Category Archives: 2016年夏季大阪大会

[ 一回戦 ] 大阪 VS 千里

2016年7月9日、第98回全国高等学校野球選手権大阪大会一回戦

京セラドーム大阪

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

大阪

6 池内
4 福元
7 芝
3 久米
9 澤田
5 上林
2 金子
8 渡邊
1 原

千里

1 伊藤
6 湯脇
2 石井
5 上野山
7 米永
8 西村
3 田中
9 湯本
4 堤

まず守る千里の先発は背番号6の伊藤投手。

千里先発、伊藤投手

千里先発、伊藤投手

1回表の大阪、簡単に2死となりますが、3番芝選手が四球で出塁すると、続く久米選手のセンター前ヒットで2死13塁。
さらに澤田選手も四球で2死満塁としますが、後続が続けず無得点に終わります。

センター前ヒットの久米選手

センター前ヒットの久米選手

初回のチャンスを生かせなかった大阪ですが、先発はエース左腕の原投手。

大阪のエース原投手

大阪のエース原投手

1回裏の千里は、1死から2番湯脇選手が遊ゴロ失策で出塁すると、続く石井選手のライト前ヒットで1死13塁とチャンスを広げます。

ヒットを放つ石井選手

ヒットを放つ石井選手

ここで4番、上野山選手がきっちりとライトへ犠牲フライを放ち、まずは千里が1-0とリードする展開となります。

千里の湯脇選手が先制のホームイン

千里の湯脇選手が先制のホームイン

1点を先制された大阪は直後の2回表。

1回に続き簡単に2死走者無しになりますが、9番原選手が四球を選ぶと、続く1番池内選手も四球で繋ぎ、2死12塁となります。
ここで2番福元選手の投手へのゴロは強襲安打となり、打球がレフト前へと転がる間に、原選手が還り1-1の同点に追いつきます。

原選手が同点のホームイン

原選手が同点のホームイン

さらに続く芝選手のセカンドへの当たりが内野安打となり、かつ一塁への送球が逸れる間に池内選手が還り2-1と逆転に成功します。

セカンド内野安打の芝選手

セカンド内野安打の芝選手

さらにこの芝選手が二盗をしかけ、千里石井捕手の送球が逸れる間に福元選手が3点目のホームを踏みます。

福元選手が3点目のホームイン

福元選手が3点目のホームイン

さらにこの後、2塁へ進んだ芝選手も三盗を試み、同じく石井捕手からの送球がレフトへ逸れる間にホームインし2回表を終わり4-1と大阪がリードする展開となります。

直後の2回裏、千里は1死から7番、田中選手、8番湯本選手に連打が生まれ、1死12塁としますが、田中選手が三盗を失敗させ、結果この回無得点と、やや立ち上がり、攻守にわたり「乗り切れない」展開となってしまいます。

しかし、3回表に入ると、ようやく千里先発の伊藤投手も落ち着きを見せ、力強いストレートと、変化球のコンビネーションで大阪打線を押さえ込みます。

特に圧巻だったのは、3回表2死から渡邊選手を見逃しの三振にとると、イニングをまたぎ、4回表の原選手、池内選手を続けて空振り三振と合せて3者連続三振と完全に立ち直った様子を見せます。

その伊藤投手に応えたい千里打線は4回裏、先頭の5番米永選手が、この試合初めて(すなわち今大阪大会初めて)となる長打となる、レフトオーバーの二塁打で出塁します。

自軍三塁側ベンチにガッツポーズで応える米永選手

自軍三塁側ベンチにガッツポーズで応える米永選手

さらに犠打で1死3塁とチャンスを拡大しますが、この絶好機に後続が続かず、千里無得点に終わります。

チャンスの場面で千里田中選手はサードゴロに倒れる

チャンスの場面で千里田中選手はサードゴロに倒れる

直後の5回表、大阪は2死1塁から6番の上林選手を打席に迎えますが、ここで頭部にデッドボール。
臨時代走に澤田選手が送られ、心配しましたが直後の守備には元気にグラウンドに戻って来、スタンド全体から大きな拍手が起こります。
(試合はこの回、2死12塁から金子選手がライトフライに倒れ無得点に終わります。)

その5回裏の千里。
9番の堤選手、1番の伊藤選手と連続で空振り三振・・・
かと思いましたが、伊藤選手が振り逃げとなり1死1塁となります。

すると2番湯脇選手が四球でつなぎ、3番石井選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち、2-4とその差を2点とします。

千里、伊藤選手が2点目のホームイン

千里、伊藤選手が2点目のホームイン

この際、バックホームが逸れてなお1死23塁とチャンスが続き、4番上野山選手はセカンドゴロに倒れますが、またもバックホームが逸れ野選となり3-4と1点差、なお1死13塁と千里が一打同点という場面を作ります。

