頭5番・山根選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁とします。
このチャンスで8番・竹中選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち1点を返すと、 松尾選手が四球で繋ぎ2死12塁とさらにチャンスを広げます。

山根選手がホームイン

山根選手がホームイン

タイムリーヒットの竹中選手

タイムリーヒットの竹中選手

京都学園はこのチャンスに、1番・瀬戸選手がセンターオーバーの走者一掃の二塁打を放ち一挙3点を返し、3-3の同点に追いつきます。

瀬戸選手の同点タイムリー2塁打

瀬戸選手の同点タイムリー2塁打

ファーストランナーの松尾選手が同点のホームイン

ファーストランナーの松尾選手が同点のホームイン

京都翔英はっこで、背番号10の左腕・坂田投手へ継投。
後続は抑え、3-3のまま前半の5回を終了します。

京都翔英、2番手の坂田投手

京都翔英、2番手の坂田投手

グラウンド整備空け直後の6回表、京都翔英の攻撃。

1死から6番・田中選手が敵失で出塁。
1死2塁となり、続く岡田選手のレフト前ヒットで13塁と勝ち越しのチャンスを作りますが、続く松本選手がサードゴロ併殺打に倒れ無得点に終わります。

勝ち越しのチャンスも松本選手が内野ゴロ併殺打に終わり無得点

勝ち越しのチャンスも松本選手が内野ゴロ併殺打に終わり無得点

1点を争う展開になったこの試合。
ゲームが動いたのは7回裏の京都学園。

先頭7番・吉岡渉選手がファーストへの内野安打で出塁すると、続く竹中選手の投手前への犠打が、敵失を誘い無死12塁とします。

1死後、1番・瀬戸選手はレフト前ヒットを放ち満塁とすると、続く江本選手のセンターへの犠牲フライで1点勝ち越しに成功します。

江本選手の犠牲フライ

江本選手の犠牲フライ

吉岡渉選手が勝ち越しのホームイン

吉岡渉選手が勝ち越しのホームイン

このホームインの際、ランナーのスタートが早かったか、適切だったかで、一時騒然。
スタンドからも怒声に近い声が上がります。

翔英の必死の抗議も実らず、京都学園のホームインが認められ4-3と、この試合初めて京都学園がリードします。

明らかにヒートアップしてきた、直後の8回表の京都翔英。

円陣を組み攻撃に向う京都翔英

円陣を組み攻撃に向う京都翔英

1死後、5番・新田大選手がセンターオーバーの三塁打で出塁します。

三塁打の新田大選手

三塁打の新田大選手

続く田中選手が四球で繋ぐと、続く7番・岡田選手の打球はセンターオーバーの走者一掃のタイムリー二塁打となり、5-4とすぐさま京都翔英が逆転に成功。

岡田選手の走者一掃のタイムリー2塁打

岡田選手の走者一掃のタイムリー2塁打

田中選手が逆転のホームイン

田中選手が逆転のホームイン

京都学園は背番号20の藤本投手へ継投します。

京都学園、藤本投手

京都学園、藤本投手

藤本投手が翔英のさらなる追加点を許さず、すると直後の8回裏の京都学園。

京都翔英は背番号6、ショートを守っていた阿部選手へ継投します。

京都翔英、阿部投手

京都翔英、阿部投手

8回裏、京都学園は先頭4番・諸木選手がセンターオーバーの二塁打で出塁しますが、後続が続かず無得点。

結局5-4で翔英リードのまま迎えた9回裏の京都学園の攻撃も、最後は2者連続三振で、翔英・阿部投手が抑えそのままゲームセット。

1点を争う好勝負になりましたが、夏春連続の甲子園を目指す京都翔英がベスト8入りしました。

勝利の瞬間、雄叫びを上げる阿部投手

勝利の瞬間、雄叫びを上げる阿部投手

京都翔英は夏甲子園出場のため、今秋は一次戦は免除。
この試合が2試合目(初戦は日星に5-3で勝利)。
私はこの試合が新チームの初観戦となりました。

前チームから石原捕手という絶対的な「軸」になる選手、さらに瀧野投手、高向投手が抜け新チームの戦い方に関心がありましたが、まず攻撃力に関して、前チームに劣らない力があると思いました。

特に7回に京都学園が勝ち越しに成功した後、明らかにチームの雰囲気が一変。
力ずくで試合を再度ひっくり返した「荒々しさ」は見応えがありました。

投手陣にはやや不安定さが残る印象があるので、今チームは打ち勝っていくスタイルになるのではないでしょうか。

一方の京都学園。
「金星」寸前でしたが、あと一歩及びませんでした。

しかし、最近の京都学園は龍谷大平安、福知山成美、京都翔英といった上位陣相手になると、やや力の差を感じる点差で「敗戦」となるケースがありましたが、今チームは投手力だけでなく、攻撃陣にも力があるので、復活が期待できるチームではないかと思います。

「善戦」ではなく、強豪に勝ちきれる強さを来春、観れることを期待したいです。

京都翔英
000 300 020=5
000 030 100=4
京都学園

翔 高田、坂田、阿部 - 川本
学 竹中 - 松尾

翔 H9 E0
学 H9 E1

【打撃成績】
京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
5 大谷 三ゴロ 左飛 遊安打 投ゴロ 遊ゴロ
7 新田広 中前安打 中飛 三前犠打 四球 左飛
61 阿部 捕邪飛 二安打 見逃三振 二ゴロ 捕邪飛
2 川本 中前安打 中前安打 左飛 二ゴロ
8 新田大 中飛 左犠飛(1) 右飛 中越三塁打
9 田中 二ゴロ 四球 一ゴロ失 四球
3 岡田 遊飛 右飛 左前安打 中越二塁打(2)
4 松本 空振三振 左二塁打(2) 三ゴロ併殺打 見逃三振
1 高田 投ゴロ 三ゴロ
1 坂田 一ゴロ
H 宮川 (藤)二ゴロ
6 山本

京都学園

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 瀬戸 中飛 二ゴロ併殺打 中越二塁打(2) 左前安打
5 江本 中前安打 中飛 (坂)二飛 中犠飛(1)
3 井上 二ゴロ併殺打 中飛 遊ゴロ 二ゴロ
7 諸木 二ゴロ 遊ゴロ 一ゴロ (阿)中越二塁打
R 藤田
9 山根 一ゴロ 左前安打 中前安打
H 久保 遊ゴロ
6 村井 二飛 三前犠打 空振三振 右飛併殺打
4 吉岡渉 中前安打 二ゴロ 一安打 左飛
1 竹中 投前犠打 左前安打(1) 投ゴロ失
1 藤本
H 平井 空振三振
2 松尾 四球 四球 投飛 見逃三振


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
高田 4 2/3 5 2 0 3 3
坂田 2 1/3 3 0 1 1 1
阿部 2 1 0 2 0 0

京都学園

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
竹中 8 2/3 9 3 3 5 5
藤本 1 1/3 0 0 0 0 0

[ 準決勝 ] 京都翔英 VS 立命館宇治

2016年7月24日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会準決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

6 阿部
9 新田
5 森元
2 石原
8 山本
3 川本
7 浜野
1 瀧野
4 栄本

立命館宇治

6 長谷川
4 森田
8 寺田
2 百田
7 樋浦
3 藤原
5 中原
9 松原
1 田中覺

第92回大会以来、6年ぶり2回目の決勝進出、そして夏は初の甲子園を目指す春季大会の覇者・京都翔英と、2年連続8回目の決勝進出、そそして第82回大会以来、16年ぶり3回目(前回は宇治高校時代)の夏の甲子園を目指す立命館宇治の宇治市勢同士の準決勝。

