Category Archives: 2016年夏季京都大会

[ 全試合結果 ] 第98回全国高等学校野球選手権京都大会

四回戦以降は、わかさスタジアム京都にて開催

【 決勝 】
7月25日(月)
京都翔英 11 – 1 福知山成美(京都翔英初優勝)

【 準決勝 】
7月24日(日)
福知山成美 4 – 0 塔南 ※観戦記
京都翔英 9 – 2 立命館宇治(7回コールド) ※観戦記

【 準々決勝 】
7月22日(金)
塔南 2 – 1 日星
福知山成美 8 – 2 東山
立命館宇治 2 – 1 京都廣学館(延長10回)
京都翔英 9 – 0 京都文教(7回コールド)

【 四回戦 】
7月21日(木)
京都翔英 6 – 5 北稜(延長11回)
京都文教 8 – 7 京都外大西

7月20日(水)
福知山成美 3 – 2 龍谷大平安
京都廣学館 8 – 6 乙訓
立命館宇治 3 – 0 鳥羽

7月19日(火)
日星 6 – 5 北桑田(延長10回)
塔南 6 – 4 立命館(延長11回)
東山 4 – 3 西舞鶴

【 三回戦 】
7月18日(月・祝)
わかさ
鳥羽 7 – 1 網野 ※観戦記
京都翔英 11 – 0 洛星 ※観戦記

太陽ヶ丘
立命館宇治 12 – 2 京都すばる(6回コールド)
京都外大西 14 – 4 北嵯峨(6回コールド)

あやべ
北稜 3 – 2 大谷(延長15回)
京都文教 6 – 3 東稜
乙訓 9 – 5 洛北

7月17日(日)
わかさ
日星 7 – 0 京都工学院(8回コールド)
京都廣学館 1 – 0 桂
東山 8 – 0 加悦谷(7回コールド)

太陽ヶ丘
塔南 8 – 7 京都成章 ※観戦記
龍谷大平安 10 – 4 京都両洋 ※観戦記
立命館 7 – 3 同志社国際

あやべ
西舞鶴 3 – 1 宮津
福知山成美 3 – 2 峰山(延長15回)

7月16日(土)
わかさ
北桑田 4 – 1 洛西

【 二回戦 】
7月17日(日)
あやべ
北嵯峨 6 – 2 堀川

7月16日(土)
わかさ
大谷 5 – 0 城南菱創
京都文教 7 – 1 同志社

太陽ヶ丘
東稜 4 – 2 東宇治
北稜 8 – 0 久美浜
洛星 6 – 5 嵯峨野(延長10回)

あやべ
京都翔英 14 – 0 久御山(5回コールド)
京都外大西 13 – 0 洛水(5回コールド)
立命館宇治 1 – 0 府立工業(延長11回)

7月15日(金)
わかさ
乙訓 7 – 1 桃山
洛北 10 – 3 西乙訓(7回コールド)
京都すばる 3 – 2 洛南

太陽ヶ丘
京都廣学館 1 – 0 山城(延長10回)
網野 6 – 4 洛陽工業
鳥羽 6 – 5 京都国際(延長11回)

あやべ
龍谷大平安 10 – 0 農芸(5回コールド)
桂 7 – 6 京都産業大附

7月14日(木)
わかさ
福知山成美 6 – 2 京都学園
峰山5 – 0 海洋
京都両洋 4 – 1 南丹

太陽ヶ丘
東山 9 – 4 田辺
塔南 10 – 0 洛東(6回コールド)
宮津 6 – 4 京都八幡

あやべ
京都成章 4 – 3 福知山(延長10回)
西舞鶴 1 – 0 園部(8回表降雨コールド)

7月12日(火)
太陽ヶ丘
北桑田 7 – 3 京都明徳
洛西 16 – 2 須知(5回コールド)
京都工学院 5 – 4 朱雀

あやべ
日星 7 – 5 綾部
同志社国際 11 – 0 日吉ヶ丘
立命館 6 – 0 西城陽

【一回戦】
7月11日(月)
わかさ
加悦谷 6 – 5 菟道(延長11回)
西舞鶴 8 – 1 木津(7回コールド)
京都両洋 8 – 1 東舞鶴(7回コールド)

太陽ヶ丘
峰山10 – 3 花園(7回コールド)
桂 9 – 0 西京(8回コールド)
西乙訓 7 – 4 紫野

あやべ
洛陽工業 2 – 0 伏見工業
京都すばる 7 – 0 大江
嵯峨野 6 – 0 亀岡

7月10日(日)
洛西 4 – 1 城陽 ※観戦記
立命館 10 – 0 京都教育大附(6回コールド) ※観戦記
洛東 6 – 4 南陽

[ 準決勝 ] 京都翔英 VS 立命館宇治

2016年7月24日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会準決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

6 阿部
9 新田
5 森元
2 石原
8 山本
3 川本
7 浜野
1 瀧野
4 栄本

立命館宇治

6 長谷川
4 森田
8 寺田
2 百田
7 樋浦
3 藤原
5 中原
9 松原
1 田中覺

第92回大会以来、6年ぶり2回目の決勝進出、そして夏は初の甲子園を目指す春季大会の覇者・京都翔英と、2年連続8回目の決勝進出、そそして第82回大会以来、16年ぶり3回目(前回は宇治高校時代)の夏の甲子園を目指す立命館宇治の宇治市勢同士の準決勝。

まず守りにつく立命館宇治はエース右腕、田中覺投手が先発。

立命館宇治、エースの田中覺投手

立命館宇治、エースの田中覺投手

1回表の京都翔英の攻撃。

先頭の阿部選手が、初球をセンター前ヒットで出塁すると、続く新田選手は四球でつなぎます。

2塁へ進む翔英・阿部選手

2塁へ進む翔英・阿部選手

無死12塁で強力クリーンアップを迎え、まず3番森元選手は空振三振に倒れますが、今秋ドラフト候補とも呼ばれる、主砲石原選手がレフト前ヒットで1点先制を先制します。

先制タイムリーヒットを放った、翔英主砲・石原選手

先制タイムリーヒットを放った、翔英主砲・石原選手

先制のホームを踏んだ阿部選手(右端)

先制のホームを踏んだ阿部選手(右端)

対して翔英の先発マウンドは、エース右腕の瀧野投手。

翔英先発のエース右腕・瀧野投手

翔英先発のエース右腕・瀧野投手

1回裏の立命館宇治。
先頭の長谷川選手がセンター前ヒットで出塁しますが、続く森田選手の犠打が飛球で併殺打になるなど、後続続けず無得点に終わります。

立宇治の田中投手も2回は強打の翔英打線を三者凡退に抑えますが、3回表でした。

京都翔英は先頭9番の栄本選手がライト前ヒットで出塁します。
続く阿部選手の打席。
初球パスボールで走者2塁としたあと、レフト前ヒットで無死13塁とチャンスを広げると、2番新田選手がライト線を破る走者一掃のタイムリー3塁打で2点を追加、3-0とリードを広げます。

2点タイムリー3塁打の森元選手

2点タイムリー3塁打の新田選手

ピンチの場面、マウンドで話す立命館宇治の田中投手(左)と、百田捕手(右)

ピンチの場面、マウンドで話す立命館宇治の田中投手(左)と、百田捕手(右)

さらに続く3番、森元選手もセンター前に弾き返し4-0とリードを広げます。

タイムリーヒットを放つ森元選手

タイムリーヒットを放つ森元選手

止まらない翔英打線は4番石原選手が、死球で無死12塁とすると、ようやく5番山本選手が犠打を成功させ、1死となりますが23塁とチャンスを広げます。

ここで6番川本選手がセンター前へ2点タイムリーヒットを放ち6-0とリードを広げます。

2点タイムリーヒットを放つ川本選手

2点タイムリーヒットを放つ川本選手

6点目のホームを踏み、ベンチに戻る石原選手

6点目のホームを踏み、ベンチに戻る石原選手(手前)

ここで立命館宇治は、まさかのエース田中投手KOとなり、背番号11、2年生右腕の玉田投手へ継投します。

立命館宇治、2番手の玉田投手

立命館宇治、2番手の玉田投手

代わり端、玉田投手は浜野選手をショートゴロ。
瀧野選手を空振三振にとり、しっかりと役割を果たします。

しかし、立宇治は直後の3回裏も、2三振を含む三者凡退と、翔英エース、瀧野投手を攻略することができません。

すると、直後の4回表の翔英の攻撃。

先頭9番の栄本選手がセンター前ヒットで出塁すると、1死後、2番新田選手のレフト前ヒットで1死13塁とチャンスを広げます。

このチャンスで森元選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち、7-0とリードを広げ、尚23塁とチャンスが継続します。

タイムリーヒットを放った森元選手

タイムリーヒットを放った森元選手

さらに主砲・石原選手もレフト前ヒットで2点を追加。
4回表を終わり9-0と京都翔英が大きくリードを広げます。

2点タイムリーヒットの石原選手

2点タイムリーヒットの石原選手

なんとか早い回で反撃したい立宇治は、4回裏、1死走者なしから、3番寺田選手が投手強襲安打で出塁します。

ヒットで出塁の寺田選手

ヒットで出塁の寺田選手

しかし続く4番の百田選手、5番樋浦選手が、続けず立宇治は得点をあげることができません。

ネクストバッターズサークルの百田選手

ネクストバッターズサークルの百田選手

9点差がつき、あと1点差で5回コールドゲームが成立する翔英は、5回表、先頭の7番、浜野選手がレフト前ヒットで出塁、犠打などで2死2塁となり、1番阿部選手を迎えます。

ここで期待に応え、センター前にヒット。
浜野選手はホームを狙いますが、立宇治の守備よくホームでタッチアウト。
翔英10点目は阻まれます。

阿部選手のヒットで浜野選手、ホーム狙うもタッチアウト

阿部選手のヒットで浜野選手、ホーム狙うもタッチアウト

5回裏、立宇治は6番藤原選手が四球で出塁後、ボークで進塁し無死2塁と攻めるも、その後、後続続けず2死2塁となります。
ここで2番手、玉田投手に代打、背番号20の清水選手が入りますが、空振り三振に倒れ、立宇治、チャンスを生かすことができません。