しかしここは先ほどの打席で長打を放った、期待の米田選手でしたがショートゴロ併殺打に倒れ3-4のままで前半5回の攻防を終えます。

グラウンド整備後、試合再開となった6回表、大阪は先頭の8番渡邊選手が右中間を破る三塁打で無死3塁と絶好の追加点のチャンスを作ります。

右中間を破る3塁打を放ち、3塁へ滑り込んだ渡邊選手

右中間を破る3塁打を放ち、3塁へ滑り込んだ渡邊選手

1死後1番の池内選手がレフトへ犠牲フライを放ち、渡邊選手がホームに戻り5-3と大阪が千里を再度突き放しにかかります。

池内選手の犠牲フライでホームに戻る渡邊選手

池内選手の犠牲フライでホームに戻る渡邊選手

大阪は続く7回表にも、先頭の5番澤田選手を四球で出塁させると、犠打などで2死2塁となり、先ほどの打席で三塁打を放っている渡邊選手が、次はセンター前にタイムリーヒットを放ち6-3と再びその差を3点差に広げます。

渡邊選手の打球はセンター前へ!

渡邊選手の打球はセンター前へ!

澤田選手が6点目のホームイン

澤田選手が6点目のホームイン

しかし諦めない千里は7回裏、9番堤選手に代わり、代打に土井選手が先頭の打席へ。
ここでライトオーバーの二塁打を放ち、無死2塁と絶好のチャンスを作ります。

二塁打を放った土井選手

二塁打を放った土井選手

ここで上位打線に戻る千里打線でしたが、後続が続かずチャンスを生かすことができません。

すると直後の8回表の大阪、1番からの好打順で池内選手がレフト前ヒット、さらに二盗を決めて無死2塁とチャンスを作ります。

しかし、ここは千里伊藤選手も踏ん張り、なんとか2死後までこぎつけますが、やや疲れが見えたか久米選手、澤田選手に連続四球を与え2死満塁と大阪が絶好のチャンスを迎えます。

3塁へ進む池内選手

3塁へ進む池内選手

ここで迎える6番上林選手、カウント2-2からファールで粘った後、左中間を完全に破る走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に9-3としたところで、粘投してきた千里伊藤投手はマウンドを、エースナンバーでレフトを守っていた米永選手に譲り、伊藤選手はショートに入ります。

上林選手がタイムリー三塁打を放った場面

上林選手がタイムリー三塁打を放った場面

千里2番手の米永投手

千里2番手の米永投手

しかし代わった米永選手も大阪打線を止めることができません。
代わり端、7番金子選手にセンター前ヒットを放たれ、10-3とリードを広げられると、続く渡邊選手にこの試合二本目の三塁打を右中間に運ばれ11-3とさらにリードを広げられてしまいます。

10点目のタイムリーヒットを放った金子選手

10点目のタイムリーヒットを放った金子選手

この試合2本目の3塁打を放った渡邊選手

この試合2本目の3塁打を放った渡邊選手

やや緊張の糸が切れてしまったか、続く原選手のセカンドゴロもエラーでさらに1点を追加、8回表、大阪は6点を追加し12-3と大きくリードする展開となります。

これで3点返さないとコールドゲームが成立する千里。
4番上野山選手から始まる8回裏の攻撃ですが、センターオーバーの三塁打を放ちます。

三塁打の上野山選手

三塁打の上野山選手

諦めない千里はさらに続く5番米永選手が、この試合2本目の二塁打をレフト線に放ち4-12と1点を返し意地を見せます。

千里4点目のシーン

千里4点目のシーン

タイムリー2塁打の米永選手

タイムリー2塁打の米永選手

勢いに乗りたい千里は代打旭選手を送りますが、ここは大阪原投手が空振り三振を取ったところで、大阪は投手交代。
右の星野投手がマウンドへ上がります。

大阪2番手の星野投手

大阪2番手の星野投手

最後まで粘りの姿勢を見せた千里でしたが、力強い星野投手のストレートを中心にした投球に後続断たれ8回裏は1点に終わり、コールドゲームが適用され12-4で大阪が勝利。
2回戦へコマを進めました。

校歌斉唱の大阪ナイン

校歌斉唱の大阪ナイン

試合内容ですが、序盤2回表の千里の失点は2死から防げた内容だっただけに4失点というのは、結果的に大きくのしかかってしまった格好になりました。

しかしそれでも諦めないで、立ち直り相手の原投手よりも多い奪三振を奪った伊藤投手、また支えたバックは素晴らしく終盤まで競った好ゲームとなりました。

大阪の原投手は恐らくカーブでしょうか。
大きな変化球を武器に、千里に的を絞らせませんでした。
また2番手の星野投手も力強いボールを投げる投手。
初めて観戦したチームですが、投手力のいいチームといった印象を受けました。