まず守りにつく立命館宇治はエース右腕、田中覺投手が先発。

立命館宇治、エースの田中覺投手

立命館宇治、エースの田中覺投手

1回表の京都翔英の攻撃。

先頭の阿部選手が、初球をセンター前ヒットで出塁すると、続く新田選手は四球でつなぎます。

2塁へ進む翔英・阿部選手

2塁へ進む翔英・阿部選手

無死12塁で強力クリーンアップを迎え、まず3番森元選手は空振三振に倒れますが、今秋ドラフト候補とも呼ばれる、主砲石原選手がレフト前ヒットで1点先制を先制します。

先制タイムリーヒットを放った、翔英主砲・石原選手

先制タイムリーヒットを放った、翔英主砲・石原選手

先制のホームを踏んだ阿部選手(右端)

先制のホームを踏んだ阿部選手(右端)

対して翔英の先発マウンドは、エース右腕の瀧野投手。

翔英先発のエース右腕・瀧野投手

翔英先発のエース右腕・瀧野投手

1回裏の立命館宇治。
先頭の長谷川選手がセンター前ヒットで出塁しますが、続く森田選手の犠打が飛球で併殺打になるなど、後続続けず無得点に終わります。

立宇治の田中投手も2回は強打の翔英打線を三者凡退に抑えますが、3回表でした。

京都翔英は先頭9番の栄本選手がライト前ヒットで出塁します。
続く阿部選手の打席。
初球パスボールで走者2塁としたあと、レフト前ヒットで無死13塁とチャンスを広げると、2番新田選手がライト線を破る走者一掃のタイムリー3塁打で2点を追加、3-0とリードを広げます。

2点タイムリー3塁打の森元選手

2点タイムリー3塁打の新田選手

ピンチの場面、マウンドで話す立命館宇治の田中投手(左)と、百田捕手(右)

ピンチの場面、マウンドで話す立命館宇治の田中投手(左)と、百田捕手(右)

さらに続く3番、森元選手もセンター前に弾き返し4-0とリードを広げます。

タイムリーヒットを放つ森元選手

タイムリーヒットを放つ森元選手

止まらない翔英打線は4番石原選手が、死球で無死12塁とすると、ようやく5番山本選手が犠打を成功させ、1死となりますが23塁とチャンスを広げます。

ここで6番川本選手がセンター前へ2点タイムリーヒットを放ち6-0とリードを広げます。

2点タイムリーヒットを放つ川本選手

2点タイムリーヒットを放つ川本選手

6点目のホームを踏み、ベンチに戻る石原選手

6点目のホームを踏み、ベンチに戻る石原選手(手前)

ここで立命館宇治は、まさかのエース田中投手KOとなり、背番号11、2年生右腕の玉田投手へ継投します。

立命館宇治、2番手の玉田投手

立命館宇治、2番手の玉田投手

代わり端、玉田投手は浜野選手をショートゴロ。
瀧野選手を空振三振にとり、しっかりと役割を果たします。

しかし、立宇治は直後の3回裏も、2三振を含む三者凡退と、翔英エース、瀧野投手を攻略することができません。

すると、直後の4回表の翔英の攻撃。

先頭9番の栄本選手がセンター前ヒットで出塁すると、1死後、2番新田選手のレフト前ヒットで1死13塁とチャンスを広げます。

このチャンスで森元選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、7-0とリードを広げ、尚23塁とチャンスが継続します。

タイムリーヒットを放った森元選手

タイムリーヒットを放った森元選手

さらに主砲・石原選手もレフト前ヒットで2点を追加。
4回表を終わり9-0と京都翔英が大きくリードを広げます。

2点タイムリーヒットの石原選手

2点タイムリーヒットの石原選手

なんとか早い回で反撃したい立宇治は、4回裏、1死走者なしから、3番寺田選手が投手強襲安打で出塁します。

ヒットで出塁の寺田選手

ヒットで出塁の寺田選手

しかし続く4番の百田選手、5番樋浦選手が、続けず立宇治は得点をあげることができません。

ネクストバッターズサークルの百田選手

ネクストバッターズサークルの百田選手

9点差がつき、あと1点差で5回コールドゲームが成立する翔英は、5回表、先頭の7番、浜野選手がレフト前ヒットで出塁、犠打などで2死2塁となり、1番阿部選手を迎えます。

ここで期待に応え、センター前にヒット。
浜野選手はホームを狙いますが、立宇治の守備よくホームでタッチアウト。
翔英10点目は阻まれます。

阿部選手のヒットで浜野選手、ホーム狙うもタッチアウト

阿部選手のヒットで浜野選手、ホーム狙うもタッチアウト

5回裏、立宇治は6番藤原選手が四球で出塁後、ボークで進塁し無死2塁と攻めるも、その後、後続続けず2死2塁となります。
ここで2番手、玉田投手に代打、背番号20の清水選手が入りますが、空振り三振に倒れ、立宇治、チャンスを生かすことができません。

翔英、瀧野投手が立宇治、代打清水選手を空振り三振にとったシーン

翔英、瀧野投手が立宇治、代打清水選手を空振り三振にとったシーン

6回表の翔英の攻撃。

立宇治は背番号10の、右下手投げ、畑上投手が3番手のマウンドへあがります。

立命館宇治、3番手の畑上投手

立命館宇治、3番手の畑上投手

代わり端、翔英の2番新田選手から始まる上位打線を、きっちりと三者凡退に抑えます。

すると直後の6回裏の立宇治。

先頭1番の長谷川選手が、ファースト強襲の三塁打で出塁すると、続く森田選手のセンターへの犠牲フライで1点を返し、1-9と8点差にその差を縮めます。

森田選手の犠牲フライで、長谷川選手がホームイン

森田選手の犠牲フライで、長谷川選手がホームイン

立宇治、畑上投手は7回表の京都翔英の攻撃も、三振2つを含む三者凡退と、完璧なリリーフを見せ、2回をパーフェクトピッチングで押さえ込みます。

流れをようやく掴んできた立命館宇治、7回裏の攻撃は5番の樋浦選手から。
ライト前ヒットで出塁すると、続く藤原選手はライト線への二塁打で無死23塁とチャンスを広げます。

3塁へ進む、立宇治、樋浦選手

3塁へ進む、立宇治、樋浦選手

1死後、8番松原選手への代打。
背番号17の亀田選手がライトへ犠牲フライを放ちさらに1点を返し、2-9とその差を7点までつめます。

立宇治、亀田選手の犠牲フライ

立宇治、亀田選手の犠牲フライ

しかし、立命館宇治の反撃もここまで。
最後は畑上選手が、センターフライに倒れ、7回が終わり、7点差がつきましたので、京都大会規定でコールドゲームが成立しました。

終わってみれば京都翔英の強さが際立ったゲームでした。
立命館宇治の田中投手も、秋、春と何試合か観戦していましたが、球威もある好投手でした。
実際、この大会、府立工業や、鳥羽などの有力チームを相手に好投をしてきましたが、翔英の各打者の巧さ、力強さの前にまさかの早いイニングでのノックアウトとなってしまいました。

翔英・瀧野投手もこれまで、秋、春と見てきましたが、ストレートの力強さに関しては一番だったように思えました。
終盤、やや立宇治打線に捕まるシーンもありましたが、守備力もかなり鍛え上げられ、ヒット性のあたりをことごとく好捕していくシーンが印象的でした。