翔英、瀧野投手が立宇治、代打清水選手を空振り三振にとったシーン

翔英、瀧野投手が立宇治、代打清水選手を空振り三振にとったシーン

6回表の翔英の攻撃。

立宇治は背番号10の、右下手投げ、畑上投手が3番手のマウンドへあがります。

立命館宇治、3番手の畑上投手

立命館宇治、3番手の畑上投手

代わり端、翔英の2番新田選手から始まる上位打線を、きっちりと三者凡退に抑えます。

すると直後の6回裏の立宇治。

先頭1番の長谷川選手が、ファースト強襲の三塁打で出塁すると、続く森田選手のセンターへの犠牲フライで1点を返し、1-9と8点差にその差を縮めます。

森田選手の犠牲フライで、長谷川選手がホームイン

森田選手の犠牲フライで、長谷川選手がホームイン

立宇治、畑上投手は7回表の京都翔英の攻撃も、三振2つを含む三者凡退と、完璧なリリーフを見せ、2回をパーフェクトピッチングで押さえ込みます。

流れをようやく掴んできた立命館宇治、7回裏の攻撃は5番の樋浦選手から。
ライト前ヒットで出塁すると、続く藤原選手はライト線への二塁打で無死23塁とチャンスを広げます。

3塁へ進む、立宇治、樋浦選手

3塁へ進む、立宇治、樋浦選手

1死後、8番松原選手への代打。
背番号17の亀田選手がライトへ犠牲フライを放ちさらに1点を返し、2-9とその差を7点までつめます。

立宇治、亀田選手の犠牲フライ

立宇治、亀田選手の犠牲フライ

しかし、立命館宇治の反撃もここまで。
最後は畑上選手が、センターフライに倒れ、7回が終わり、7点差がつきましたので、京都大会規定でコールドゲームが成立しました。

終わってみれば京都翔英の強さが際立ったゲームでした。
立命館宇治の田中投手も、秋、春と何試合か観戦していましたが、球威もある好投手でした。
実際、この大会、府立工業や、鳥羽などの有力チームを相手に好投をしてきましたが、翔英の各打者の巧さ、力強さの前にまさかの早いイニングでのノックアウトとなってしまいました。

翔英・瀧野投手もこれまで、秋、春と見てきましたが、ストレートの力強さに関しては一番だったように思えました。
終盤、やや立宇治打線に捕まるシーンもありましたが、守備力もかなり鍛え上げられ、ヒット性のあたりをことごとく好捕していくシーンが印象的でした。

一方敗れた立命館宇治。
秋、春はまさかの一次戦敗退で、この夏も心配していましたが、前評判を吹き飛ばす快進撃をみせベスト4という堂々とした結果を残しました。

特に京都国際、鳥羽、府立工業や京都すばるといった、京都大会の上位常連チームが揃う激戦ブロックを勝ちあがっての結果だけに素晴らしい成績でした。

大差がつきましたが、3番手の3年生投手、畑上投手は任された2インニングをパーフェクトに抑え、野手陣も意地でもコールドゲームを阻止するという気迫はさすがでした。

京都を代表する強豪私立同士の対決は、両者の意地がぶつかりあったナイスゲームでした。

最後まで名門の意地を見せた立命館宇治ナイン

最後まで名門の意地を見せた立命館宇治ナイン

KBS京都のヒーローインタビューを受ける京都翔英、浅井監督

KBS京都のヒーローインタビューを受ける京都翔英、浅井監督

京都翔英
105 300 0=9
000 001 1=2
立命館宇治
(7回コールドゲーム)

翔 瀧野 - 石原
立 田中覺、玉田、畑上 - 百田

翔 H13 E0
立 H5 E0


【打撃成績】

京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 阿部 中前安打 パスボール
左前安打(1)
投ゴロ 中前安打
97 新田 四球 右線三塁打(1) 左前安打 (畑)遊飛
5 森元 空振三振 中前安打(1) 左前安打(1) 右飛
2 石原 左前安打(1) 死球 左前安打(2) 左飛
8 山本 遊ゴロ併殺打 一前犠打 中飛 一邪飛
3 川本 中飛 中前安打(2) 左飛 見逃三振
7 浜野 空振三振 (玉)遊ゴロ 左前安打 空振三振
9 高野
1 瀧野 投ゴロ 空振三振 投前犠打
4 栄本 右前安打 中前安打 見逃三振

立命館宇治

選手名 第一打席 第二打席 第三打席
6 長谷川 中前安打 右飛 一強襲三塁打
4 森田 投飛併殺打 一ゴロ 中犠飛(1)
8 寺田 四球 投強襲安打 中飛
2 百田 空振三振 二直 二飛
7 樋浦 中飛 空振三振 右前安打
3 藤原  四球
捕手牽制死
四球 右線二塁打
5 中原 見逃三振 ボーク
中飛
中飛
9 松原 空振三振 遊ゴロ
H 亀田 右犠飛(1)
1 田中覺
1 玉田 見逃三振
H 清水 空振三振
1 畑上 中飛


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
瀧野 7 5 3 6 2 2

立命館宇治

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
田中覺 2 1/3 7 2 2 6 6
玉田 2 2/3 6 0 2 3 3
畑上 2 0 0 2 0 0

[ 準決勝 ] 福知山成美 VS 塔南

2016年7月24日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会準決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

塔南

6 深田
8 平塚
3 藤林
9 築山
5 波多野
7 尾崎
2 明河
1 西原
4 谷口

福知山成美

6 笹原
3 西浦
7 田井中
8 矢野
2 深尾
9 森下リ
5 立川
1 北野
4 北尾

1988年(第70回)大会以来、28年ぶりにベスト4に駒を進めてきた公立の塔南に、秋季大会準優勝で第95回大会以来3年ぶりの夏の甲子園を目指す福知山成美の実力校同士の戦いになった準決勝第一試合。

まず守る福知山成美は背番号10の北野投手が先発します。

福知山成美先発の北野投手

福知山成美先発の北野投手

1回表の塔南。
先頭の深田選手が四球で出塁すると、犠打で送り3番藤林選手のレフト前ヒットで1死13塁と先制のチャンスを作ります。

ネクストバッターズサークルの築山選手

ネクストバッターズサークルの築山選手

しかし、藤林選手の二盗死の後、築山選手が見逃三振に終わり、塔南先制のチャンスを生かすことができません。

代わってマウンドに上がるのは、今年のドラフト候補の呼び声もある、塔南エース西原投手。

塔南エースの西原投手

塔南エースの西原投手

1回裏の福知山成美。
先頭の笹原選手がレフト前、続く西浦選手がライト前へそれぞれ初球を弾き返し、無死12塁とチャンスを作ると、犠打で1死23塁とし、4番矢野選手のカウント1-1からのパスボールで、成美が1点を先制します。

笹原選手が先制のホームイン

笹原選手が先制のホームイン

さらに矢野選手がスクイズを決め、1回を終えて2-0と成美がリードする展開となります。

矢野選手のスクイズで2点目のホームを踏む西浦選手

矢野選手のスクイズで2点目のホームを踏む西浦選手

2点を追う3回表の塔南。
先頭の8番、西原選手がセンター前ヒットで出塁すると、犠打とパスボールで1死3塁の反撃のチャンスを作ります。

3塁へ進む西原選手

3塁へ進む西原選手

続く深田選手はレフトフライを放ちますが、西原選手はタッチアップせず、続く平塚選手もセカンドゴロに倒れ、塔南またもチャンスで無得点に終わります。

4回裏の福知山成美は、1死走者無しから、4番矢野選手がライト前ヒットで出塁すると、続く5番、深尾選手が右中間への本塁打を放ち、貴重な2点を追加し、4-0とリードを広げます。

ツーランホームランで生還した深尾選手(右から2人目)

ツーランホームランで生還した深尾選手(右から2人目)
盛り上がる福知山成美の3塁側ベンチ

盛り上がる福知山成美の3塁側ベンチ

塔南もランナーは出すものの、ホームが遠く6回表も2死走者なしから、4番・築山選手がレフト前ヒットから、二盗を成功させ得点圏にランナーを進めるも、5番波多野選手がショートゴロに倒れ、またも無得点に終わります。

チャンスでショートゴロに倒れた塔南・波多野選手

チャンスでショートゴロに倒れた塔南・波多野選手

すると福知山成美は、直後の7回裏にチャンスを迎えます。

2死走者無しから9番北尾選手が、ライト前ヒットで出塁すると、続く1番笹原選手もライト前ヒットでつなぎ、2死13塁とします。

3塁へ進む北尾選手

3塁へ進む北尾選手

この後、2番・西浦選手が四球で満塁としますが、田井中選手がキャッチャーゴロに倒れ、成美は追加点をあげることができません。

しかし8回裏も成美は、先頭4番の矢野選手がレフト前ヒットで出塁。
好走塁で2塁を陥れると、続く深尾選手はピッチャー前への犠打で1死3塁と、またも絶好のチャンスを作りますが、ここで期待の森下リスム選手以下が続けず、塔南・西原投手も意地を見せ、あと一本は許しません。

森下リズム選手

森下リズム選手

4-0のまま迎えた9回表の 塔南。

3番・藤林選手がレフト前ヒットでノーアウトで出塁すると、この試合はベンチスタートだった島野修輔選手が代走で起用されます。

ここで、成美は好投してきた北野投手に代え、エース右腕の川上投手へ継投します。

福知山成美、エース右腕の川上投手

福知山成美、エース右腕の川上投手

代わり端、築山選手はフェンス一杯の、センターへの大飛球を放つもフライアウトに倒れ、1死1塁。
5番の波多野選手は四球でつなぎ、続く6番尾崎選手は遊ゴロに倒れますが、併殺は成らず2死13塁と最後まで塔南も意地を見せます。

3塁へ進む塔南・島野修輔選手

3塁へ進む塔南・島野修輔選手

しかし塔南の反撃もここまで。
7番・明河選手がセンターフライに倒れ、4-0で福知山成美が3年ぶり8回目の決勝戦へ進出しました。

まずこの試合、感じたのは成美ベンチのムードのよさ。
井本監督も名将・田所監督からバトンを受け継がれて、プレッシャーもあったでしょうが、非常に明るく、アグレッシブで大きな声をあげ、選手たちを鼓舞されてました。

ベンチから明るく指示を出される成美・井本監督(中央)

ベンチから明るく指示を出される成美・井本監督(中央)