激戦区大阪を勝ち抜くのは容易ではありませんが、好チームだけに次戦以降も注目していきたいと思います。

そして敗れた千里も点差ほどの力差はなかったと思います。
まさかコールド決着になるとは思えないゲーム展開でしたが、ヒット以上に与えた四死球の多さが結果致命的になってしまいました。

しかし試合終了後、スタンドからは熱戦を称える拍手が鳴り止みませんでした。
伝わるものは十分にあった、繰り返しになりますが、本当に開幕戦に相応しい好ゲームでした。
3年生の選手たちは本当にお疲れ様でした。

大阪
040 001 16=12
100 020 01=4
千里

大阪高校8回コールド勝ち!

大 原、星野 ー 金子
千 伊藤、米永 ー 石井

大 H9 E2
千 H8 E5

【打撃成績】

大阪

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席
6 池内 一邪飛 四球 空振三振 左犠飛(1) 左安打
二盗
遊ゴロ
4 福元 遊ゴロ 投手強襲安打(1) 二ゴロ 遊ゴロ失 投ゴロ
7 芝 四球 二安打
失策(1)
二盗
三盗
二ゴロ 四球 右直
3 久米 中安打 四球 四球 空振三振 四球
9 澤田 四球 空振三振 遊飛 四球 四球
5 上林 遊ゴロ 遊ゴロ 死球 投犠打 左中間三塁打(3)
2 金子 中飛 三ゴロ 右飛 遊ゴロ 中前安打(1)
8 渡邊 左飛 見逃三振 右中間三塁打 中前安打(1)
三盗
右中間三塁打(1)
1 原 四球 空振三振 見逃三振 中飛 二ゴロ失(1)
1 星野

千里

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
16 伊藤 見逃三振 遊直 空振三振
(振逃げ)
中飛
64 湯脇 遊ゴロ失 一飛 四球 右飛
28 石井 右前安打 二ゴロ 中前安打(1) 二ゴロ
5 上野山 右犠飛(1)
二盗
二ゴロ 二ゴロ野選(1) 中越三塁打
71 米永 投ゴロ 左越二塁打 遊ゴロ併殺打 左線二塁打(1)
89 西村 遊飛 投犠打 空振三振
H 旭 空振三振
3 田中 左安打
三盗死
三ゴロ 遊ゴロ
H 渡邊 空振三振
9 湯本 左安打 一邪飛 二飛
4 今村
7 田村 遊ゴロ
4 堤 四球 空振三振
H2 土井 右越二塁打


【投手成績】

大阪

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
7 1/3 8 2 5 4 3
星野 2/3 0 0 1 0 0

千里

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
伊藤 7 2/3 7 11 6 9 7
米永 1/3 2 0 0 3 1

[ 開会式 ] 第98回全国高等学校野球選手権大阪大会

2016年7月9日(土)、近畿地方はあいにくの天気でしたが、大阪大会はプロ野球オリックス・バファローズの本拠地「京セラドーム大阪」での開会式と、2試合の開幕戦ということで、雨の影響も関係なく無事に開幕しました。

開会式会場の京セラドーム大阪

開会式会場の京セラドーム大阪

この日は、京都大会に行く予定でいましたが、急遽雨で順延が決まったため、大阪へ移動。
到着した頃にはほとんどの高校の行進が終わったところでした。

各校の入場行進

各校の入場行進

全ての出場校が出揃い、まずは前年優勝の大阪偕星学園の的場主将による優勝旗返還。

優勝旗返還を行う大阪偕星学園の的場主将

昨年は初の甲子園で、滋賀県の名門比叡山を初戦で破り、念願の甲子園出場。オフシーズンには姫野優也選手が北海道日本ハムファイターズに入団するなど、大飛躍を遂げた一年でした。
今年も激戦区大阪を大いに盛り上げて欲しいと思います。

大会会長浅田建氏の挨拶

大会会長浅田建氏の挨拶

大阪高野連の会長・浅田建氏による開会の挨拶。
「努力は人を裏切らない」の言葉が印象的でした。

そして選手宣誓は今宮工科の池本主将。

選手宣誓の今宮工科・池本主将

選手宣誓の今宮工科・池本主将

こんな立派な球場、会場で堂々とした宣誓は、一生の思い出に残ることだと思います。

途中からの大阪大会開会式でしたが、素晴らしいセレモニーだったと思います。
これから始まる熱いドラマにファンとして期待をしています!