一方敗れた立命館宇治。
秋、春はまさかの一次戦敗退で、この夏も心配していましたが、前評判を吹き飛ばす快進撃をみせベスト4という堂々とした結果を残しました。

特に京都国際、鳥羽、府立工業や京都すばるといった、京都大会の上位常連チームが揃う激戦ブロックを勝ちあがっての結果だけに素晴らしい成績でした。

大差がつきましたが、3番手の3年生投手、畑上投手は任された2インニングをパーフェクトに抑え、野手陣も意地でもコールドゲームを阻止するという気迫はさすがでした。

京都を代表する強豪私立同士の対決は、両者の意地がぶつかりあったナイスゲームでした。

最後まで名門の意地を見せた立命館宇治ナイン

最後まで名門の意地を見せた立命館宇治ナイン

KBS京都のヒーローインタビューを受ける京都翔英、浅井監督

KBS京都のヒーローインタビューを受ける京都翔英、浅井監督

京都翔英
105 300 0=9
000 001 1=2
立命館宇治
(7回コールドゲーム)

翔 瀧野 - 石原
立 田中覺、玉田、畑上 - 百田

翔 H13 E0
立 H5 E0


【打撃成績】

京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 阿部 中前安打 パスボール
左前安打(1)
投ゴロ 中前安打
97 新田 四球 右線三塁打(1) 左前安打 (畑)遊飛
5 森元 空振三振 中前安打(1) 左前安打(1) 右飛
2 石原 左前安打(1) 死球 左前安打(2) 左飛
8 山本 遊ゴロ併殺打 一前犠打 中飛 一邪飛
3 川本 中飛 中前安打(2) 左飛 見逃三振
7 浜野 空振三振 (玉)遊ゴロ 左前安打 空振三振
9 高野
1 瀧野 投ゴロ 空振三振 投前犠打
4 栄本 右前安打 中前安打 見逃三振

立命館宇治

選手名 第一打席 第二打席 第三打席
6 長谷川 中前安打 右飛 一強襲三塁打
4 森田 投飛併殺打 一ゴロ 中犠飛(1)
8 寺田 四球 投強襲安打 中飛
2 百田 空振三振 二直 二飛
7 樋浦 中飛 空振三振 右前安打
3 藤原  四球
捕手牽制死
四球 右線二塁打
5 中原 見逃三振 ボーク
中飛
中飛
9 松原 空振三振 遊ゴロ
H 亀田 右犠飛(1)
1 田中覺
1 玉田 見逃三振
H 清水 空振三振
1 畑上 中飛


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
瀧野 7 5 3 6 2 2

立命館宇治

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
田中覺 2 1/3 7 2 2 6 6
玉田 2 2/3 6 0 2 3 3
畑上 2 0 0 2 0 0

[ 三回戦 ] 京都翔英 VS 洛星

2016年7月17日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会三回戦

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

6 阿部
9 新田
5 森元
2 石原
8 山本
3 川本
7 浜野
1 高向
4 栄本

洛星

7 奥村
5 岸野
6 松田
1 佐藤
8 河野
9 岩本
3 安土
2 小倉
4 大橋

春季大会を初優勝し、優勝候補の呼び名も高い京都翔英と、秋季・春季連続して二次戦に出場してきた京都屈指の進学校でもある洛星の一戦。

まず守る洛星はこれまでの戦い通り、エース岩本投手でなく、右横手の佐藤投手を先発させます。

洛星先発の背番号8、佐藤投手

洛星先発の背番号8、佐藤投手

1回表の京都翔英の攻撃を3人できっちりと抑え、佐藤投手上々の立ち上がりとなります。

続いて守る京都翔英は背番号10の左腕、高向投手が先発。

京都翔英、先発の高向投手

京都翔英、先発の高向投手

1回裏の洛星の攻撃を三振2つを含む三者凡退と、上々の立ち上がりとなります。

試合が動いたのは2回表の京都翔英。
先頭4番の石原選手がセンター前ヒットで出塁します。

センター前ヒットの石原選手

センター前ヒットの石原選手

続く山本選手が四球でつなぐと、6番川本選手がレフト前ヒットで1点を先制します。

先制タイムリーヒットの川本選手

先制タイムリーヒットの川本選手

止まらない翔英打線は、7番浜野選手もレフト前ヒットでつなぎ無死満塁とすると、8番高向選手もライト前ヒットで2点を追加し、3-0とリードを広げます。

高向選手の2点タイムリーヒット

高向選手の2点タイムリーヒット

さらに無死13塁から、9番栄本選手がセンターへの犠飛で1点を追加。
打順1番に戻り阿部選手がライトオーバーの二塁打で5-0と洛星を突き放します。

タイムリー2塁打の阿部選手

タイムリー2塁打の阿部選手

洛星はこの場面で、エース岩本投手へ継投。
佐藤選手はセンターのポジションへ移ります。

洛星エースの岩本投手

洛星エースの岩本投手

しかし代わり端、新田選手の放ったファーストゴロを、洛星安土選手がトンネルしてしまい、阿部選手が6点目のホームを踏みます。

まだ止まらない翔英打線は、3番森元選手がセンター前ヒットで1死13塁とすると、このイニング打順一巡し、再度主砲の石原選手へ。
その打席でダブルスチールに成功し、新田選手がホームインし7-0とリードを広げます。

新田選手が7点目のホームイン

新田選手が7点目のホームイン

まだ止まらない翔英打線は、山本選手がショート後方へのポテンヒットで1点を追加し、8-0と翔英が大量リードする展開となります。

8点目のタイムリーヒットを放った山本選手

8点目のタイムリーヒットを放った山本選手

大量リードとなった翔英の高向投手。
2回裏の
洛星の攻撃も圧巻の投球内容を見せ、4番佐藤選手からの打順でしたが、三者、空振三振で洛星を完全に封じ込みます。

翔英は3回表も、先頭7番浜野選手がレフト前ヒットで出塁すると(打球処理の間に2塁へ、記録失策)、高向選手がレフト前ヒットを放ち、9-0とします。

タイムリーヒットの高向選手

タイムリーヒットの高向選手

さらに犠打や死球などで2死12塁となり、3番森元選手がレフト前ヒットでさらに1点を追加。
10-0と二桁得点差となります。

森元選手がレフト前へタイムリーヒット

森元選手がレフト前へタイムリーヒット

翔英・高向投手は3回裏の洛星の攻撃も3人で打ち取ります。
内容も1回からこの回の安土選手まで6者連続三振と、春季大会、立命館宇治龍谷大平安といった強豪チーム相手に善戦してきた洛星打線に反撃の糸口を与えません。

しかし、これまでも強豪相手に粘りの野球を見せてきた洛星打線。
4回裏1死走者なしから、2番岸野選手がライト前にチーム初ヒットを放ちます。

円陣を組む洛星ナイン

円陣を組む洛星ナイン

ライト前ヒットの洛星・岸野選手

ライト前ヒットの洛星・岸野選手

さらに松田選手もセンター前ヒットでつなぎ、洛星この試合初めて得点圏にランナーを進めます。

このチャンスで迎えるのは洛星主砲の佐藤選手ですが。空振り三振。
後続続けず、チャンスを生かすことができません。

チャンスで打席に立つ洛星4番の佐藤選手

チャンスで打席に立つ洛星4番の佐藤選手

5回表の京都翔英は、先頭9番の栄本選手がセンターオーバーの三塁打で出塁。
1死後、2番新田選手のライトへの犠牲フライで11-0とさらにリードを広げます。

栄本選手が11点目のホームイン

栄本選手が11点目のホームイン

2点以上得点をとらないと、5回でのコールドゲームが成立する洛星の裏の攻撃。

翔英は背番号11の右腕・内橋投手へ継投します。

足を高く上げる内橋投手

足を高く上げる内橋投手

1死走者なしから、7番安土選手に代えて、代打伊藤選手がライト前ヒットで出塁。

ライト前ヒットの伊藤選手

ライト前ヒットの伊藤選手

さらに小倉選手もライト前ヒットで1死12塁と、洛星が意地を見せますが、続く大橋選手がショートゴロ併殺打に倒れ、5回を終了して10点差がついてしまったため、コールドゲームが成立。
京都翔英が勝利しました。