またこの試合、塔南が3エラーを記録したのに対し、成美はノーエラー。
ノリノリの成美らしさは生きつつ、非常に緻密な野球でさすがは、龍谷大平安を4回戦で倒して勝ち上がってきた、チーム力に逞しさを感じました。

対する塔南。
夏の決勝進出、そして春夏通じて初の甲子園はまたもお預けとなってしまいました。

この試合も、非常にレベルの高い吹奏楽部の大応援もあり、試合開始前から盛り上がっていましたが、惜しくも敗退。
それでも今チームは1年生の頃から、西原選手、築山選手などを観戦しましたが、本当に驚くくらいに選手も、チームも成長し、甲子園に出ても遜色のないチーム力だったことを記録にとどめたいと思います。

KBS京都のヒーローインタビューを受ける井本監督

KBS京都のヒーローインタビューを受ける井本監督

リリーフ登板の川上投手

リリーフ登板の川上投手

惜しくもベスト4で敗退した塔南ナイン

惜しくもベスト4で敗退した塔南ナイン

塔南
000 000 000=0
200 200 00X=4
福知山成美

塔 西原 - 明河
成 北野、川上 - 深尾

塔 H5 E3
成 H8 E0

本塁打
成 深尾②

【打撃成績】

塔南

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 深田 四球 左飛 左飛 三ゴロ
8 平塚 投前犠打 二ゴロ 二邪飛 中飛
3 藤林 左前安打
二盗死
中前安打 左飛 左前安打
R 島野修
9 築山 見逃三振 一邪飛 左前安打
二盗
(川)中飛
5 波多野 中飛 空振三振 遊ゴロ 四球
7 尾崎 二ゴロ 二飛 遊ゴロ 遊ゴロ
2 明河 二ゴロ 左飛 右飛 中飛
1 西原 中前安打三直 三直 遊直
4 谷口 一前犠打 四球 見逃三振

福知山成美

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 笹原 左前安打 見逃三振 三ゴロ失
二盗
右前安打
二盗
3 西浦 左前安打  二ゴロ 四球 四球
7 田井中 投前犠打 二ゴロ 二ゴロ 捕ゴロ
8 矢野 パスボール(1)
投スクイズ(1)
右前安打 三ゴロ失 左前安打
2 深尾 中飛 右中間本塁打(2) 一飛 投前犠打
9 森下リ 三ゴロ 死球
二盗、牽制死
捕飛
牽制死
空振三振
5 立川 三ゴロ失
二盗死
空振三振 右飛 遊ゴロ
1 北野 遊飛 右飛 左飛
4 北尾 遊ゴロ 右飛 右前安打


【投手成績】

塔南

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
西原  9 8 3 3 4 4

福知山成美

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
北野 8 0/3 5 2 3 0 0
川上 1 0 1 0 0 0

[ 三回戦 ] 京都翔英 VS 洛星

2016年7月17日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会三回戦

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

6 阿部
9 新田
5 森元
2 石原
8 山本
3 川本
7 浜野
1 高向
4 栄本

洛星

7 奥村
5 岸野
6 松田
1 佐藤
8 河野
9 岩本
3 安土
2 小倉
4 大橋

春季大会を初優勝し、優勝候補の呼び名も高い京都翔英と、秋季・春季連続して二次戦に出場してきた京都屈指の進学校でもある洛星の一戦。

まず守る洛星はこれまでの戦い通り、エース岩本投手でなく、右横手の佐藤投手を先発させます。

洛星先発の背番号8、佐藤投手

洛星先発の背番号8、佐藤投手

1回表の京都翔英の攻撃を3人できっちりと抑え、佐藤投手上々の立ち上がりとなります。

続いて守る京都翔英は背番号10の左腕、高向投手が先発。

京都翔英、先発の高向投手

京都翔英、先発の高向投手

1回裏の洛星の攻撃を三振2つを含む三者凡退と、上々の立ち上がりとなります。

試合が動いたのは2回表の京都翔英。
先頭4番の石原選手がセンター前ヒットで出塁します。

センター前ヒットの石原選手

センター前ヒットの石原選手

続く山本選手が四球でつなぐと、6番川本選手がレフト前ヒットで1点を先制します。

先制タイムリーヒットの川本選手

先制タイムリーヒットの川本選手

止まらない翔英打線は、7番浜野選手もレフト前ヒットでつなぎ無死満塁とすると、8番高向選手もライト前ヒットで2点を追加し、3-0とリードを広げます。

高向選手の2点タイムリーヒット

高向選手の2点タイムリーヒット

さらに無死13塁から、9番栄本選手がセンターへの犠飛で1点を追加。
打順1番に戻り阿部選手がライトオーバーの二塁打で5-0と洛星を突き放します。

タイムリー2塁打の阿部選手

タイムリー2塁打の阿部選手

洛星はこの場面で、エース岩本投手へ継投。
佐藤選手はセンターのポジションへ移ります。

洛星エースの岩本投手

洛星エースの岩本投手

しかし代わり端、新田選手の放ったファーストゴロを、洛星安土選手がトンネルしてしまい、阿部選手が6点目のホームを踏みます。

まだ止まらない翔英打線は、3番森元選手がセンター前ヒットで1死13塁とすると、このイニング打順一巡し、再度主砲の石原選手へ。
その打席でダブルスチールに成功し、新田選手がホームインし7-0とリードを広げます。

新田選手が7点目のホームイン

新田選手が7点目のホームイン

まだ止まらない翔英打線は、山本選手がショート後方へのポテンヒットで1点を追加し、8-0と翔英が大量リードする展開となります。

8点目のタイムリーヒットを放った山本選手

8点目のタイムリーヒットを放った山本選手

大量リードとなった翔英の高向投手。
2回裏の
洛星の攻撃も圧巻の投球内容を見せ、4番佐藤選手からの打順でしたが、三者、空振三振で洛星を完全に封じ込みます。

翔英は3回表も、先頭7番浜野選手がレフト前ヒットで出塁すると(打球処理の間に2塁へ、記録失策)、高向選手がレフト前ヒットを放ち、9-0とします。

タイムリーヒットの高向選手

タイムリーヒットの高向選手

さらに犠打や死球などで2死12塁となり、3番森元選手がレフト前ヒットでさらに1点を追加。
10-0と二桁得点差となります。

森元選手がレフト前へタイムリーヒット

森元選手がレフト前へタイムリーヒット

翔英・高向投手は3回裏の洛星の攻撃も3人で打ち取ります。
内容も1回からこの回の安土選手まで6者連続三振と、春季大会、立命館宇治龍谷大平安といった強豪チーム相手に善戦してきた洛星打線に反撃の糸口を与えません。

しかし、これまでも強豪相手に粘りの野球を見せてきた洛星打線。
4回裏1死走者なしから、2番岸野選手がライト前にチーム初ヒットを放ちます。

円陣を組む洛星ナイン

円陣を組む洛星ナイン

ライト前ヒットの洛星・岸野選手

ライト前ヒットの洛星・岸野選手

さらに松田選手もセンター前ヒットでつなぎ、洛星この試合初めて得点圏にランナーを進めます。

このチャンスで迎えるのは洛星主砲の佐藤選手ですが。空振り三振。
後続続けず、チャンスを生かすことができません。

チャンスで打席に立つ洛星4番の佐藤選手

チャンスで打席に立つ洛星4番の佐藤選手

5回表の京都翔英は、先頭9番の栄本選手がセンターオーバーの三塁打で出塁。
1死後、2番新田選手のライトへの犠牲フライで11-0とさらにリードを広げます。

栄本選手が11点目のホームイン

栄本選手が11点目のホームイン

2点以上得点をとらないと、5回でのコールドゲームが成立する洛星の裏の攻撃。

翔英は背番号11の右腕・内橋投手へ継投します。

足を高く上げる内橋投手

足を高く上げる内橋投手

1死走者なしから、7番安土選手に代えて、代打伊藤選手がライト前ヒットで出塁。

ライト前ヒットの伊藤選手

ライト前ヒットの伊藤選手

さらに小倉選手もライト前ヒットで1死12塁と、洛星が意地を見せますが、続く大橋選手がショートゴロ併殺打に倒れ、5回を終了して10点差がついてしまったため、コールドゲームが成立。
京都翔英が勝利しました。

まずこの試合、内容も翔英の完勝に終わりました。
今チームの洛星は文中に紹介した2試合と、秋の日星戦と格上と思われた相手との試合を観戦しましたが、どれも存在感のある試合でした。

この試合も翔英優位は揺るがないと思っていましたが、洛星がどれだけ食い下がるのかを楽しみに観ていましたが、翔英が春季大会よりさらに完成度を高めていました。

2番手投手のポジションですが、左腕の高向投手も球威のあるストレートを主体に4回で7奪三振、被安打2と完璧な内容で洛星打線を抑え込み、打線は5回で14安打を集中させました。

しかし洛星も4回、5回とともに2安打づつを放ち、最後まで意地を見せ、龍谷大平安をも慌てさせたチーム力を見せました。

今チームの洛星、確かに京都球界に存在感のあるチームだったことを記したいと思います。

健闘光った洛星ナイン

健闘光った洛星ナイン

京都翔英
082 01=11
000 00=0
洛星

翔 10高向、11内橋 - 石原
洛 8佐藤、1岩本 - 小倉

翔 H14 E0
洛 H4 E2

【打撃成績】

京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 阿部 一ゴロ 右越二塁打(1) 死球 遊ゴロ
9 新田 二ゴロ (岩)一ゴロ失(1)
本盗(1)
中飛 右犠飛(1)
5 森元 二直 中前安打
二盗
左前安打(1) 中前安打
2 石原 中前安打 右飛 投ゴロ 一邪飛
4 山本 四球 遊安打(1) 左前安打
3 川本 左前安打(1) 二ゴロ 一ゴロ
7 浜野 左前安打 左前安打、失策 二飛
1 高向 右前安打(2) 左前安打(1) 二ゴロ
1 内橋
4 栄本 中犠飛(1) 投犠打 中越三塁打

洛星

選手名 第一打席 第二打席
7 奥村 三直 一ゴロ
5 岸野 空振三振 右前安打
6 松田 見逃三振 中前安打
18 佐藤 空振三振 空振三振
89 河野 空振三振 投飛
91 岩本 空振三振 (内)右飛
3 安土 空振三振
H 伊藤 右前安打
2 小倉 中飛 右前安打
4 大橋 遊ゴロ 遊ゴロ併殺打


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
高向 4 2 0 7 0 0
内橋 1 2 0 0 0 0

洛星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
佐藤 1 1/3 5 1 0 5 6
岩本 3 2/3 9 1 0 6 4

[ 三回戦 ] 鳥羽 VS 網野

2016年7月17日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会三回戦

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

網野

8 谷口
4 松本
3 柴田
6 足立
2 宇野
7 小松
1 池田
5 田中秀
9 小森

鳥羽

4 奥村
5 田村
8 伊那夏
2 大友
6 上原
3 吉岡
7 伊那真
9 中嶋
1 小松

昨年の京都代表チーム鳥羽と網野の公立対決。

まず守る鳥羽は背番号10の右腕、小松投手が先発。

鳥羽先発の小松投手

鳥羽先発の小松投手

1回表の網野の攻撃を三振一つを含む、三者凡退と上々の立ち上がりを見せます。

次に守る網野の先発は速球派のエース右腕、池田投手。

網野先発のエース池田投手

網野先発のエース池田投手

1回裏の鳥羽は2死走者なしから、昨夏の甲子園でもレギュラーとして活躍した伊那夏生選手がセンター前ヒットで出塁し、すかさず二盗を試みるもタッチアウト。
結果として3人で攻撃を終えます。

センター前ヒットの伊那夏生選手

センター前ヒットの伊那夏生選手

2回表の網野は先頭4番の足立選手がレフト線を破る二塁打で出塁。
1死後、6番小松選手のセンターフライで3塁へ進塁、2死3塁と先制のチャンスを迎え、7番池田選手のセンターへのタイムリーヒットは3塁打となり1-0と網野がリードする展開になります。

先制タイムリーヒットの池田選手

先制タイムリーヒットの池田選手

1点を先制された鳥羽は3回裏。

先頭8番の中嶋選手がライト線を破る二塁打で出塁し、犠打と四球で1死13塁から2番、田村選手が捕手前にスクイズ!
しかし、ここは網野、宇野選手が落ち着いて裁き、鳥羽の中嶋選手はホームでアウトとなります。

鳥羽、田村選手のスクイズで中嶋選手ホーム突くもアウト

鳥羽、田村選手のスクイズで中嶋選手ホーム突くもアウト

しかし2死12塁から伊那夏生選手が四球でつなぎ、満塁と依然チャンス。
ここで迎える4番大友選手がフルカウントからライトフライに倒れ、鳥羽3回の絶好機を逃してしまいます。

2死満塁のチャンスも大友選手はライトフライで鳥羽無得点

2死満塁のチャンスも大友選手はライトフライで鳥羽無得点

直後の4回表の網野。

先頭4番の足立選手が2打席連続となるヒットをライト前に放ち出塁。
犠打と四球で1死12塁のチャンスを迎え、先制タイムリーヒットを放っている池田選手に回りますが、ここは後続続かず無得点。
網野も次の1点がなかなかあげることができません。

ネクストバッターズサークルの池田選手

ネクストバッターズサークルの池田選手

すると次は4回裏の鳥羽。

先頭5番の上原選手がセンターオーバーの二塁打で出塁、犠打で1死3塁のチャンスを作ります。

ツーベースヒットの上原選手

ツーベースヒットの上原選手

このチャンスで7番、伊那真広選手が投手前スクイズを成功させ、1-1の同点に追いつきます。

伊那真広選手のスクイズ

伊那真広選手のスクイズ

上原選手が同点のホームイン

上原選手が同点のホームイン

同点で迎えた6回裏の鳥羽。

先頭4番の大友選手が左中間二塁打で出塁、続く上原選手のライトフライで1死3塁と勝ち越しのチャンスを作ります。

3塁まで進む大友選手

3塁まで進む大友選手

2死後、伊那真広選手への代打、背番号2の高田選手が死球で出塁し、2死13塁となりますが、その高田選手への代走、背番号17の木下選手が捕手からの牽制死でチャンスを逸します。

両リームあと一歩決め手を欠いたまま迎えた7回裏の鳥羽。
2死走者無しから1番奥村選手が四球で出塁すると二盗を成功させ2死2塁とし、2番、途中出場の宇田選手が左中間を破る三塁打を放ち、2-1と鳥羽が1点を勝ち越します。

勝ち越しのタイムリー3塁打を放った宇田選手

勝ち越しのタイムリー3塁打を放った宇田選手

網野はここで、背番号10の上田投手へ継投。
池田投手はライトの守備位置に移ります。

網野2番手の上田投手

網野2番手の上田投手

しかし代わり端、伊那夏生選手が四球で出塁し、2死13塁とすると、4番の大友選手が走者一掃のレフト線への二塁打で4-1とリードを広げます。

走者一掃の二塁打を放ち、3塁まで進む大友選手

走者一掃の二塁打を放ち三塁まで進む大友選手

さらに上原選手、吉岡選手が連続四球で2死満塁とすると、6番吉岡選手も押し出しの四球を選び5-1と鳥羽がリードを広げたところで、再び網野は池田投手をマウンドへ戻し、2死満塁のピンチを凌ぎます。

さらに鳥羽は8回裏に1死から奥村選手、宇田選手への連続四死球で12塁のチャンスを作ると、3番、伊那夏生選手のセンター前ヒットで1点を追加し6-1とリードを広げます。

ネクストバッターズサークルの伊那夏生選手

ネクストバッターズサークルの伊那夏生選手

尚1死13塁から、伊那選手の二盗で23塁とすると、大友選手のセンターへの犠牲フライでさらに1点を追加、7-1とリードを広げます。

大友選手が7点目の犠牲フライを放つ

大友選手が7点目の犠牲フライを放つ

中盤まで競った試合でしたが、思わぬ大差がついたこの試合。
9回表の網野は、1死から5番宇野選手がレフト前ヒットで出塁するも、小松選手がショートゴロ併殺打に倒れゲームセット。
7-1で鳥羽が勝ち、ベスト16に駒を進めました。

レフト前ヒットの宇野選手

レフト前ヒットの宇野選手

思わぬ大差がついた試合になりましたが、7回2死まではどちらに勝利の女神が微笑むのか分からない好ゲームでした。

網野池田選手もMAX140キロ超とも言われるストレートを武器に、昨夏の優勝校。現チームも秋季ベスト8の実力校鳥羽を相手に、堂々と互角の勝負を演じました。

結果論になってしまいますが、網野は先制点をあげた序盤にあと1点先に取っていれば・・・と思ってしまう展開でした。

鳥羽にとっても苦しい展開になった試合でしたが、7回のワンチャンスを文字とおりつかみ、接戦を物にしました。
点差だけを見れば、鳥羽の一方的な試合でしたが、公立同士の一戦は実力五分の好ゲームだったことを記したいと思います。

網野
010 000 000=1
000 100 42x=7
鳥羽

網 1池田、10上田、1池田 - 宇野
鳥 10小松 - 大友

網 H4 E1
鳥 H8 E1

【打撃成績】

網野

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 谷口 一ゴロ 遊ゴロ失 空振三振 空振三振
4 松本 一直 投犠打 中飛 中飛
3 柴田 空振三振 二ゴロ 三ゴロ 遊ゴロ
6 足立 左線二塁打 右前安打 中飛 一ゴロ
2 宇野 三振 投犠打 二飛 左前安打
7 小松 中飛 四球 空振三振 遊ゴロ併殺打
191 池田 中三塁打(1) 右飛 左前安打
5 田中秀 空振三振 遊ゴロ 一犠打
9 小森 空振三振 空振三振 空振三振
1 上田

鳥羽

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
4 奥村 二直 四球 左前安打 四球
二盗
四球
5 田村 二ゴロ 捕前スクイズ 犠打
5 宇田 左中間三塁打(1) 死球
8 伊那夏 中前安打
二盗死
四球 中飛 (上)四球 中前安打(1)
二盗
2 大友 四球 右飛 左中間二塁打 左線二塁打(2) 中犠飛(1)
6 上原 三ゴロ 中越二塁打 右飛 四球 遊ゴロ
3 吉岡 空振三振 一犠打 三邪飛 四球
7 伊那真 投飛 投スクイズ(1)
H 高田 死球
R 木下 牽制死 四球(1)
9 中嶋 右線二塁打 空振三振 三ゴロ (池)空振三振
1 小松 投犠打 三ゴロ 空振三振 内野ゴロ


【投手成績】

網野

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
池田 6 2/3 6 5 3 2 3
上田 0/3 1 4 0 3 2
池田 1 1/3 1 2 1 2 2

鳥羽

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小松 9 4 1 9 1 1

[ 三回戦 ] 龍谷大平安 VS 京都両洋

2016年7月16日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会三回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都両洋

8 高田
7 橋目
9 丸山
3 小田
6 廣永
2 井口
5 谷
1 河内
4 山岡

龍谷大平安

8 小川
9 松尾
4 久保田
3 橋本
5 冨田
7 岡田
6 西川
2 竹葉
1 吉村

2012年の第94回大会の京都大会決勝戦のカードであった、龍谷大平安と京都両洋の対戦。

まず守るは今春選抜ベスト4の平安。
背番号10の2年生右腕、吉村投手が先発します。

龍谷大平安先発の吉村投手

龍谷大平安先発の吉村投手

1回表の京都両洋の攻撃。
1番高田選手が初球を捉えて、右中間三塁打を放ち、すかさず続く橋目 選手のセンター前タイムリーヒットで、1点を先制します。

両洋、橋目選手の先制タイムリーヒット

両洋、橋目選手の先制タイムリーヒット

両洋高田選手が先制のホームイン

両洋高田選手が先制のホームイン

対して京都両洋の先発はエース右腕、河内投手。

京都両洋エースの河内投手

京都両洋エースの河内投手

1点を追う展開になった、1回裏の龍谷大平安の攻撃は、1死走者なしから2番松尾選手が、センター前ヒットで出塁すると、盗塁も決め1死2塁とチャンスを広げます。

ここで3番の久保田選手がセンター前に同点タイムリーヒットを放ちます。

平安松尾選手が同点のホームイン

平安松尾選手が同点のホームイン

同点タイムリーヒットの久保田選手

同点タイムリーヒットの久保田選手

2回裏の平安。
2死走者無しから7番の西川選手がレフト前ヒットで出塁すると、竹葉選手も両洋ショートの廣永選手のエラーで続き、12塁と勝ち越しのチャンスを迎えますが、9番吉村選手がショートゴロに倒れ無得点に終わります。