まずこの試合、内容も翔英の完勝に終わりました。
今チームの洛星は文中に紹介した2試合と、秋の日星戦と格上と思われた相手との試合を観戦しましたが、どれも存在感のある試合でした。

この試合も翔英優位は揺るがないと思っていましたが、洛星がどれだけ食い下がるのかを楽しみに観ていましたが、翔英が春季大会よりさらに完成度を高めていました。

2番手投手のポジションですが、左腕の高向投手も球威のあるストレートを主体に4回で7奪三振、被安打2と完璧な内容で洛星打線を抑え込み、打線は5回で14安打を集中させました。

しかし洛星も4回、5回とともに2安打づつを放ち、最後まで意地を見せ、龍谷大平安をも慌てさせたチーム力を見せました。

今チームの洛星、確かに京都球界に存在感のあるチームだったことを記したいと思います。

健闘光った洛星ナイン

健闘光った洛星ナイン

京都翔英
082 01=11
000 00=0
洛星

翔 10高向、11内橋 - 石原
洛 8佐藤、1岩本 - 小倉

翔 H14 E0
洛 H4 E2

【打撃成績】

京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 阿部 一ゴロ 右越二塁打(1) 死球 遊ゴロ
9 新田 二ゴロ (岩)一ゴロ失(1)
本盗(1)
中飛 右犠飛(1)
5 森元 二直 中前安打
二盗
左前安打(1) 中前安打
2 石原 中前安打 右飛 投ゴロ 一邪飛
4 山本 四球 遊安打(1) 左前安打
3 川本 左前安打(1) 二ゴロ 一ゴロ
7 浜野 左前安打 左前安打、失策 二飛
1 高向 右前安打(2) 左前安打(1) 二ゴロ
1 内橋
4 栄本 中犠飛(1) 投犠打 中越三塁打

洛星

選手名 第一打席 第二打席
7 奥村 三直 一ゴロ
5 岸野 空振三振 右前安打
6 松田 見逃三振 中前安打
18 佐藤 空振三振 空振三振
89 河野 空振三振 投飛
91 岩本 空振三振 (内)右飛
3 安土 空振三振
H 伊藤 右前安打
2 小倉 中飛 右前安打
4 大橋 遊ゴロ 遊ゴロ併殺打


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
高向 4 2 0 7 0 0
内橋 1 2 0 0 0 0

洛星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
佐藤 1 1/3 5 1 0 5 6
岩本 3 2/3 9 1 0 6 4

[ 決勝 ] 京都翔英 VS 搭南

2016年5月15日、春季京都大会2次戦決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

6 阿部
7 新田
3 川本
2 石原
5 森元
8 山本
9 高野
1 瀧野
4 栄本

塔南

6 深田
8 平塚
3 島野修
1 築山
5 波多野
7 尾崎
9 長村
2 中澤
4 谷口

どちらが勝っても初の春季大会優勝になるチーム同士の対決。

試合前の搭南陣営

試合前の搭南陣営

試合前の「儀式」はなく自然体の京都翔英

試合前の「儀式」はなく自然体の京都翔英

12時ジャストにプレイボール。
両陣営がホームに集まります。

快晴の下、決勝戦開始

快晴の下、決勝戦開始

まず守る搭南はエース築山投手が先発。

搭南エース築山投手

搭南エース築山投手

投球練習からボールにばらつきがあった築山投手ですが、1回表、いきなり阿部選手にストレートの四球を与えます。
続く新田選手は三振に倒れますが、3番川本選手がレフト前ヒット。
この間に、阿部選手が3塁へ進み1死13塁と先制のチャンスを作ります。

3塁へ進む阿部選手

3塁へ進む阿部選手

ここで主砲石原選手を打席に迎えますが、築山投手がここは見逃し三振。
しかし5番森元選手がストレートの四球で2死満塁と、以前翔英が先制のチャンス。

それでも築山投手が踏ん張り、山本選手をセンターフライに打ち取り、初回、京都翔英は無得点に終わります。

チャンスの場面で山本選手はセンターフライ

チャンスの場面で山本選手はセンターフライ

1回表のチャンスを生かせなかった翔英。
1回裏の守備に就きますが、先発のマウンドはエース瀧野投手。

京都翔英エース瀧野投手

京都翔英エース瀧野投手

1回裏、投南も先頭の深田選手が四球で出塁るすと、続く平塚選手の送りバントがややショートフライ気味にピッチャー前へ。
瀧野投手ここでセカンドを狙ったか、焦ってしまったように打球処理をもたついてしまい、ランナーオールセーフとなります。

ここで3番島野選手が送り1死23塁となり、迎えた4番築山選手がセンターへ距離十分の犠牲フライを放ち、搭南がノーヒットで1点を先制します。

センターへ犠牲フライを放つ築山選手

センターへ犠牲フライを放つ築山選手

深田選手が先制のホームイン

深田選手が先制のホームイン

1点を追う翔英は、直後の2回表、1死から8番瀧野選手がセンター前ヒットで出塁しますが、続く栄本選手はピッチャー前の送りバントが投手ゴロになり、セカンドで瀧野選手がアウト。
ランナー入れ替わり2死1塁となります。

この後、栄本選手が二盗を成功させますが、1番阿部選手の当たりはセンター方向へのハーフライナー気味の打球。
これをショート深田選手が捕ったかと思いましたが、打球を弾いてしまいライト前へボールは転々と。

この間に栄本選手が還り、京都翔英、すぐさま同点に追いつきます。
(阿部選手の打球、記録はヒット)

栄本選手が同点のホームイン

栄本選手が同点のホームイン

京都翔英は続く3回表。
先頭の3番川本選手が四球で出塁すると、続く石原選手のサードゴロの間に2塁へ進塁。
1死2塁となったところで、5番森元選手がライトフェンス直撃のタイムリー3塁打を放ち2-1と翔英勝ち越しに成功します。

あわやホームランという森元選手の3塁打

あわやホームランという森元選手の3塁打

川本選手が勝ち越しのホームイン

川本選手が勝ち越しのホームイン

さらに続く山本選手がセンターへ犠牲フライを放ち、森元選手が還って3-1と搭南を突き放しにかかります。

3点目のホームを踏んだ森元選手

3点目のホームを踏んだ森元選手

2点を追う搭南。
翔英エース瀧野投手の打たせてとるピッチングの前に、凡打の山を築かされていき、宮津戦京都国際戦と好調だった打線が、前半5回を終えてノーヒットと打線が奮いません。

対する搭南の築山投手も、序盤に3点を失いましたが、中盤に向けて立ち直り両投手による小気味のいい投手戦に入っていきます。

搭南打線をノーヒットに抑えベンチに戻る翔英バッテリー

搭南打線をノーヒットに抑えベンチに戻る翔英バッテリー

中盤以降立ち直り翔英打線を抑える搭南バッテリー

中盤以降立ち直り翔英打線を抑える搭南バッテリー

初回に1点を取っているため「ノーヒットノーラン」の心配はないものの、依然ノーヒットが続く搭南は7回裏。

3番からの好打順ですが、島野選手がライトフライ、4番の築山選手が見逃し三振と簡単に2死走者無しと追い込まれますが、ここから5番波多野選手がセンター前にチーム初安打を放ちます。