2回の打席では凡退した岡田選手

2回の打席では凡退した岡田選手

またしても平安は3回裏。
打順よく1番の
小川選手からの攻撃で、レフト前ヒットで出塁すると、牽制悪送球で無死2塁とします。

さらに続く松尾選手の投手への犠打を、両洋・河内投手が3塁送球しますがこれが野選となり、無死13塁とさらにチャンスが広がります。

三塁へ進塁する小川選手

三塁へ進塁する小川選手

さらに久保田選手が死球で繋ぎ無死満塁とすると、主砲橋本選手がレフト前へ弾き返し2点を勝ち越します。

橋本選手の2点タイムリーヒット

橋本選手の2点タイムリーヒット

さらに無死23塁から、続く冨田選手もレフト前にタイムリーヒットを放ち、1点を追加。4-1とリードし、尚無死13塁とします。

冨田選手のレフト前タイムリーヒット

冨田選手のレフト前タイムリーヒット

この後、岡田選手はショートゴロに倒れ1死23塁となったところで、7番の西川選手がライトへ犠牲フライを放ち、橋本選手が帰りこの回4点目。5-1と平安がリードを広げます。

犠牲フライを放ちベンチに向う西川選手(平安ユニフォームの左)

犠牲フライを放ちベンチに向う西川選手(平安ユニフォームの左)

前半5回はこのまま平安がリードして終了します。

グラウンド整備明けても、平安先発吉村投手が丁寧なピッチングで、両洋にチャンスを作らせないで進むと、6回裏、平安は先頭6番の岡田選手がセカンドへの内野安打で出塁します。

さらに続く西川選手もレフト前ヒットで外野がやや乱れた隙に、走者それぞれ進塁し、無死23塁とすると、続く竹葉選手は四球を選び無死満塁のチャンスを迎えます。

平安はさらに9番吉村選手も押し出しの四球を選び、1点を追加。
6-1と両洋を突き放しにかかります。

岡田選手が6点目のホームイン

岡田選手が6点目のホームイン

さらに無死満塁となったところで、両洋は背番号11の福田投手へ継投します。

両洋2番手の福田投手

両洋2番手の福田投手

代わり端、小川選手は空振三振に倒れますが、続く2番の松尾選手の当たりはサード強襲安打となり平安さらに1点を追加します。

タイムリーヒットの松尾選手

タイムリーヒットの松尾選手

さらに1死満塁から、3番久保田選手の当たりはライト線を破る走者一掃の二塁打となりこの回5点を追加し10-1と平安が大量リード体勢になります。

久保田選手の当たりはライト線を破る満塁走者一掃のタイムリー2塁打

久保田選手の当たりはライト線を破る満塁走者一掃のタイムリー2塁打

松尾選手が平安10点目のホームイン

松尾選手が平安10点目のホームイン

3点以上を取らないと7回コールドゲームが成立してしまう京都両洋。
その7回表、先頭5番の
廣永選手がショートへの内野安打でまず出塁しますが後続が続かず2死1塁と代わります(1塁ランナー入れ替わり谷選手)。

あと一人と追い込まれた両洋は、2番手投手の福田選手に代えて、背番号13の山本選手を代打で起用。
その山本選手は期待に応え、ライト前ヒットで2死13塁と望みをつなぎます。

ライト前ヒットの両洋、山本選手

ライト前ヒットの両洋、山本選手

ここで龍谷大平安はU15の代表選手でもあった、1年生右腕、背番号20の小寺投手へ継投します。

平安2番手の小寺投手

平安2番手の小寺投手

低めに球威のあるストレートを投げ込みますが、制球定まらず9番山岡選手は四球で出塁。
2死満塁としたところで、さらに京都両洋は1番高田選手、2番橋目選手が連続押し出し四球で2点を返し3-10と追い上げます。

山本選手の代走岡田選手が両洋3点目のホームイン

山本選手の代走岡田選手が両洋3点目のホームイン

さらに続く3番丸山選手のカウント、0-1からパスボールでもう1点を返し4-10と6点差に詰め寄ったところで、両洋まずは7回表でのコールドゲーム成立は阻止します。

山岡選手が両洋4点目のホームイン

山岡選手が両洋4点目のホームイン

しかしその直後、7回裏の平安は、代わったばかりのセンターを守っていた左腕、高田投手から、先頭6番岡田選手がライトオーバーの三塁打を放ち、この走者が還ればコールド勝ち成立という場面をまたしても迎えます。

両洋3番手の高田投手

両洋3番手の高田投手

三塁打の平安、岡田選手

三塁打の平安、岡田選手

この後、2死23塁となり、1番の小川選手に打席が回り、打った打球はセンターの頭上を。
しかしこの大飛球を、両洋・橋目選手が好捕!
サヨナラコールドゲームの大ピンチを救い、7回裏の平安の攻撃は無得点に終わります。

両洋、センター橋目選手の超ファインプレー

両洋、センター橋目選手の超ファインプレー

試合はそのまま9回表の京都両洋。

1死後、8番岡田選手への代打、中西選手がレフト前ヒットで出塁すると、続く山岡選手もセンター前ヒットでつなぎ、1死12塁とチャンスを作ります。
この後、1番、高田選手はショートゴロの間に2死13塁と両洋、最後まで平安相手に意地を見せますが、反撃もここまで。
10-4で龍谷大平安が勝利しました。

3塁へ進む中西選手の代走、大森選手

3塁へ進む中西選手の代走、大森選手

勝った平安、ここまで公式戦では1番や2番を打つことが多かった久保田選手がサードに入り、投手陣も公式戦は恐らく初登板になると思う下級生同士での継投など、まだチーム力を試しながら勝負しているような印象を受けました。

しかし、両洋エース河内投手も力のあるストレートを投げ込んでいましたが、あわやコールドといった打線爆発力はさすがといったところ。

そしてこのゲームは初戦の農芸戦に続き、1年生右腕、小寺投手も登板。吉村投手も丁寧に打たさせてとるピッチングで両洋を抑えこみましたが、こちらは1年生のこの時期とすれば、十分ではと感じるほど低めに力のあるボールを投げ込んでいました。
気が早いですが、秋季の新チームも楽しみになってきたと思います。

そして敗れた京都両洋。
7回表の2死1塁からの3点を奪ってコールドゲームを防ぐ意地を見せたのはお見事。
経験不足の1年生投手相手とは言え、執念の粘りだったと思います。

京都大会準優勝後、やや低迷が続く両洋ですが、このゲームをきっかけに再度京都大会の上位常連に名を連ねて欲しいと思います。

龍谷大平安ナインの校歌斉唱

龍谷大平安ナインの校歌斉唱

 

京都両洋
100 000 300=4
104 005 00x=10
龍谷大平安

両 1河内、11福田 - 井口
平 10吉村、20小寺 - 竹葉

両 H6 E3
平 H12 E0

【打撃成績】

京都両洋

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
81 高田 右中間三塁打 左飛 二ゴロ 四球(1) 遊ゴロ
78 橋目 中前安打(1) 空振三振 左飛 四球(1) 三ゴロ
9 丸山 二ゴロ
二盗
遊ゴロ 四球 パスボール(1)
左飛
3 小田 三ゴロ 死球 二ゴロ併殺打 遊ゴロ
6 廣永 左飛 投ゴロ 遊安打 投ゴロ
2 井口 中飛 左飛 遊ゴロ 見逃三振
5 谷 中飛 四球 捕ゴロ 見逃三振
1 河内 空振三振 投犠打 右前安打
1 福田
H 山本 右前安打
R7 岡田
H 中西 左前安打
R 大森
4 山岡 三ゴロ 見逃三振 (小)四球 中前安打

龍谷大平安

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 小川 空振三振 左前安打 二ゴロ (福)空振三振 中飛
9 松尾 中前安打
二盗
投ゴロ野選 三邪飛 三強襲安打(1) 右前安打
4 久保田 中前安打(1)
牽制死
死球 左飛 右線二塁打(3) 空振三振
3 橋本 右飛 左安打(2) 一飛 投ゴロ 右飛
5 冨田 二飛 左安打(1) 右飛 遊ゴロ 二ゴロ
7 岡田 左飛 遊ゴロ 二安打 (高)右越三塁打
6 西川 左安打 右犠飛(1) 左安打 右直
2 竹葉 遊ゴロ失 中飛 四球 死球
二盗
1 吉村 遊ゴロ 見逃三振 四球(1)
1 小寺 見逃三振


【投手成績】

京都両洋

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
河内 5 0/3 8 3 2 6 9
福田 1 2 0 1 4 1
高田 2 2 1 2 0 0

龍谷大平安

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
吉村 6 2/3 5 3 3 1 3
小寺 2 1/3 2 3 2 3 1

[ 三回戦 ] 塔南 VS 京都成章

2016年7月16日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会三回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都成章

8 池田
4 佐田
5 井上
7 川岸
3 茂木
9 坂矢
2 村田
6 椎原
1 佐藤

塔南

8 平塚
6 深田
7 島野修
5 波多野
1 築山
9 尾崎
2 中澤
3 藤林
4 谷口

塔南の奥本監督と言えば、1998年の第80回全国高等学校野球選手権大会に京都成章を率い、あの有名な横浜・松阪大輔投手との甲子園での決勝を戦った監督。

この試合は、かつて自らが手塩にかけたチームと雌雄を決する戦いになりました。

まず守る塔南は、今大会話題のWエース、背番号10の築山投手。

塔南先発の築山投手

塔南先発の築山投手

1回表、京都成章は2死走者無しから、3番井上選手が右中間を破る二塁打で出塁します。

二塁打を放った成章・井上選手

二塁打を放った成章・井上選手

先制のチャンスで迎えるは、2年生ながら主砲の川岸選手。
思い切って振り切った打球はレフトスタンドへ一直線。
成章が2点を先制し攻撃を終えます。

先制ツーランホームランを放った川岸選手

先制ツーランホームランを放った川岸選手

2点を先制した成章の先発は背番号10の左腕・佐藤投手。

京都成章先発の佐藤投手

京都成章先発の佐藤投手

1回裏の塔南は簡単に3人で攻撃を終了し、佐藤投手、上々の立ち上がりを見せます。

しかし春季大会準優勝の実力校・塔南は2回裏、先頭4番の波多野選手がショートへの内野安打で出塁すると、続く5番築山選手のライト前ヒットで無死23塁。さらに尾崎が死球で無死満塁のチャンスを作ります。