搭南初安打を放った波多野選手

搭南初安打を放った波多野選手

さらに続く野崎選手もショートへの内野安打で2死12塁と搭南がチャンスを作ったところで、翔英ナインは一度マウンドに集まり「間」を取ります。

2死12塁のピンチにマウンドに集まった翔英ナイン

2死12塁のピンチにマウンドに集まった翔英ナイン

しかし2死12塁のチャンスで搭南7番の長村選手はライトフライに倒れ、無得点に終わります。

搭南は続く8回裏も、先頭8番の中澤選手がセンター前ヒットでノーアウトで出塁すると、谷口選手が送り、1死2塁とします。
さらに深田選手、平塚選手が連続ファーボールで1死満塁と一打同点のチャンスを作ります。

ここで期待のクリーンアップを迎えますが、島野選手がセカンドゴロ。
併殺崩れの間にまず中澤選手が還り2-3と1点差に詰め寄ります。

中澤選手が搭南2点目のホームイン

中澤選手が搭南2点目のホームイン

ここでさらに深田選手も一気にホームを狙いますが、ここはタッチアウト。
搭南得点は1点に終わりますが、8回を終えて2-3とその差1点に詰め寄ります。

1点差に詰め寄られた翔英は直後の9回表。
先頭8番の瀧野選手が四球で出塁すると、栄本選手の犠打で1死2塁とします。
2死後、2番新田選手がセンター前ヒットを放ち、貴重な追加点。
4-2と搭南を再び突き放します。

瀧野選手が京都翔英4点目のホームイン

瀧野選手が京都翔英4点目のホームイン

さらに川本選手がセンター前ヒットで繋ぎ2死12塁としたところで、主砲石原選手に打席が回ります。

ここでレフト前にヒット。
新田選手が一気にホームを狙いますがここはタッチアウト。
2点差で9回裏の攻防を迎えます。

チャンスで打席に迎う石原選手

チャンスで打席に迎う石原選手

新田選手がホームでタッチアウト

新田選手がホームでタッチアウト

優勝へあとアウト3つとなった翔英エース瀧野投手。
9回裏、一段とギアをあげたような投球内容。

まず先頭4番の築山選手を想いのこもったストレートで空振り三振にとると、思わず雄叫びを上げます。

続く波多野選手も空振り三振にとると、最後は野崎選手も空振り三振。
気迫の籠もった投球内容で三者三振に打ち取り試合終了。
京都翔英が初優勝を飾りました。

優勝を決め雄叫びをあげる瀧野投手

優勝を決め雄叫びをあげる瀧野投手

京都翔英、この春は危なげない内容で見事、初優勝を飾りました。
準々決勝の京都廣学館戦から3戦続けて観戦しましたが、どの試合も危なげない内容で、秋から地力をかなり上げてきたことが感じれる大会の内容でした。

夏は同じように簡単にはいかないことは、百戦錬磨のベテラン浅井監督ならば十分に想定された上で、対策を練られるでしょう。

秋ベスト4に入りながらも、突然の監督交代など、様々なことがあった今チームですが、初の夏の甲子園も十分に射程圏に入っていることを、内外に知らしめた春の大会だったと思います。

一方敗れた搭南。
ここまでの疲れもあったかと思いますが、龍谷大平安も破った京都翔英相手に最後まで食らいつく内容でした。

搭南は二次戦の、京都文教戦から4戦続けて観戦。
どの試合も相手を圧倒した内容ではありませんでしたが、悲願の初の甲子園に向けて順調に地力が上がってきていることを見せてくれました。

こちらも百戦錬磨の名将・奥本監督が率いるチーム。
この大会の結果で、甲子園に向けて「足りているところ」「力不足のところ」を十二分に認識されたのではないかと思います。

いよいよあと2ヶ月足らずで、京都に熱い夏が訪れます。
春の戦いの終わりは、同時に熱い夏のプロローグの始まりとなります。

初優勝に沸く京都翔英ナインたち

初優勝に沸く京都翔英ナインたち

京都翔英
012 000 001=4
100 000 010=2
塔南

翔 瀧野ー石原
塔 築山ー中澤

翔H10 E1
塔H3 E0

【打撃成績】

京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
6 阿部 四球 遊強襲安打(1) 一ゴロ 一ゴロ 一邪飛
7 新田 見逃三振 遊飛 空振三振 中前安打 中前安打(1)
3 川本 左前安打 四球 一ゴロ 二ゴロ併殺打 中前安打
3 寺田
2 石原 見逃三振 三ゴロ 遊ゴロ 左飛 左前安打 
5 森元 四球 右越三塁打(1) 四球 左前安打
8 山本 中飛 中犠飛(1) 遊ゴロ 投前犠打
9 高野 右飛 左前安打 左飛 空振三振
1 瀧野 中前安打 遊ゴロ 見逃三振 四球
4 栄本 投ゴロ
二盗
空振三振 左飛 三前犠打

搭南

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 深田 四球 三ゴロ 左飛 四球
8 平塚 投ゴロ失 左飛 空振三振 四球
3 島野修 投前犠打 右飛 右飛 二ゴロ(1)
1 築山 中犠飛(1) 中飛 見逃三振 空振三振
5 波多野 一邪飛 中飛 中前安打 空振三振
7 尾崎 右飛 右飛 遊安打 空振三振
9 長村 二ゴロ 空振三振 右飛
2 中澤 投ゴロ 中飛 中前安打
4 谷口 二飛 一ゴロ 投前犠打


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
瀧野 9 3 3 6 2 2

搭南

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
築山 9 10 5 6 4 4

[ 準決勝 ] 京都翔英 VS 龍谷大平安

2016年5月14日、春季京都大会2次戦準決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

8 山本
5 新田
3 川本
2 石原
6 森元
9 高野
7 浜野
1 瀧野
4 栄本

龍谷大平安

4 久保田
9 竹内
6 西川
3 橋本
5 冨田
7 岡田
2 竹葉
8 小川
1 大野

春季大会3連覇のかかる龍谷大平安と、初の決勝進出を目指す京都翔英の対戦(2012年秋に優勝経験有)。

まず守る平安の先発は背番号10の大野投手。

龍谷大平安先発の大野投手

龍谷大平安先発の大野投手

1回表の京都翔英の攻撃を、三振一つを含む三者凡退と上々の内容で抑えます。

対する翔英の先発はエース右腕瀧野投手。

京都翔英エース瀧野投手

京都翔英エース瀧野投手

1回裏の平安。
先頭1番の久保田選手が四球で出塁すると、2番竹内選手の打席で、翔英の強肩捕手石原選手から盗塁を成功させ無死2塁と先制のチャンスを作ります。

久保田選手が二盗成功

久保田選手が二盗成功

さらに1死後、3番西川選手の内野安打で1死13塁とし、主砲の橋本選手も四球で繋ぐと1死満塁と大きなチャンスを迎えます。

しかしここで5番冨田選手、岡田選手と期待の強打者が凡退し、平安先制のチャンスを逃します。

2死満塁の場面で強打者岡田選手を見逃し三振に獲った瀧野投手

2死満塁の場面で強打者岡田選手が見逃し三振

1回、2回と三者凡退が続いた京都翔英。
3回表、先頭6番の背番号19・浜野選手がレフトへ大きな当たり。
これがスタンドにまで届きチーム初安打がホームランとなり1-0と翔英が先制します。

先制ホームランの翔英・浜野選手

先制ホームランの翔英・浜野選手

1点を追う平安は、直後の3回裏。
1死後、2番竹内選手がセンター前、続く3番西川選手がレフト前に連打で12塁とチャンスを作ります。

得点圏にランナーを進める平安

得点圏にランナーを進める平安

しかし、期待のクリーンアップは、橋本選手がサードゴロ、冨田選手が空振り三振に倒れ無得点に終わります。

するとその直後の4回表、翔英は1死後、3番川本選手が一塁線へのゴロ。
これが投手前内野安打となり、2死後、5番森元選手は空振り三振に倒れますが、竹葉捕手が逸らしてしまい、振り逃げで2死12塁となります。

この場面で6番・高野選手がセンター前にヒットを放ち2-0とリードを広げます。

川本選手が2点目のホームイン

川本選手が2点目のホームイン

タイムリーヒットの高野選手

タイムリーヒットの高野選手

翔英は5回表も1死から、9番栄本選手がレフト前ヒットで出塁すると、内野ゴロとパスボールで2死3塁とし、3番川本選手がライト線にタイムリーヒットを放ち3-0とします。

川本選手がタイムリーヒットを放つ

川本選手がタイムリーヒットを放つ

栄本選手が3点目のホームイン

栄本選手が3点目のホームイン

その裏から、翔英は背番号10の高向投手へ継投。
瀧野投手はここでお役御免となります。

翔英2番手の高向投手

翔英2番手の高向投手

代わった直後の5回裏の平安の攻撃を、久保田選手に四球を出しますが、ノーヒット、奪三振1つとまずまずの内容で抑え、前半の5回の攻防を終えます。

6回表の翔英。
簡単に2死走者無しとなりますが、7番浜野選手がなんとこの試合2本目のソロホームランをまたもレフトスタンドへ叩き込み4-0と平安を突き放したところで、先発の大野投手はマウンドを降ります。

この試合2本目のソロホームランを放った浜野選手(右端)

この試合2本目のソロホームランを放った浜野選手(右端)

平安2番手の島田投手

平安2番手の島田投手

背番号11の島田投手がマウンドへあがりますが、高向選手、栄本選手2人に対しストライクがわずか1球しか入らず連続四球でマウンドを早くも、19番の増田投手へ譲ります。

平安3番手の増田投手

平安3番手の増田投手

しかし代わった増田投手も山本選手にストレートの四球を与え、2死満塁となったところで、平安は京都外大西戦に続いて、エース市岡投手をリリーフ登板させます。

平安エース市岡投手

平安エース市岡投手

このピンチに登板した市岡投手ですが、新田選手をファーストゴロに打ち取り、全国クラスの投手の貫禄を見せます。

4点を追う展開になった平安は、直後の6回裏、1死から5番冨田選手が、ボテボテの当たりながらも、投前内野安打で出塁すると、2死後、竹葉選手がセンター前に弾き返し13塁とチャンスを作ります。

しかしここで8番小川選手がセンターフライに倒れまたも無得点に終わります。

チャンスであと一本が出ない平安打線

チャンスであと一本が出ない平安打線

平安は7回裏、先頭の9番市岡選手がライトスタンドへソロホームランを放ち、一矢を報います。

ソロホームランの平安市岡選手

ソロホームランの平安市岡選手

一方、翔英は市岡投手に代わってから、7回、8回とノーヒットに抑えられてきましたが、9回表、1番からの好打順。

まずは山本選手がレフト前ヒットで出塁します。
さらに犠打と内野ゴロで2死3塁とし、主砲石原選手との注目の打席を迎えます。

石原捕手が四球を選ぶ

石原捕手が四球を選ぶ

しかしここは、市岡投手、この春季大会初めての四球を与え、2死13塁とピンチを拡大させてしまいます。

この場面で、5番森元選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、貴重な追加点。
5-1と京都翔英が龍谷大平安をリードします。

山本選手が5点目のホームイン

山本選手が5点目のホームイン

タイムリーヒットの森元選手

タイムリーヒットの森元選手

試合はこのまま、9回裏の平安の攻撃は、2死から市岡選手が四球で出塁しますが後続が続かず、昨夏の京都大会に続いて、京都翔英が龍谷大平安を破り、春季大会は初の決勝へコマを進めました。

試合後の応援席への挨拶

試合後の応援席への挨拶

太田前監督時代の平安戦と言えば、時に高校野球らしからぬ「場外戦」でも注目を集めたこのカード。

京都廣学館戦でも感じましたが、正統派のチームに生まれ変わった新生翔英が、王者平安相手にも堂々たる横綱相撲で、試合内容も「完勝」と言っていい展開でした。

もちろんこの試合、平安はエース市岡投手でなく、2番手投手育成を目的に戦ってきたため、夏に再戦するときは同じような展開にはならないと思います。

しかし瀧野投手という投の軸。
野手陣では圧倒的な存在感を放つ石原捕手と、それぞれ軸になる選手を持ち、それぞれに層も厚いチーム。
初の夏の甲子園を十分に狙っていけるチームであることを、十分に示したと思います。

対する平安。
この春は2番手投手育成も重要な目的だったと思いますが、この大会に限って言えば夏に不安を残した大会だったと思います。

また攻撃陣もやや気になるところ。
センバツや、練習試合の疲れもあると思いますし、これが実力でないことは誰もがわかっていることですが、甲子園通算100勝まであと1勝。
この夏に達成するためにも、もう京都で負けることは許されません。

この敗戦を糧に、あと2ヶ月ほどですが、再びチーム力をピークに仕上げてくると思います。

甲子園がかかった大一番でこの両チームの激突がみらられば、新たな京都のゴールデンカードとして盛り上がっていくと信じています。

そうなることを両チームに期待したいと思います。

京都翔英
001 111 001=5
000 000 100=1
龍谷大平安

翔 瀧野、高向ー石原
平 大野、島田、増田、市岡ー竹葉

翔H9 E0
平H8 E0

本塁打
翔 浜野(1)、浜野(1)
平 市岡(1)

【打撃成績】

京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
山本 中飛 二飛併殺打 二ゴロ 四球 左前安打
新田 二ゴロ 遊ゴロ (パスボール)
四球
一ゴロ 三前犠打
谷崎
川本 空振三振 投安打 右線安打(1) 一ゴロ 二ゴロ
寺田
石原 遊邪飛 左飛 空振三振 四球 四球
森元 中飛 空振三振
(振り逃げ)
一ゴロ 右飛 左前安打(1)
高野 投ゴロ 中前安打(1) 二飛 遊ゴロ 二ゴロ
浜野 左本塁打(1) 空振三振 左本塁打(1) 二飛
大谷
瀧野 中飛 一飛
高向 四球 見逃三振
栄本 右前安打 左前安打 四球 三飛

龍谷大平安

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
久保田 四球
二盗
右飛 二ゴロ 見逃三振 右飛
竹内 遊ゴロ 中前安打 四球 一ゴロ
西川 三安打
二盗
左前安打 見逃三振 空振三振
橋本 四球 三ゴロ 中飛 空振三振
冨田 捕邪飛 空振三振 投安打 右前安打
岡田 見逃三振 二飛 一邪飛 二ゴロ併殺打
竹葉 二飛 中飛 中前安打
木村 空振三振
小川 遊安打
盗塁死
三ゴロ 中飛 右飛
大野 二飛 ()中飛
島田
増田
市岡 右本塁打(1) 四球


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
瀧野 4 4 2 2 0 0
高向 5 4 2 5 1 1

龍谷大平安

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
大野 5 2/3

[ 準々決勝 ] 京都翔英 VS 京都廣学館

2015年5月8日、春季京都大会2次戦準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

6 阿部
7 新田
8 山本
2 石原
5 森元
3 川本
9 永井
1 高向
4 栄本

京都廣学館

9 白井
8 國光
7 前野
3 岩倉
5 千代
2 赤坂
4 中山
1 鹽見
6 江口

秋の大会でベスト4と結果を出した後、突如翔英は、太田監督が退任。
東邦OBで名古屋産業大の監督や、仙台育英のコーチなどを歴任された浅井監督が新たにチームの指揮を執られました。