ここで7番中澤選手がレフト前にヒットを放ちまず1点を返し、なお無死満塁とチャンスが続きます。

レフト前タイムリーヒットを放つ中澤選手

レフト前タイムリーヒットを放つ中澤選手

この後1死満塁となりますが、9番谷口選手が押し出しの死球で2-2の同点に追いつきます。

築山選手が同点のホームイン

築山選手が同点のホームイン

さらに2死となるも、2番深田選手がフルカウントから押し出しの四球を選び、3-2と逆転に成功します。

尾崎選手が勝ち越しのホームイン

尾崎選手が勝ち越しのホームイン

逆転された京都成章は直後の3回表に反撃に転じます。

先頭の1番池田選手がサードへのセーフティバントを成功させ、さらに塔南波多野選手の暴投で2塁へ進塁すると、1死後3番の井上選手がライト前にタイムリーヒットを放ち2-2の同点に追いつきます。

京都成章、池田選手が同点のホームイン

京都成章、池田選手が同点のホームイン

さらに川岸が四球を選び、続く5番茂木も四球でつなぐと1死満塁と大チャンスを作ります。

ここで6番坂矢選手がレフト前ヒットを放ち4-3と逆転に成功、さらに続く村田選手が投手前スクイズを成功させ5-3とし尚2死23塁とチャンスが続きます。

勝ち越しタイムリーヒットの坂矢選手

勝ち越しタイムリーヒットの坂矢選手

この場面で8番椎原選手がセンター前に2点タイムリーヒットを放ち7-3と京都成章が一気に突き放しにかかります。

2点タイムリーヒットの椎原選手

2点タイムリーヒットの椎原選手

しかし塔南も直後の3回裏、先頭4番の波多野選手がライト前ヒットで出塁すると、築山選手のセンターオーバーの二塁打で1点を返し4-7と成章に食らいついていきます。

タイムリー2塁打の築山選手

タイムリー2塁打の築山選手

4回表から塔南はエース西原投手に継投。
築山選手はレフトの守備位置に移ります。

塔南エースの西原投手

塔南エースの西原投手

代わり端の4回表、京都成章は打順良く1番からの攻撃。
1死後、2番佐田選手がレフトオーバーの二塁打で出塁すると、当たっている3番井上選手のライト前ヒットで1死13塁とチャンスを拡大します。

3塁へ進む成章、佐田選手

3塁へ進む成章、佐田選手

このチャンスで迎えるのは、先制ホームランを放った川岸選手。
次は逆らわず右方向に放った打球はライトへの犠牲フライとなり、佐田選手が還り8-4と成章が、食い下がる塔南を再び突き放します。

成章川岸選手のライトへの犠牲フライ

成章川岸選手のライトへの犠牲フライ

5回表も京都成章はノーヒットで2死23塁のチャンスを作りますが、9番佐藤選手が見逃しの三振に倒れ追加点はなりません。

すると直後の5回裏の塔南、先頭2番の深田選手がショートへの内野安打で出塁、2死後、5番築山選手が左中間二塁打を放ち、深田選手がホームイン。5-8と3点差に詰めたところで前半の5回を終了します。

平塚選手が塔南5点目のホームイン

平塚選手が塔南5点目のホームイン

序盤から得点の取り合いになっていたこの試合。
グラウンド整備明けはようやく、両投手が落ち着き始め一転してこう着状態のまま、終盤を迎えます。

大きな山が来たのは8回裏の塔南。

先頭5番の築山選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く尾崎選手もライト前ヒットで繋ぎ、さらに明河選手が送り1死23塁と絶好のチャンスを迎えます。

ライト前ヒットの尾崎選手

ライト前ヒットの尾崎選手

ここで迎える西原選手。
サードゴロで、築山選手は本塁へ突入しますが、成章・村田捕手ががっちりと守りタッチアウト。

築山選手がホームでタッチアウト

築山選手がホームでタッチアウト

さらに谷口選手もセンターフライに倒れ、絶好機を得点につなげることができません。

9回表の京都成章の攻撃は1番からの好打順でしたが、三者凡退。
しかし3点差が大きくのしかかり、8回の好機をいかせなかったこともあり、勝負あったかに思えたこの試合、劇的なドラマが9回裏に待っていました。

塔南は打順良く1番からの攻撃。
平塚選手が四球で出塁すると、続く深田選手もライト前ヒットで繋ぐと、京都成章はここまで粘投した佐藤投手に代えて、センターの池田選手がマウンドへあがります。

京都成章2番手の池田投手

京都成章2番手の池田投手

代わり端、島野修選手が犠打で送り、1死23塁から波多野選手が死球で満塁のチャンスを作ります。

制球の定まらない池田投手は築山にも押し出しの死球を与え、塔南は土壇場で6-8と2点差とし、なお1死満塁のチャンスが続きます。

平塚選手が6点目のホームイン

平塚選手が6点目のホームイン

さらに尾崎選手も押し出し死球で7-8と1点差に迫り、なお1死満塁と一打逆転のチャンスを迎えます。

祈るように戦況を見守る成章ベンチ

祈るように戦況を見守る成章ベンチ

迎えるは途中出場の明河選手がライト方向に放った打球は、成章・坂矢選手の頭上を越えて、セカンドランナーの築山選手も一気にホームイン!

明河選手の逆転サヨナラ二塁打

明河選手の逆転サヨナラ二塁打

塔南が劇的な逆転サヨナラ勝ちで4回戦にコマを進めました。

塔南逆転サヨナラの場面

塔南逆転サヨナラの場面

サヨナラ勝ちに沸く塔南ナイン

サヨナラ勝ちに沸く塔南ナイン

この試合、注目は京都成章の2年生エース北山投手と、塔南の強力投手陣の戦いと考えており、投手戦を想像していましたが、不調か成章は佐藤投手を先発に。

そしてまさか塔南の築山投手が序盤に大量失点でKOされるという、思いもよらなかった打撃戦に。

両チームのこの試合に勝ちたいという思いが、最後の最後まで熱い戦いを生んだように思えました。

勝った塔南、自分達のゲームプランではなかったと思いますが、諦めない姿勢が最後に劇勝を呼び込みました。

そして敗れた成章。
金星まであと一歩でした。
しかし久しぶりに「名門ここにあり」と存在感のある戦いが出来たのではないかと思います。

今年1年間を通しても記憶に残るような、名勝負。
両チームの選手たちにスタンドからも拍手がなりやみませんでした。

京都成章
205 100 000=8
031 010 004x=9
塔南

成 10佐藤、8池田 - 村田
塔 10築山、1西原 - 中澤、明河

成 H9 E0
塔 H12 E3

本塁打
成 川岸②

【打撃成績】

京都成章

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
81 池田 空振三振 三安打 三ゴロ 右前安打
二盗死
一ゴロ
4 佐田 右飛 投ゴロ 左越二塁打 投ゴロ 空振三振
5 井上 右中間二塁打 右前安打(1) 右前安打
牽制死
投飛 右飛
7 川岸 左越本塁打(2) 四球 右犠飛(1) 右飛
7 小島
3 茂木 右飛 四球 遊ゴロ失 中飛
3 川原崎
9 坂矢 四球 左前安打(2) 投ゴロ 右飛
2 村田 投犠打 投犠打(1) 二ゴロ 二飛
6 椎原 左飛 中前安打(1) 死球
二盗
遊ゴロ
1 佐藤 一ゴロ 空振三振 見逃三振 二ゴロ
7 黒川

塔南

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 平塚 二飛 三邪飛 右飛 二飛 四球
6 深田 捕邪飛 四球(1) 遊安打 中飛 右前安打
73 島野修 中飛 空振三振 空振三振 二ゴロ 捕犠打
5 波多野 遊安打 右前安打 見逃三振 二飛 死球
17 築山 右前安打 中越二塁打(1) 左中間二塁打(1) 中前安打 死球(1)
9 尾崎 死球 遊ゴロ併殺打 中飛 右前安打 死球(1)
2 中澤 左前安打(1) 遊ゴロ
2 明河 三直 投犠打 右越二塁打(2)
3 藤林 空振三振
1 西原 二飛 中飛 三ゴロ
4 谷口 死球(1) 遊ゴロ 右前安打 中飛


【投手成績】

京都成章

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
佐藤 8 0/3 11 3 4 5 7
池田 1/3 1 3 0 4 2

塔南

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
築山 3 6 3 2 7 7
西原 6 3 1 2 1 1

[ 一回戦 ] 立命館 VS 京都教育大附

2016年7月10日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会一回戦

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都教育大附

3 橋本
4 吉川
8 村上
2 西村奎
7 城戸
9 黒川
6 金井
5 奥村
1 酒谷

立命館

5 松村
3 宮崎
9 奈良
7 丸田
6 大杉
2 笹部
8 高山
1 野口
4 藤野

両チームとも昨夏を経験しているメンバーが、多く残るという共通点のあるチーム同士の対決。

まず守る立命館はエース野口投手。
昨年のチームでは春季大会の準決勝、立命館宇治戦に先発し、勝利に貢献したピッチャーです。

ただ昨年は右横手投げの投手でしたが、今年は長身を生かした本格派の投手に様変わりしていました。

立命館エース野口投手

立命館エース野口投手

1回表の京教大附は、先頭の橋本選手が四球で出塁するも、続く吉川選手の犠打が内野ゴロ併殺打となりチャンスを広げることができずに無得点に終わります。

次に守る京都教育大附の先発はエース酒谷投手。
昨夏は背番号4を背負い、乙訓相手に奮闘したピッチャーです。

京教大附エース酒谷投手

京教大附エース酒谷投手

1回裏の立命館は、先頭の松村選手がレフト線への二塁打でいきなりチャンスを作ります。

二塁打の松村選手

二塁打の松村選手

この後、続く宮崎選手のライトフライの間に三塁まで進むと、3番の奈良選手がセンター前ヒットで立命館が1点を先制します。

先制タイムリーヒットの奈良選手

先制タイムリーヒットの奈良選手

さらに続く丸田選手もレフト前ヒットで出塁。
外野守備もスムーズにいかずに1死23塁となります。

立命館主砲の丸田選手

立命館主砲の丸田選手

この後、ボークがあり2点目を追加すると、5番大杉選手がファーストへスクイズを決め3点目。
1回を終えて3-0と立命館がリードする展開となります。

3点目のホームを踏む丸田選手

3点目のホームを踏む丸田選手

立命館は続く2回表も1死から、9番藤野選手が左中間を破る二塁打で出塁すると、2死後、2番宮崎選手が四球でつなぎ12塁としたところで、先制のタイムリーヒットを放った3番奈良選手が、次はセンターオーバーの2点タイムリー三塁打を放ち5-0とそのリードを広げます。