ユニフォームもこれまでのタテジマから、東邦をイメージするようなデザインに一新。
まさに新生翔英となったわけですが、この春、直接観戦するのはこの試合が初めてとなりました。

京都翔英、浅井新監督

京都翔英、浅井新監督

まず守る廣学館はエース鹽見投手が先発します。

京都廣学館エースの鹽見投手

京都廣学館エースの鹽見投手

1回表の翔英、先頭の阿部選手がレフト前ヒットで出塁しますが、後続が続かずに初回無得点に終わります。

対する翔英は背番号10、左の高向選手が先発します。
秋の京都国際との3位決定戦では外野でクリーンアップを任されいた選手と同じと思われます。

京都翔英、先発の高向投手

京都翔英、先発の高向投手

1回裏の廣学館は、先頭1番の白井選手が四球で出塁しますが、後続が続かずこちらも無得点。
1回は両チームともノーアウトのランナーを出しますが、得点までは結びつきません。

3回表の翔英。
まず先頭1番の阿部がショートゴロエラーで出塁すると、1死後、山本選手の打席、初球で二盗を成功させ、1死2塁とします。
さらに山本選手のセカンドゴロが進塁打となり2死3塁で、ドラフト候補の呼び名も高い主砲石原選手を迎えます。

しかし、このチャンスでは空振り三振に倒れ、翔英先制はなりません。

三振に倒れた主砲石原選手

三振に倒れた主砲石原選手

すると直後の3回裏。
廣学館は先頭9番の江口選手がライト前ヒットで出塁します。

ヒットで出塁の江口選手

ヒットで出塁の江口選手

さらに白井選手の送りバント処理を、高向投手が誤り無死12塁となります。
続く國光選手の送りバントは、3塁フォースアウトとなり1死12塁となりますが、3番前野選手がレフトオーバーの2塁打を放ち、2-0と廣学館が先制します。

廣学館2点目の場面

廣学館2点目の場面

先制タイムリーヒットの前野選手

先制タイムリーヒットの前野選手

この後さらに岩倉選手の内野安打、千代選手の四球で1死満塁となったところで、翔英は早くも継投。
背番号11の内橋投手がマウンドへ上がります。

翔英2番手の内橋投手

翔英2番手の内橋投手

一気に畳み掛けたい廣学館でしたが、6番といえ強打者の赤坂選手。
ここはサードゴロ併殺打に倒れ、2点にとどまります。

先制点を奪われた翔英は、直後の4回表、先頭5番の森元選手がライト線へ二塁打で出塁すると、続く川本選手が四球とパスボールで無死13塁と絶好のチャンスを作ります。

三塁へ進む森元選手

三塁へ進む森元選手

続く7番永井選手はショートゴロ。
6-4-3と渡って併殺打が成立した間に、森元選手がホームイン。
4回表を終わって2-1と廣学館のリードは1点となります。

併殺打の間に、森元選手がホームイン

併殺打の間に、森元選手がホームイン

序盤、廣学館の鹽見投手に抑えられた翔英打線ですが、5回表、先頭9番の栄本選手、1番の阿部選手に連打が生まれ無死12塁となります。

ここで2番新田選手がライト線へ走者一掃の二塁打を放ち、3-2と逆転に成功します。

2者が還り翔英逆転!

2者が還り翔英逆転!

逆転タイムリーヒットの新田選手

逆転タイムリーヒットの新田選手

さらに山本選手の2球目でパスボールがあり、無死3塁となると、山本選手自らレフト前へ弾き返し、この回一気に3点。
4-2とゲームをひっくり返します。

山本選手のタイムリーヒット

山本選手のタイムリーヒット

新田選手が4点目のホームイン

新田選手が4点目のホームイン

ベンチにガッツポーズで応える山本選手

ベンチにガッツポーズで応える山本選手

勢いに乗った翔英は、6回表も、鹽見投手を攻めます。
先頭、途中出場の7番高野選手がセンター前にヒットで出塁すると、内橋選手の犠打を、鹽見投手がセカンド野選。
無死12塁となります。

ここで9番栄本選手がしっかり犠打を成功させ、1死23塁とすると、1番阿部選手のファーストゴロで高野選手がホームインし5-2とします。

さらに続く新田選手がライト線二塁打で内橋選手が還り、6-2と廣学館を突き放しにかかったところで、廣学館は投手交代。
背番号11の小谷投手がマウンドへあがります。

2打席連続長打の新田選手

2打席連続長打の新田選手

内橋選手が6点目のホームイン

内橋選手が6点目のホームイン

廣学館2番手の小谷投手

廣学館2番手の小谷投手

小谷投手は代わり端、3番、山本選手を見逃し三振で、なんとか6回表の翔英の攻撃を2点で抑えます。

しかし続く7回表。
この回は翔英4番の石原選手からの攻撃ですが、四球で出塁すると、森元選手の犠打で1死2塁とします。
さらに川本選手のセカンドゴロが進塁打となり2死3塁から、7番高野選手がライト前へ弾き返し7-2とその差を5点に広げます。

ライト前タイムリーヒットを放つ高野選手

ライト前タイムリーヒットを放つ高野選手

石原選手が7点目のホームイン(右端)

石原選手が7点目のホームイン(右端)

7回裏から、翔英は背番号20の平垣内投手がマウンドへ。

翔英3番手の平垣内投手

翔英3番手の平垣内投手

先頭の7番、中山選手をショートゴロエラーで出塁させると、小谷投手の代打・岸田選手が四球。
さらに9番江口選手がレフト前ヒットで無死満塁のチャンスを廣学館が作ります。

ここで上位打線に回る廣学館ですが、白井選手のセカンドゴロ併殺打の間の1点に終わります。

白井選手のセカンドゴロ併殺打の間に廣学館1点を返します

白井選手のセカンドゴロ併殺打の間に廣学館1点を返します

廣学館は8回表から4番を打っていた背番号20の岩倉選手がマウンドへ上がります。

廣学館の岩倉投手

廣学館の岩倉投手

代わり端、先頭1番の阿部選手を四球で歩かせると、続く新田選手が3打席連続となる二塁打で、一気に阿部選手がホームインし、8-3と再びその差が5点に広がります。

阿部選手が8点目のホームイン

阿部選手が8点目のホームイン

3打席連続二塁打の新田選手

3打席連続二塁打の新田選手

8回裏から、翔英はエースの瀧野投手が4番手のマウンドへ上がります。

翔英エースの瀧野投手

翔英エースの瀧野投手

代わった8回裏は、先頭の3番、前野選手にレフト前ヒットを打たれますが、後続をしっかりと抑えて無失点に抑えます。

ベンチへ戻る翔英バッテリー

ベンチへ戻る翔英バッテリー

試合はこのまま終わり、8-3で京都翔英が勝ち、ベスト4に進出。
準決勝は龍谷大平安との対戦となりました。

まず勝った翔英。
太田翔英のカラーを一新しました。
ノックであったり、独特の守備体勢、またエースピッチャーに背番号18をつけさせるなど、個性溢れるチームでもありましたが、浅井新体制では、「オーソドックス」なチームへと変貌を遂げました。

しかし、実力は秋から見ても随分とレベルが上がっていたように思えました。
瀧野投手も最後、秋の準決勝・福知山成美戦で観たときより、ストレートの威力も増していたように思えました。

太田前監督時代だと、次戦平安戦は独特の熱さがありましたが、恐らく浅井監督は冷静に対戦されるのでしょう。

平安と互角に張り合う名門・東邦カラーで、がっぷり4つに組んだ横綱相撲を期待したいと思います。

一方敗れた京都廣学館。
中盤以降は翔英の地力が勝っていたように思えました。

しかし、ここまでの快進撃は賞賛に値するものだと思います。
また岩倉投手も鹽見投手とWエース体勢が十分取れる好投手。
この試合では打線が抑えられてしまいましたが、自慢の打線が爆発すれば、そうは失点も本来少ないチームだと思いますので、初の甲子園も十分に狙っていけるチーム力はあると思います。

今シーズンの廣学館の試合はこれで4試合目の観戦。
集大成の夏、是非期待したいと思います。

京都翔英
000 132 110=8
002 000 100=3
京都廣学館

翔 高向、内橋、平垣内、瀧野ー石原
廣 鹽見、小谷、岩倉ー赤坂

翔H10 E2
廣H7 E2

【打撃成績】

京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
阿部 左前安打 遊ゴロ失 右前安打 一ゴロ(1) 四球
新田 中飛 右飛
(二盗)
右線二塁打(2) 右線二塁打(1) 右中間二塁打(1)
山本 遊ゴロ 二ゴロ パスボール
左前安打(1)
見逃三振 中飛
石原 四球 空振三振 三ゴロ 四球 空振三振
森元 二ゴロ 右線二塁打 左飛 捕前犠打 中飛
川本 四球 四球、パスボール 中飛 二ゴロ 二ゴロ
永井 (パスボール)
空振三振
遊ゴロ併殺打(1)
高野 中前安打 右前安打(1) 四球
(盗塁死)
高向 空振三振
内橋 三振 投犠打野選
大下 四球
平垣内
瀧野 空振三振
栄本 二ゴロ 左前安打 投前犠打 右飛

京都廣学館

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
白井 四球 投ゴロ失 二ゴロ 二ゴロ併殺打(1)
國光 投前犠打 投ゴロ 中飛 見逃三振
前野 二飛 左越二塁打(2) 右飛 左前安打
岩倉 空振三振 遊安打 中前安打 捕邪飛
千代 右飛 四球 左飛 左飛
赤坂 空振三振 三ゴロ併殺打 遊ゴロ併殺打 見逃三振
中山 左前安打 捕邪飛 遊ゴロ失 一飛
鹽見 三ゴロ 遊飛
小谷
岸田 四球 三ゴロ
江口 右前安打 遊ゴロ 左前安打 一ゴロ


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
高向 2 1/3 4 2 2 2 2
内橋 3 2/3 1 0 0 0 0
平垣内 1 1 1 1 1 0
瀧野 2 1 0 2 0 0

京都廣学館

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
鹽見 5 2/3 8 3 4 6 6
小谷 1 1/3 1 2 1 1 1
岩倉 2 1 2 2 1 1

[ 3位決定戦 ]京都国際 VS 京都翔英

2015年10月4日、秋季京都大会2次戦3位決定戦

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

8 大谷
7 新田
3 川本
2 石原
9 高向
1 阿部
5 山本
4 森元
6 栄本

京都国際

4 野崎
6 西川
2 土居
7 木村
3 中西
9 清水
8 柳
5 佐藤
1 中川英

今年の京都は近畿大会出場枠が2のため、3位になっても近畿大会への出場権は得ることができません。

それでも実力校同士の対決。
だれが先発するのか等興味深く観戦させていただきました。

まず守る京都国際は前日の準決勝平安戦に続く連投、背番号10ですがエースと呼んでいいでしょう、右サイドの中川投手。

豪快な投球フォームの中川投手

豪快な投球フォームの中川投手

1回表の翔英の攻撃。
先頭の大谷選手が四球、1死後3番川本選手も四球と1死12塁。
ここで、前日の福知山成美戦は5番を打っていた、石原選手を迎えますがセカンドランナー大谷選手が牽制死。
さらに自身も三振に倒れ、先制のチャンスを逃します。

京都翔英は背番号1(翔英のエースナンバーは18です)の阿部投手が先発。

京都翔英先発の阿部投手

京都翔英先発の阿部投手

1回裏の京都国際の攻撃。
先頭の野崎選手が死球で出塁。
その後、2者連続三振で持ち直したかと思いましたが、木村選手が四球を選ぶと、続く中西選手は頭部死球を受け満塁となります。

しかし続く清水選手がサードへのファールフライに倒れ、両チームチャンスを生かせない初回の攻撃となりました。

続く2回裏の国際の攻撃。
2死後、9番の中川選手が四球で出塁すると、野崎選手がライト前ヒットでつなぐと、西川選手のファーストゴロを捕球しそこねている間に、中川選手が一気にホームイン。
京都国際が1点を先制します。

タイムリーエラーで出塁の西川選手

タイムリーエラーで出塁の西川選手

その直後の3回表の翔英の攻撃。
1死後、9番の栄本選手が四球を選ぶと、続く大谷選手が死球。
この後外野フライと盗塁で2死23塁となりますが、3番の川本選手がショートフライに倒れ、初回に続きチャンスをモノにできません。

たびたびチャンスを迎えていましたが、4回終えて、翔英はまだ無安打でしたが、5回表この回先頭の、福知山成美戦では3番を打っていた8番森元選手がライト戦2塁打でようやくヒットが記録されます。

しかしこのチャンスも続く栄本選手の犠打が捕手フライになり、飛び出した森元選手がセカンドでタッチアウト。
またもチャンスを生かすことができません。

終盤戦、やや両先発投手も落ち着き、国際が3安打、翔英が2安打のまま1-0で国際がリードし9回表の翔英の攻撃を迎えます。

その翔英の攻撃、先頭の5番高向選手がセンター前ヒットで出塁。
さらに阿部選手が頭部に死球を受け無死12塁となります。
続く7番山本選手の投手ゴロで1死13塁。
臨時代走の中山選手が二盗を成功させ、1死23塁と一打逆転のチャンスを迎えると、途中出場の瓜田選手がセンターオーバーの2塁打で同点に追いつきます。

同点タイムリーの瓜田選手

同点タイムリーの瓜田選手

しかしセカンドランナーは帰れず23塁のまま。
9番栄本選手がスクイズで勝ち越しを狙いましたが、フライになりサードが好捕。
飛び出した3塁ランナーは帰れず逆転のチャンスを生かせず同点のまま試合は延長戦に入ります。

10回裏の国際の攻撃。
2番からの好打順でしたが、先頭の西川選手が四球で出塁。
土居選手の犠打、木村選手の内野ゴロで2死3塁とサヨナラのチャンスを作ると、5番の中西選手がレフト前へタイムリーヒットを放ちサヨナラ勝ち。

この秋季大会、快進撃を見せた国際が記録にも残る3位の称号を得ました。

サヨナラのホームを踏んだ西川選手

サヨナラのホームを踏んだ西川選手

この試合、被安打は翔英が4本、国際が5本。
スコアも2-1ですので投手戦と見えますが、手元で数えた限り、国際中川投手の与四死球が10、翔英阿部投手が7つの与四死球と荒れた試合でした。

両チーム、決め手を欠きながら最後にチャンスをモノにした国際に軍配があがった形になりました。

この両チームの現時点での感想は、それぞれ国際は平安戦
翔英は福知山成美戦で記させていただきましたので、この試合では割愛させて頂きます。

京都国際にとっては実り多き秋になったと思います。
また来春、両チームのさらにスケールアップした姿を観戦したいと思います。

両チームおつかれさまでした!

京都翔英
000 000 001 0=1
010 000 000 1x=2
京都国際

翔H4 E2
国H5 E0

翔 阿部 ー 石原
国 中川英 ー 土居