走者一掃のタイムリー三塁打の奈良選手

走者一掃のタイムリー三塁打の奈良選手

立命館、宮崎選手が5点目のホームイン

立命館、宮崎選手が5点目のホームイン

立命館はさらに3回裏も、1死から6番笹部選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、続く高山選手がレフト前ヒットでつなぎ、13塁とします。
ここで8番ピッチャーの野口選手がライトへの犠牲フライを放ち、さらに1点を追加、6-0とします。

笹部選手が6点目のホームイン

笹部選手が6点目のホームイン

止まらない立命館打線は、4回裏も1番松村選手がライト前ヒットでノーアウトのランナーを出すと、続く宮崎選手は四球で繋ぐと、3番奈良選手がこの日3本目のヒットをレフト前に運び、無死満塁となったところで、こちらも昨夏2番手で登板した奥村選手がサードからマウンドへ上がります。

京教大附2番手の奥村投手

京教大附2番手の奥村投手

代わった奥村投手は安打こそ許しませんが、4番の丸田選手、5番の大杉選手にそれぞれ犠牲フライを打たれ、2者の生還を許し、8-0とその差をさらに広げられてしまいます。

大杉選手がレフトへ8点目となる犠牲フライを放つ

大杉選手がレフトへ8点目となる犠牲フライを放つ

一方の京都教育附打線は5回を終えて、立命館エース野口投手の前に、ノーヒット、6奪三振、ランナーは四球が3つと、相手エラーのランナーを合計4人出していますが、完全に野口投手の威力あるボールの前に沈黙してしまいます。

8点差がついているため、あと2点差をつければコールドゲームが成立する5回裏の立命館は、先頭7番の高山選手がレフト前ヒットで出塁すると、野口投手への代打、船津選手もレフト前にヒットを放ち無死12塁と絶好のチャンス。

さらに9番藤野選手も犠打で1死23塁と一打サヨナラのチャンスを作ります。
ここで1番松村選手はセンターへの犠牲フライで9点目。
なおランナーを2塁に残し、宮崎選手への投球が0-2となったところで、京教大附メンバーはマウンドへ集まります。

ピンチにマウンドへ集まる京教大附バッテリー

ピンチにマウンドへ集まる京教大附バッテリー

この後、宮崎選手を四球で出しますが、この試合当たっている奈良選手をなんとかレフトフライに打ち取り、なんとか5回コールドゲーム成立は阻止します。

6回表から立命館は2年生右腕の多田投手がマウンドへ上がります。

立命館2番手の多田投手

立命館2番手の多田投手

代わり端の多田投手に対し、6回表の京教大附打線。
この試合初打席の加賀山選手が四球で出塁すると、続く橋本選手が送り、この試合初めて得点圏にランナーを進めると、さらに2番吉川選手が四球、3番村上選手は死球でなんと1死満塁と大きな反撃のチャンスを作ります。

3塁へ進む京教大附の加賀山選手

3塁へ進む京教大附の加賀山選手

続く4番の西村奎選手がセンターへのやや浅いフライ。
しかし、ホームを突くかと思いきや、加賀山選手スタートをきりません。

チャンスに凡退した京教大附手法の西村奎選手

チャンスに凡退した京教大附手法の西村奎選手

さらに5番城戸選手もショートフライに倒れ、京教大附は1死満塁のチャンスを生かせず無得点に終わります。

するとその直後の立命館。
先頭の4番丸田選手が会心の当たり。

打球は打った瞬間に入るという打球で、そのままライトスタンドへ大会第一号ホームランとなり10-0。
立命館が6回コールド勝ちを収めました。

サヨナラコールド勝ちを決めた丸田選手

サヨナラコールド勝ちを決めたサヨナラホームランの丸田選手

勝った立命館、昨夏の経験者も多く、そしてさらに昨夏よりもパワーアップして帰ってきたなという印象の試合。
象徴的だったのは、昨年はサイドハンドの投手だった野口投手が、オーバーハンドの、また目視ですがMAXは130台の後半は出ていそうな威力あるストレートを投げる投手に変貌を遂げていました。

また奈良選手、丸田選手らも確実性を身に付け、この夏、立命館は侮れないチームであることを十分に示してくれました。

対する京都教育大附のメンバーも昨夏の経験者が多かったチーム。
昨夏の乙訓戦同様、強豪相手に酒谷、奥村両投手がつかまりコールド負けをする結果には終わりましたが、何度か京教大附側の3塁ベンチ上に移動したところ、決してゲームをあきらめず、最後まで一矢を報いようと、前を向き続けた姿勢をここに伝えたいと思います。

両チームのこの一年の軌跡をしっかりと焼き付けさせて頂きました。

サヨナラ勝ちに沸く立命館ナイン

サヨナラ勝ちに沸く立命館ナイン

京都教育大附
000 000=0
321 211x=10
立命館

京 酒谷、奥村 ー 西村奎
立 野口、多田 ー 笹部

京 H0 E1
立 H12 E1

【本塁打】
立 丸田(1)

【打撃成績】

京都教育大附

選手名 第一打席 第二打席 第三打席
3 橋本 四球 三振 投犠打
4 吉川 一ゴロ併殺打 一ゴロ 四球
8 村上 四球 空振三振 死球
2 西村奎 空振三振  遊ゴロ 中飛
7 城戸 空振三振 空振三振 遊飛
9 黒川 右飛 一ゴロ
65 金井 二ゴロ 遊ゴロ失
51 奥村 四球
牽制死
投ゴロ
1 酒谷 三振
6 加賀山 四球

立命館

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
5 松村 左線二塁打 投ゴロ 右前安打 中犠飛(1)
3 宮崎 右飛 四球 四球 四球
9 奈良 中前安打(1) 中越三塁打(2) 左前安打 左飛
7 丸田 左前安打 中飛 右犠飛(1) 右越本塁打(1)
6 大杉 一スクイズ(1) 左飛 左犠飛(1)
2 笹部 左中間二塁打 二安打 中飛
8 高山 中飛 左前安打
二盗
左前安打
1 野口 空振三振 右犠飛(1)
H 船津 左前安打
1 多田
4 藤野 左中間二塁打 中飛 投犠打


【投手成績】

京都教育大附

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
酒谷 3 0/3 10 2 1 6 8
奥村 2 0/3 3 1 0 4 2

立命館

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
野口 5 0 3 6 0 0
多田 1 0 3 0 0 0

[ 一回戦 ] 洛西 VS 城陽

2016年7月10日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会一回戦

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

城陽

4 布施
6 新田
5 西山
3 大谷
2 中前
9 松村
1 瀧井
7 王野
8 新垣

洛西

8 森阪
9 上田
4 中村翔
3 田中
7 中村祐
5 石田
2 和田
1 毛利
6 溝口

開会式直後の第98回全国高等学校野球選手権京都大会の開幕戦は、公立同士の対決。

洛西と城陽が対戦しました。

まず守るは洛西、先発のマウンドは2年生右腕、背番号11の毛利投手。

洛西先発の毛利投手

洛西先発の毛利投手

1回表の城陽は、先頭の布施選手が投手強襲安打で出塁するも、続く新田選手の打席、初球で二盗を試みますが、これがタッチアウト。
惜しいチャンスを逃したかと思いましたが、2死走者なしから3番の西山選手がセンター前ヒット、さらに大谷選手が四球で、2死12塁のチャンスを作ります。

センター前ヒットの西山選手

センター前ヒットの西山選手

しかし続く中前選手が投手ゴロに倒れ、初回2安打を放ちながらも城陽無得点に終わります。

その城陽の先発はエース右腕の瀧井投手。

城陽エースの瀧井投手

城陽エースの瀧井投手

1回裏の洛西の攻撃、先頭の森阪選手がセンター前ヒットで出塁。
城陽同様、初回ノーアウトのランナーをヒットで出塁させます。
この後、バント失敗(記録三振)など2死1塁となりますが、4番田中選手の打席。
カウント0-1からのストライク球で森阪選手は二盗を決め2死ながら2塁と先制のチャンスを作ります。

2塁へ進んだ森阪選手

2塁へ進んだ森阪選手

しかしこのチャンスで田中選手は三振。
1回の攻防は、両チームチャンスをモノにすることができず、無得点で終わります。

試合が動いたのは2回裏の洛西。
この回先頭の5番中村祐選手は空振り三振に倒れますが、これが振り逃げとなりノーアウトのランナーを出します。
続く石田選手が投前への送りバントを決めると、2死後、8番毛利選手がライト前に弾き返し、中村祐選手が一気にホームに戻り、きわどいタイミングでしたが判定はセーフ。
洛西1点を先制します。

中村祐選手が先制のホームイン

中村祐選手が先制のホームイン

この後、さらに溝口選手もライト前ヒットでつなぎ、2死12塁としますが、森阪選手はショートゴロに倒れ、この回、さらなる追加点とはいきません。

3回に入ると両投手、ようやく落ち着いてきたかのようなマウンド裁きに、その結果。
両投手とも驚くほどのストレートがあるわけではありませんが、変化球有効に活用する似たようなタイプ。
隙を与えず、両チーム得点を挙げることが出来ません。

1点差のまま6回の後半戦に入るかと思われた、5回裏の洛西の攻撃。
この回先頭の9番溝口選手がセンター前ヒットで出塁すると、1死後、2番上田選手が四球でつなぎ、続く3番中村翔選手の犠打はサードへの内野安打となり1死満塁となります。

ここで4番田中選手がライトへの犠牲フライを放ち、洛西が念願の追加点を挙げます。

溝口選手が2点目のホームイン

溝口選手が2点目のホームイン

さらにこの後、2死12塁から中村祐選手のセカンドフライをなんと、城陽・布施選手が落球。
このエラーの間に上田選手がホームイン、5回前半戦を終了し、3-0と洛西が主導権を握ったまま終盤戦に突入します。

後半戦、最初に点を取ったのも洛西でした。
7回裏、2死走者無しから、3番中村翔選手が四球で歩くと、続く四番田中選手が左中間を破るタイムリー2塁打で貴重な1点を挙げ、7回の攻防を終え4-0と洛西がリードを広げます。

タイムリー2塁打の洛西・田中選手

タイムリー2塁打の洛西・田中選手

ここまで7回を終えて、3安打と完全に抑えられていた城陽打線でしたが、8回表、ようやく反撃に転じます。

1死走者無しから3番西山選手が投手強襲安打で出塁すると、続く大谷選手もセンター前ヒットで繋ぎ1死12塁とチャンスを作ります。
2死後、6番松村選手に代わり代打古島選手がレフト前ヒットを放ち、西山選手が還りようやく1点を返します。

城陽、西山選手がホームイン

城陽、西山選手がホームイン

タイムリーヒットを放った古島選手

タイムリーヒットを放った古島選手

しかし城陽の反撃もここまで。
1-4のまま迎えた9回表の攻撃も3人で終了し、試合終了。
洛西が勝利し2回戦にコマを進めました。

ホーム付近で勝利を喜ぶ洛西バッテリー

ホーム付近で勝利を喜ぶ洛西バッテリー(打者は代打角田選手)

洛西の2年生投手・毛利投手は変化球のキレよく、9回を完投し、被安打6、奪三振7、与四死球はやや多かったですが5で1失点(自責点1)と素晴らしい投球内容でした。

攻撃陣も城陽の瀧井投手もよく投げましたが、効率よく点を重ね、両者に大きな実力差はなかったと思いますが、スコア的には4-1と完勝といっていい内容になりました。

敗れた城陽は、三振振り逃げに四球など、細かいバッテリーミスを全て失点してしまい、最後までペースを掴みきれないまま、試合が終わってしまいました。

ゲーム時間もわずか1時間半ほどと、洛西にとっては理想的な展開でしたが、城陽にとっては大きな波を作りきれないまま、開幕戦という雰囲気もあったかもしれませんが、淡々と進んでしまったという印象です。

しかし、実力のよく似たチーム同士の対決は、公立の好チームらしい、観ていても気持ちのいいナイスゲームでした。
勝った洛西ナインだけでなく、城陽ナインにも大きな拍手がスタジアムから沸き起こったゲームとなりました。

洛西の校歌斉唱

洛西の校歌斉唱

城陽
000 000 010=1
010 020 10x=4
洛西

城 瀧井 - 中前
洛 毛利 - 和田

城 H6 E2
洛 H8 E0

【打撃成績】

城陽

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
4 布施 投手強襲安打
二盗死
四球 空振三振 中飛
H 角田 見逃三振
6 新田 一邪飛 四球 中前安打 遊ゴロ
5 西山 中前安打 見逃三振 三ゴロ 投手強襲安打
3 大谷 四球 右飛 四球 中前安打
2 中前 投ゴロ 二飛 一犠打 中飛
9 松村 見逃三振 遊飛 右飛
H 松村 左前安打(1)
9 山口
1 瀧井 三ゴロ 四球 左飛 三ゴロ
7 王野 三振 見逃三振 一ゴロ 三ゴロ
8 新垣  一飛 空振三振 二飛 遊飛

洛西

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 森阪 中前安打
二盗
遊ゴロ 右飛 一ゴロ
9 上田 中飛 遊ゴロ 四球 中飛
4 中村翔 三振(犠打失敗) 右飛 三安打
(セーフティバント)
四球
3 田中 三振 投ゴロ 右犠飛(1) 左中間二塁打(1)
7 中村祐 空振三振
(振り逃げ)
三ゴロ 二飛失(1)
二盗
中飛
5 石田 投犠打 右越二塁打 遊ゴロ 中前安打
2 和田 中飛 投ゴロ 遊ゴロ 投犠打
1 毛利 右前安打(1) 一邪飛 空振三振 投ゴロ併殺打
6 溝口 右前安打 中前安打 右飛


【投手成績】

城陽

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
瀧井 8 8 2 4 4 3

洛西

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
毛利 9 6 5 7 1 1

[ 開会式 ] 第98回全国高等学校野球選手権京都大会

2016年7月10日(日)、雨のため一日延びましたが、第98回全国高等学校野球選手権京都大会が、わかさスタジアム京都で開会式が行われました。

一部の高校をここで取り上げてみたいと思います。

前年の覇者・鳥羽高校

前年の覇者・鳥羽高校

昨年は高校野球100年の歴史と銘打たれた大会で、レジェンドとも称され久しぶりの甲子園で2勝と大暴れした鳥羽。
今チームは春季大会は一次戦で敗退しましたが、秋季大会はベスト8まで勝ちあがっており、今年も公立といえど侮れないチームだと思います。

昨年準優勝の立命館宇治

昨年準優勝の立命館宇治

今チームは秋季・春季大会ともに一次戦で敗退している昨年の準優勝チーム。
しかし、昨春センバツにレギュラーで出場した選手も残り、地力は高いチーム。夏に巻き返しを期待したいところです。

新たな一歩を踏み出した京都工学院

新たな一歩を踏み出した京都工学院

2016年4月、伏見工業と洛陽工業の合併に伴い新たに京都市立の工業系高校として誕生した京都工学院。
初年度は1年生のみわずか10名での出陣。
新たな歴史がここに刻まれました。

シード権を獲得した日星

シード権を獲得した日星

近年着々と力をつけてきた日星は、今チームは秋季・春季ともベスト8でこの大会はシード校。
どこまで勝ち上がるか要注目です。

春季大会準優勝の搭南

春季大会準優勝の搭南

春季京都大会は準優勝と大躍進。
西原投手、築山投手と二人のプロ注目投手を擁する投手陣は京都でもトップクラス。
念願の甲子園初出場なるか。

名門復活なるか、京都成章

名門復活なるか、京都成章

秋季大会は今大会シードの京都外大西にコールド勝ち寸前から、まさかの逆転負けという屈辱を味わったものの、今チームは2年生に北山投手、川岸選手と投打の柱を持ち、上位進出する潜在能力は持っているチームです。

秋季ベスト8の東山

秋季ベスト8の東山

今シーズンの京都で常に下馬評の高い東山。
秋季は福知山成美に6-0から逆転負け(ベスト8)、春はまさかの一次戦敗退とその力を出し切れていませんが、ノーシードから京都の頂点を獲っても不思議でない実力派チームです。

過去2度の優勝経験ある古豪西舞鶴

過去2度の優勝経験ある古豪西舞鶴

西舞鶴は第35回、54回大会を優勝しているチーム。
甲子園は京滋大会のあった時代で未出場。
今大会は右の好投手窪田投手を擁し、久しぶりの上位進出を目指します。

春季ベスト8の宮津

春季ベスト8の宮津

第71回選抜に峰山を率いて出場した守本監督が率いる、同じ北部公立の宮津。
今チームは左の河邊投手、右の上山投手と二人の好投手を擁し、虎視眈々と初の甲子園を狙います。

秋季大会準優勝の福知山成美

秋季大会準優勝の福知山成美

3年ぶりの5度目の夏の甲子園を目指す福知山成美。
秋季は準優勝で、選抜でベスト8と躍進した明石商業と競った実力は本物。
春季はまさかの一次戦初戦敗退に終わりましたが、巻き返す底力はあると信じています。

古豪・京都学園、復活なるか

古豪・京都学園、復活なるか

先の福知山成美と初戦で激突するのは、かつての京都商業の流れを汲む京都学園。
今チームは分厚い投手陣を持ちます。
連戦が続く夏には最大の武器になると思います。

海洋高校

海洋高校

夏の大会の一つの魅力は普段、京都市を中心に観戦していると、なかなか観戦の機会がない北部の公立チーム。
ぜひ勝ちあがり、終盤の重要な局面で観戦したいチームの一つです。

京都の絶対王者・龍谷大平安

京都の絶対王者・龍谷大平安

春季大会はベスト4止まりも、選抜では2年ぶりの優勝にあと一歩と迫るベスト4。
改めて全国クラスのチームであることを示した龍谷大平安。
今大会も頭一つ抜けた戦力で優勝候補の一番手であると思います。

シード校、京都廣学館

シード校、京都廣学館

今年のチームは春季でベスト8、秋季でも二次戦進出と安定した力を示してきました。
大型な選手も多く、勢いに乗れば短期決戦の夏、一気に頂上まで勝ちあがることもありえるのではと思っています。

昨夏ベスト4の乙訓

昨夏ベスト4の乙訓

昨夏の経験者も多い中、今チームは秋季、春季とも一次戦で敗退。
しかし公式戦に故障のため登板できなかった、プロ注目の上野投手も戻ってきたと聞きます。
このままでは終わらない、意地を見せて欲しいと思います。

秋春連続ベスト4の乙訓

秋春連続ベスト4の京都国際

秋季、春季ともにベスト4の京都国際。
いつもイメージでは夏にチームがまとまりきれずに、実力がありながら勝ち進めないという印象ですが、この夏は故障者も夏に戻ってきたようですね。鳥羽との初戦、これは見ものです。

春季の京都チャンピオン、京都翔英

春季の京都チャンピオン、京都翔英

春季京都大会は、浅井新監督の下、横綱相撲で優勝。
実力は元々あるチーム。
春のように慌てず、どっしり構えて初の夏の甲子園を目指します。

京都随一の文武両道・洛星

京都随一の文武両道・洛星

野球進学は全くない学校で、秋季、春季ともに二次戦に進出。
特に春季では昨春選抜出場の立命館宇治を倒したのは衝撃的でした。
この夏も面白い存在になると思います。

10回目の夏甲子園目指す京都外大西

10回目の夏甲子園目指す京都外大西

夏の甲子園準優勝など輝かしい実績を持つ京都外大西。
この春はベスト8で久しぶりに存在感のある夏を迎えました。
打撃陣は京都でもトップクラス。
失点を1点でも少なくして6年ぶり10回目の甲子園を目指して欲しいです。

と、本当に一部ですが出場校を紹介させていただきました。

そして今年の選手宣誓は北桑田の花倉主将。
京都の野球の底力、存分に見せてください!
熱い熱戦、楽しみです。

北桑田の花倉主将の選手宣誓

北桑田の花倉主将の選手宣誓